記事一覧

一緒に賛美の歌を! 公開練習

2016.09.09

今日は2か月ぶりの公開練習に5名の方が参加してくださいました。
ファイル 449-1.jpg
今日練習したのは、今月19日のカルカッタの聖テレサ(マザーテレサ)の列聖記念ミサの曲です。

どの歌もマザーテレサを思い、同時にいつくしみ深い神様の
お心を感じる歌でしたので、皆で声と心を合わせて歌うことが
できました。

共に歌い&祈る時間を過ごすことができたことを心から
感謝しています。
また、よろしくお願い致します。

イエスのカリタス修道女会の志願者が誕生

2016.09.08

9月8日は私たちの修道会にとっては特別の日です。
12月8日に修道女として誓願にとって歩み始める人、
その歩みを続ける人、そして生涯とどまる人たちが
その決意を固める日なのです。

今年も姉妹たちの熱い願いが神様へ
聖母マリアの取次ぎによって届いたことでしょう。

そして、今日、私たちは一人の志願者が誕生するお恵みを頂きました。
ファイル 447-1.jpg
ファイル 447-2.jpg
ご家族の出席のもと、多くの会員たちに見守られて、喜びのうちに
開始の式を終えることができました。

ファイル 447-3.jpg
本人が述べていた「志願者ということばは“あこがれ”という意味だと教えて頂きました。イエスへのあこがれ、やがては永遠のいのちへのあこがれをもって歩みたい」という思いが実を結ぶように、私たちも祈り続けます。
 ファイル 447-4.jpg

早朝の訪問

2016.09.08

今日は早朝に望洋庵の4人の方がこちらの修道院に来られました。
ファイル 448-1.jpg
4:50㏂成田空港到着の彼らを 、ちょうど黙想会参加のため
昨日上京していた2人のシスターが運転手のシスターと
迎えたのだそうです。

ボリビアの私たちの修道院の養護施設にも
ボランティアしてくださったそうで
何か良い経験をされて来られたのだな~と思わせる表情でした。

短い時間の訪問でしたが、サレジオ会の浦田神父様も
合流されて楽しそうでした。

4人の皆さんの貴重な経験がこれからの人生の中で
豊かに実をむすぶことでしょう。

聖マリアの誕生の祝日

2016.09.08

今日は聖マリアの誕生をお祝いする日であり、
同時に神がすべての人を救うために
このように前もって聖マリアを選び計画してくださった
その慈しみのわざに感謝を捧げる日ともいえます。
ファイル 446-2.jpg
マリアの誕生の場面

ミサの時にささげられる祈願では次のように祈ります。

  いつくしみ深い神よ、
  あなたはおとめマリアの誕生を祝福し、
  救いの芽生えとしてくださいました。
  信じる者に恵みを注ぎ、
  きょう、聖マリアの誕生を祝うわたしたちに
  平和をお与えください。

ファイル 446-1.jpg
幼いマリア

 このように今日は 神のみ心に合せ、世界の真の平和のために
いのりましょう。

マイケル神父様来院

2016.09.06

6日のミサに那覇教区のマイケル神父様が来てくださいました。
6:00 ちょうど太陽が昇って祭壇を照らしています。
ファイル 445-3.jpg
暑くなりそうな一日ですが、神父様のお元気そうなお声と
笑顔に励まされます。
ファイル 445-1.jpg
今日も地震や台風の被災地の皆さんが心穏やかに過ごせますように!
ファイル 445-2.jpg

ファイル 445-4.jpg

ミサの後ロビーで。

人と地球に優しいEM石鹸です

2016.09.05

ファイル 444-1.jpg

9月4日に作ったEMの石鹸です。
EMとは、琉球大学農学部の比嘉 照夫教授によって見出された、≪有用な微生物群≫(Effective Microorganisms)という意味で、EMは自然界に存在する人や環境に有益な働きをする微生物たちの集まりです。EMの中には数十種類の働きの異なる微生物が入っています。

 EMを土に入れることにより、土の持つ力を十分に発揮させ、植物が健康に育つ環境を作り出します。

当初は土壌改良資材として開発されたEMですが、現在では農畜水産だけでなく水質浄化をはじめとする環境改善や、食品、医療、建築、教育など様々な分野に広がっているのだそうです。
ファイル 444-2.jpg

 EM石鹸はこのEMと廃油と苛性ソーダが主な原料の石鹸です。廃油を捨てないことで、ごみを減らし、ささやかですが地球の環境を守るように願って石けんにしています。その他に修道院の庭のハーブやバラの花びら木立アロエやアロエべラなど、自然のものを入れて人と環境に優しい石鹸を目指しています。

被造物を大切にする世界祈願日

2016.09.04

今日は被造物を大切にする世界祈願日です。

ミサの時も全世界の教会と心を合わせ、被造物つまりこの地球が大切にされるようにお祈りしました。

そして午前中は下井草教会の中・高生の皆さんが
地球と人に優しいEM石鹸づくりにこの修道院を訪問してくださり、  ふさわしい日を有意義に楽しく過ごしことができました。

最初、担当のシスターよりEMと石鹸の作り方と注意すべき点について
説明を受け、4チームに分かれて4種類の石鹸を作りました。
ファイル 443-1.jpg
ファイル 443-2.jpg

殆どが初めての経験でしたので、最初はおそるおそる、しかし
一生懸命混ぜて、混ぜて全体で40分ほど混ぜて
ファイル 443-3.jpg
きれいな石鹸ができました。
ファイル 443-4.jpg
参加者全員で。

この石鹸は廃油が原料ですので環境にさらにやさしい石鹸になりました。使用できるのは、一か月後なのでそれを楽しみにひとりひとり牛乳パックに持ち帰りました。

ファイル 443-5.jpg

最後は聖堂で世界の平和のため、地震や台風の被災地のため特に本日列聖されたカルカッタの聖テレサの取次ぎを求めてお祈りしました。

修道会発祥の地で研修会

2016.08.30

ファイル 442-1.jpgファイル 442-2.jpgファイル 442-3.jpgファイル 442-4.jpg

今日は宮崎 私たちの修道会の発祥の地で会員の研修会でした。

講師として田中神父様が今年教皇様がだされた「愛の喜び」を受けて「教会における家庭司牧の課題と指針」についてお話しくださいました。

そして本会会員のシスターM.グラツィアの聖ヨハネ・パウロ2世の講話から「体神学」のお話。

私たちが家庭や困難を抱える人に、神のいつくしみと愛(Caritas}を
よりよく伝えることができるよう真剣に話し合いました。

創立者アントニオ・カヴォリ神父様や初期会員の足跡や気配がまだ感じられるこの宮崎で学びや分かち合い、祈りの時を持つことができたことは大きな喜びであり、またこれからの力となりました。

聖女モニカ 私たちのために祈りください

2016.08.27

今日は聖女モニカの記念日です。
ファイル 441-1.jpg
聖女モニカは息子アウグスチヌスが若いころ
その乱れた生活に心を痛め、
その回心のために涙の祈りを捧げた聖なる母です。

そして、また今日は私たちの母である
管区長シスターモニカの霊名のお祝いの日です。
聖女モニカの記念のミサを私たちの母の意向にも
合わせてお捧げいたしました。
ファイル 441-2.jpg ファイル 441-3.jpg
ミサ後はみなで集まり喜びと感謝のひと時を過ごしました。
このように平和で和やかに過ごせることを感謝し
特にイタリアの地震の被災者
また消息が分からない方々のために
引き続き、聖女モニカの取次ぎを願って祈ります。

聖マリアの両親 聖ヨアキムと聖アンナの記念日

2016.07.26

今日は、イエス様の母・聖マリアの両親である
聖ヨアキムと聖アンナの記念日です。

聖マリアの生い立ちについては聖書には記されていませんが
伝承などによって伝えられているものもあります。

しかし、下の絵を見ると聖マリアとご両親との関わりを
良くイメージすることができます。
ファイル 439-1.jpg ファイル 439-2.jpg
この絵はバチカンの聖アンナの門のすぐ脇の聖アンナ教会の
正面の絵です。

聖マリアと聖アンナの日常その信頼に満ちた様子を
思い起こすことができます。この絵の前に立つと
崇高さを感じると同時になつかしさのような気持に包まれて
ほのぼのします。

次はバチカンの聖ペトロ大聖堂の中の一枚
幼い聖マリアの神殿での奉献です。
聖マリアの凛々しさと聖アンナそして聖ヨアキムの喜び、深い愛情を感じる一枚です。
ファイル 439-3.jpg ファイル 439-4.jpg
聖マリアはこのように愛情深くそのご両親に育てられてのだと思います。

(この写真はこの夏撮影しました。)

今日、特に子どもたちが愛情豊かに育ちますように世界中の両親のためにお祈りしましょう。

ページ移動