記事一覧

正義と平和の全国会議に参加

2018.02.19

2月16日の夕方から18日のまで東京で行われた
正義と平和の全国会議に私たちも2人参加しました。
ファイル 651-1.jpg
ファイル 651-2.jpg
今年のテーマは
「信教の自由の危機」ー日本カトリック150年の節目を迎えてー
でした。
私は最初の日の講話
「国家神道と信教の自由」には参加することができませんでしたが
「最近の政治状況について」というテーマの講演や
その後の分かち合いでは考えさせられました。
ファイル 651-3.jpg
分かち合いの中で
・キリスト者は人を大切にすることで正義と平和を実現していこう
・脱原発と共に 自分のライフスタイルの回心
・いつか芽吹いて実をつけるように種まきをしていこう
など心に残る意見を伺うことができました。
ある方がポスターを見せてくださったのですが
ファイル 651-4.jpg
このような気持ち日々の出来事の中で困難にある方々に
まずは祈りの中で寄り添っていこうと思います。
ファイル 651-5.jpg
閉会のミサ

いらっしゃいませ!

2018.02.19

今日は私たちの総長がローマから到着いたしました。
ファイル 650-1.jpg
すぐに12月にシスターになったばかりの2人に気づいてあいさつ。
ファイル 650-2.jpg
ローマからおいのりしてくださっているのですね。

お元気そうな笑顔のシスターをお迎えして

わたしたちもうれしくなりました。

気が付けば、庭のしだれ梅も花開いて喜んでいました。
ファイル 650-3.jpg
ファイル 650-4.jpg

サレジオ霊性セミナー

2018.02.10

ファイル 649-5.jpg

今日は私たちの修道院を会場に
サレジオ霊性セミナーが行われました。
サレジオ家族の2018年の年間目標の実践のために
下の年間目標に合わせて、2人の講師の話を聴きました。
ファイル 649-2.jpg
「主よ、その水をください」ヨハネ福音書4章15節
…耳を傾け、共に歩む生き方を深めよう…

今年は通常のサレジアンファミリーの他に
関係している教職員の勉強会のグループと
ファイル 649-3.jpg
ファイル 649-4.jpg
SYMというサレジアン ユース ムーブメントの若者たちも
参加してくれていたので、新鮮な感じでした。
全体で200名近くの参加者だったと思います。
ファイル 649-1.jpg

公開練習

2018.02.09

今日も寒い一日でしたね。
夜はスモールクワイアの公開練習でした。
いつも練習に来てくださる方々に加えて
大学生が2名参加してくださいました。
ファイル 648-1.jpg
こちらの修道院でも風邪やインフルエンザで
シスターたちの参加が少なかったので
練習にきてくださった皆様のおかげで
私たちも練習に励むことができました。

本日メインで練習したのは「ひとりぶんの足あと」です。
Sr.古木が今年の一月につくってくれました。
参加してくださった方が
「歌詞がこころにひびく」
「歌っていて感動しました」と感想を聞かせてくださり、
私たちも励まされました。
その他「私をお使いください」も歌いました。
やはりこの曲はわたしたちのテーマです。
おそらく次回の公開練習は一か月後です。

本日練習に参加してくださった皆様
本当にありがとうございました。

いつくしみ深い神のもとで安らかに!

2018.02.07

今日は先日帰天した私たちの会員の納骨の日でした。
寒い日でしたが、シスターの生前の姿のような穏やかな
透き通る青空のもとでサレジオ会の神父様、会員たちの祈りの中、
天の国に帰っていきました。
ファイル 647-1.jpg

ファイル 647-3.jpg
ファイル 647-4.jpg
私たちの修道会の誕生の前から、そこに関わっていたシスターに
もっともっと修道会のことや
創立者のお話を聴いておけばよかったと話すシスターがいました。

創立前から、創立者と共に、
そして修道会とこれまで歩みを共にしてくださったシスターですから、
これからは天国から私たちの歩みを見守ってくれることでしょう。

何より、天国でシスターのなつかしい方々と再会を
喜んでいるのではないかと思います。
ファイル 647-5.jpg
私たちの修道会の墓地には
「あなたにかけた私の希望は 永遠に変わることはない」
と刻まれています。

管区の日 誓願宣立60周年・25周年のお祝い

2018.01.28

今日は“管区の日”で誓願の記念のお祝いの日でした。
“管区の日”とは誓願の記念の年を迎えた会員たちと共に感謝し、
またすべての会員が受けた召命の恵みへの感謝を捧げる日として、
毎年、ドン・ボスコの祝日に近い日曜日に行っています。

本日は13名の60周年の会員たち(参加者は6名)と
6名の25周年の方々と共に感謝のミサを捧げ、
その後、集いの楽しい時間を過ごしました。

ミサの様子を少しだけ紹介いたします。

ミサの最初の行列
ファイル 646-3.jpg 
ミサで、これまでの歩みの感謝とこれからの歩みのために
60年前、25年前に唱えた誓願を新たにいたしました。
ファイル 646-2.jpg
そしてそれぞれ記念のローソクと共に新たに奉献しました。
ファイル 646-4.jpg
奉納の行列
ファイル 646-5.jpg
集合写真
ファイル 646-1.jpg

道あゆ 奉献生活の記念ミサ

2018.01.27

ミサの写真はまだ届いていませんが
ミサ後の教皇大使と若い方々の写真です。
ファイル 645-1.jpg
ミサの時に
シンボルを奉納しました。
ファイル 645-2.jpg
キリストの光をたずさえて ローソク
世界に目を向けて   地球儀
出かけて行く     サンダル

ミサの写真やその他の写真はみちあゆのホームページに
UPされると思います。

道あゆ 第一部 シンポジウム

2018.01.27

道を歩み始めた人たちの集いが
イグナチオ教会で行われ
本修道会からも10人が参加致しました。
午後1時からはシンポジウムでした。
ファイル 644-1.jpg
テーマは 「出向いていく、見る、招く」でしたので
最初に修道生活を歩んでいる4人のパネラーが
分かち合いをしてくださいました。
ファイル 644-2.jpg ファイル 644-3.jpg
それぞれのお話の中で
「あなたはどんな人になりたいですか、それはイエスキリストの姿と
 近いのでしょうか?」
「先は見えなくても神に信頼していく」
「清貧の視点から便利なもの例えばスマホに頼る生活とは…」
「意外とキリスト教は日本では知られていない現実」
ということが個人的に心に残りました。
その後は“ワールドカフェ”方式の分かち合いで
盛り上がっていました。
ファイル 644-4.jpg ファイル 644-5.jpg

予想を超えて120名ほどの方が参加されたようです。

奉献生活記念ミサ 道を歩み始めた人たちの集い

2018.01.24

お知らせ
今度の土曜日に イグナチオ教会で行われる行事についてお知らせいたします。

ファイル 643-1.jpg
対象は青年一般、奉献生活者、志願者、修練者、司祭神学生です。
どうぞ、周りの方にお声をおかけください。

詳しい内容を下に記しておきます。

日 時:2018年1月27日(土)13時〜
場 所:カトリック麹町 聖イグナチオ教会

第1部:若手修道者の証言「出向いて行く・見る・招く」
(13時〜15時・アルペホール)
第2部:奉献者記念ミサ 司式—教皇大使ジョゼフ・チェノットゥ大司教                   (15時30分〜・主聖堂)
*ミサの前に歌『主よここに』の練習があります。楽譜は「道あゆ」ホームページに掲載されています。https://michioayumu.wordpress.com/
*共同司式を希望される神父さまは、アルバをご用意の上、15時15分までに香部屋にお集り下さい。
*ミサ後にささやかな茶話会がありますので、お立ち寄り下さい。持ち寄り大歓迎!
*お問い合せはEmail fumi.miura@live.jp(三浦)までお願いいたします。

また 会いましょう‼

2018.01.23

22日 お別れの日
笑顔で日本に来られたシスター方は
また笑顔で戻って行かれました。
再会を約束して。
ファイル 642-1.jpg
ファイル 642-2.jpg
ファイル 642-3.jpg

実際に出会うことはなくても同じ会員として
カリタス(愛)会の精神を生きる時
またお祈りの中で会うことができますね。

ページ移動