記事一覧

初ミサのお恵み

2018.04.10

今日は大阪教区の新司祭の初ミサでした。
ファイル 672-1.jpg ファイル 672-2.jpg
神父様は私たちの大阪藤井寺の幼稚園の卒園生だそうで
今日はその時の先生に3❓年ぶりに会われたそうです。
ファイル 672-3.jpg
このシスターはこの春からこの管区本部に来たばかり。
まさか、この修道院で初ミサがあり、教え子に会えるとは!
神様のお計らいですね。

司祭叙階の喜びと神様の大きなお恵みに
心から感謝する朝となりました。
ファイル 672-4.jpg

ベトナムへ

2018.04.10

早朝 5時
2人のシスターがベトナムへ旅立ちました。
お一人は以前から活動している人、
もう一人は今回が初めての旅立ちです。
ファイル 671-1.jpg
神様の慈しみ深い愛、カリタスに導かれ
信頼と希望をもって出かけました。
ファイル 671-2.jpg
お二人の歩みをこれからも神様が導いてくださるように
祈りのうちに見送りました。
ファイル 671-3.jpg

祝 主のご復活‼

2018.04.01

主のご復活
おめでとうございます。
皆様の上に主の恵みと祝福が豊かにありましょうに
ファイル 670-3.jpg

昨夜参加したカトリック下井草教会では7名の方の洗礼式がありました。
ファイル 670-1.jpg
このご復活に洗礼を受けられた方々がこれからも主が力強く
その歩みを導いてくださいますように。
ファイル 670-2.jpg

教会の近くの満開の桜です。(3日前ですが)
ファイル 670-4.jpg
ファイル 670-5.jpg

別れの時・希望の時

2018.03.27

今朝はたくさんのシスターたちが
管区本部のルルドの創立者が植えたクスの木の下に集まりました。
ファイル 669-1.jpg
それは今日異動となるシスターたちを見送るためです。
今日は4つの修道院から、宮崎、長崎へ6名が旅立ちます。

シスターになって4か月の人、もう数十年シスターである大先輩
年代はそれぞれですが、新しい使徒職の場に派遣されます。
シスターにも転勤があるのです。
ファイル 669-2.jpg ファイル 669-3.jpg
はじめての使徒職で幼稚園のある修道院へ、
これまでの経験を生かして高齢者の施設のある修道院へ、
それぞれ働く場所は違っても
心は同じカリタス・神の愛をより多くの方と分かち合うためです。

私たちの修道会のどの修道院でも同じ精神で同じような雰囲気
そして大体時間割も同じというのはありがたいことです。
ファイル 669-4.jpg
みんなでまた頑張ろうね・また会いましょうねと
しばしのお別れをしました。

管区の設立の記念の日

2018.03.25

今日は私たちにとって管区設立の20年目の記念日です。
20年前の今日、総本部から分かれて
イエスのカリタス修道女会日本管区として歩みを始めました。
つい先日と思えるのに20年なんですね。

その時記念樹として庭に桜を植えました。
20年間すくすく成長していたのですが

一昨年と昨年毛虫の被害を受けて剪定され、
開花が始まったこの時、まさに今日みて見ると
“ちょっと お気の毒~”という感じがいたします。
ファイル 668-1.jpg
シスターたちと今年は毛虫対策をして
剪定されないように頑張りましょうと
話しています。

ひいき目に見ると近所の大木のさくらより
花が大きいような、そして
鳥もすぐに止まりやすい枝を見つけられます。
ファイル 668-2.jpg
ファイル 668-3.jpg
20年間桜が成長してこられたように
私たちにもお恵みを注いでくださった神様に
そして支えてくださった皆様に感謝いたします。
近所の川のそばの桜の大木
ファイル 668-4.jpg
ファイル 668-5.jpg

聖週間が始まりました

2018.03.25

今日から聖週間。
キリスト教では復活祭に向けて一年で一番大切な時です。
ですから、今週は日本では受難の月曜日、
受難の火曜日と呼びますが
本来は“聖”ということばなのです。

今日のミサではその前に枝の行列がありました。
こちらの修道院では講堂から聖堂へと行列しました。
ファイル 667-1.jpg
先日修練志願者となった方々が侍者
ファイル 667-2.jpg
シュロの枝の祝別
ファイル 667-3.jpg
行列のスタート
ファイル 667-4.jpg
ファイル 667-5.jpg
マルコの福音からイエスの受難の場面が朗読されます。
一番若いシスターたちが神父様と共に朗読
この枝の行列の日を迎えると
“いよいよ聖週間”と身も心も引き締まります。
この一週間祈りのうちに心の沈黙を保って過ごしていきたいです。
イエス・キリストの憐み深い愛が満ちわたる
ご復活祭となることを願って。

感謝 感謝

2018.03.24

私たちにとって3月も
本当に恵みにあふれた月です。
今日はお隣の修学志願院で
2名の方が正式な志願者となる式がありました。
ファイル 666-1.jpg
近くのシスター達、ポストラント達も参加して
志願院の聖堂は一杯でした。
ファイル 666-2.jpg
ファイル 666-3.jpg
みんなの祈りの中で志願者としての決意をし、
新しい一歩を踏み出しました。
これで、志願者は3人になりました。
ファイル 666-4.jpg
先日までこの志願院で生活していた
修練志願者たちも自分のことのように喜び
感動していました。
ファイル 666-5.jpg
うれしい春の出来事です。

さくら

2018.03.23

昨日大変お世話になっている方が突然亡くなりました。
お祈りに行った帰りに近所の井草森公園を通りかかったら
さくらが優しく咲いていました。
ファイル 665-1.jpg
ファイル 665-2.jpg
ファイル 665-3.jpg
ここのさくらは3分咲きでしょうか?
さくらは、本当に色もかたちも心に染みる花ですよね。

修道院の野菜畑を通って近道をしたら、
ご自分の仕事の合間をぬって
いつもご奉仕くださる方が
笑顔であいさつしてくださいました。
ファイル 665-4.jpg
今日も修道院のために、シスターが働きやすいように
便利なものを作ってくださっていました。
私たちは、お心の温かい皆様に助けられ、
はげまされているんだな~と
しみじみ思いました。
ファイル 665-5.jpg
創立者Cavoli神父が晩年を過ごし家の前のバラも
新芽が息吹いていました。
イタリアの故郷からもってきたバラです。 

聖ヨゼフの祭日 おめでとうございます。

2018.03.19

聖ヨゼフの祭日の祝いの今日
私たちの修道会では
伝統的に修練志願者の受け入れ式を致します。
本日、修練志願者となったのは5人の方々です。
夕方の晩の祈りと聖体賛美式で
受け入れ式とお祈りをいたしました。
ファイル 664-4.jpg

準備の黙想会を終え、すがすがしい雰囲気で
多くの会員たち、そしてご家族に見守られて
新修練志願者となりました。
ファイル 664-1.jpg
ファイル 664-2.jpg
受け入れ式直後の晴れやかな様子
ファイル 664-3.jpg
温かく見守る会衆

ファイル 664-5.jpg
ご家族もご一緒に
修練志願者とは修道院ではポストラントとも呼びます。
ポストラントとは歎願する、
つまり切実に望むという意味があるようです。
修道生活を強く望む心をくださるのは神様ですから
ポストラント期の約9か月、良く導かれるように
どうぞ今から始まった彼女たちのために
お祈りをお願い致します。

追悼・復興をミサで祈る

2018.03.17

続いて2:30からはミサでした。

今日はミサ前には礼拝を致しました。静かに祈るひと時を準備してくださいました。
被災地のために、静かに祈るひと時を準備してくださいました。
そして、ローソクを一人ずつ祭壇の前に奉納致しました。
ファイル 663-1.jpg
ファイル 663-2.jpg
ミサの中では神父様のお祈り、お話し、
そして共同祈願もすべて被災地のためにささげられました。

亡くなった方々、困難にある方々のため、
そして私たちも何かできる力が与えられるためと
祈りがささげられました。
ファイル 663-3.jpg
ファイル 663-4.jpg
ミサに参加した私も、励ましを頂きました。
何かできることをし続けなければならないですよね。

今日はコンサートもミサも静かな雰囲気でした。
お世話になった皆様へ感謝いたします。
これから、私たちも頑張ります!

ページ移動