記事一覧

降誕祭

2016.12.26

今日は管区フォーラムのために九州に来ています。
美しい自然あふれるところで
自然の中にいるだけで癒しの力を感じます。
自然には神様の愛があふれていると思います。

通りかかった教会で聖体訪問を致しました。
無垢材が使われた祭壇とプレゼビオに温かみを感じました。
ファイル 488-1.jpg
ファイル 488-2.jpg
今日は12月なのに大変暖かい日でしたが
最近は季候の変動が激しいと感じます。

美しい自然の中に立つとこの自然を大切にしなければと
“しぜん”と思います。
ファイル 488-3.jpg
久しぶりの虹

クリスマスの夜

2016.12.25

ファイル 487-1.jpg
Xmasの夜、有志のシスターたちがオカリナで
クリスマスソングを演奏しました。
クリスマスの夜空にオカリナの美しい調べが響きわたり、
今日が特別な日であることを伝えていました。
ファイル 487-2.jpgファイル 487-3.jpg

「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」

ルカによる福音 2章11節

Xmasおめでとうございます!

2016.12.25

ここをご覧になられている皆様おひとりおひとりに
主の御降誕のお喜びを申し上げます。

昨夜はこちら管区本部修道院の聖堂がいっぱいになるほど
たくさんの方々がイエスの誕生をお祝いするミサに
参加してくださいました。

ミサの前には、スモールクワイアが
歌を通してクリスマスの挨拶を致しました。
特に、イエスの誕生を通して私たち一人ひとりも
かけがえのないいのちを感謝しその“いのち”を
精一杯生きることができるように願って
シスター古木の「いのち」を心をいっぱいこめて歌いました。
ファイル 486-1.jpgファイル 486-2.jpg
例年のようにマリア様、ヨゼフ様、そしてかわいい羊さんたちも参加し、うれしい、たのしい、神の恵みを感じるミサになりました。
ファイル 486-3.jpg ファイル 486-4.jpg

「心がきれいになりました」「癒されました」
というお声を頂きましたので、
幼子イエス様のお恵みが皆様の上に豊かに注がれたようです。

つぼみの寮のクリスマス

2016.12.23

今日スモールクワイアは、乳児院・つぼみの寮のクリスマス会で
歌のプレゼントを致しました。
ここで育つ子供たちが元気に、しあわせに成長できますように
クリスマスの歌と「いのち」「君は愛されるために生まれた」を
祈りと願いをこめて一生懸命歌いました。

気持ちは届いたと思います。
ファイル 485-2.jpg
ファイル 485-1.jpg 
第一部聖堂でお祈り。

被災地でクリスマスコンサート

2016.12.20

12月20~22日 東北宮城県南三陸町に
クリスマスコンサートに出かけました。
出発する前に、このコンサートで歌を通して
多くの方々に クリスマスの喜びと神の愛をお届けすることが
できるよう、
また、運転手が比較的経験の浅いもの(自分も含めて)でしたので
道中の安全を修道院のルルドでお祈りしました。
ファイル 484-1.jpg ファイル 484-2.jpg
この続きはまた。
詳しくはHP‘被災された方に取り組む活動’にUPしています。
どうぞご覧ください。

管区フォーラム ㏌ Nagasaki 2

2016.12.19

ファイル 483-1.jpgファイル 483-2.jpgファイル 483-3.jpgファイル 483-4.jpg

今日は長崎・大村で、修道会の管区フォーラムが行われました。
今日は平日でしたので、参加者は昨日より少なかったのですが
家庭的な雰囲気で、現実や夢を語り合いました。

話を聴き、語り合うことで、同じ修道会の姉妹として
同じ方向を向くことができ、絆を感じることができた
時間になりました。

それぞれの人がそれぞれの人から元気を頂いてまた
明日から頑張ろうと励まし合いました。
こんなに大勢の姉妹と共に歩むことができることを
神様に感謝いたします。

明日からは、宮城県の南三陸町に
クリスマスのミニコンサートに出かけます。
今日のうれしい出会いの喜びをたずさえていきます。

管区フォーラム in Nagasaki

2016.12.18

今日は長崎において修道会の管区フォーラムが行われ、
私たちの修道会の未来について
夢を真剣に、熱心に、そして楽しく語り合い、学び合いました。
ファイル 482-1.jpg
ファイル 482-2.jpg
同年代の姉妹たちと語り合うことで
同じ修道会の家族として同じ方向を向くために
大切な時間が過ごすことができたと思います。

これからも、神の愛・カリタスを伝えるために
共に励んでいきます。
ファイル 482-3.jpg

クリスマスのノヴェナ

2016.12.18

12月16日からクリスマスのノヴェナが始まっています。
ファイル 481-1.jpg
毎日サレジオ会の杉並支部の神父様が交代で夕方来てくださり、
共に祈り、クリスマスをよく迎えることができるように
お話をしてくださいます。
ファイル 481-2.jpg
教会の晩の祈りを基本にしていますが
前から伝統的に歌っている
「救いの君を喜びむかえよ」の歌を歌うと
とても懐かしく感じられ
クリスマスがそこまで来ていることを実感します。

毎年毎年、クリスマスは来ますが
今年も新しい気持ちで
“ともにいてくださる神・救い主イエスキリスト”を
喜びのうちに迎えることができるように
祈り、愛徳んのわざに励みましょう!

公開練習 歌い納め

2016.12.16

今日の公開練習に、7名の皆さんが参加してくださいました。
いつもの方、お久しぶりの方、

このホームページを確認して
参加してくださり、みんなで声を合わせて歌う楽しく、
かつ、神聖な祈りの時間となりました。

特に、クリスマスの歌
「しずけき」、「O Holy
Night」、「きかせてください」
「まきびと」「あめのみつかいの」などを練習できたので
クリスマスを迎える良い準備になったと思います。

クリスマスイブ、12月24日の午後7:45分から
ミニコンサート、クリスマスのミサで
本日練習した歌を歌います。
ファイル 480-1.jpg
練習後皆さんとご一緒に
歌を歌うことで、元気をいただきました。

今日の参加の方もミサにきてくださるようですので
たのしみです。

医療刑務所でのクリスマス

2016.12.14

今日は毎年招いて頂いている医療刑務所でのクリスマスの集いでした。

一部は
ゆうやみせまるダヴィドの村、なれぬ旅路に疲れし身を
乙女マリア憩い給える馬屋の家

ともしび消えて里は眠り・・・というカトリック聖歌集の曲に合わせて
聖マリアと聖ヨゼフが登場する様子をあらわすことで

クリスマスの出来事を黙想できるように神父様がしてくださいました。

2部は私たちの小さなコンサート。
聖書を知らない方にもクリスマスのメッセージが伝わるように
「いのち」「君は愛されるために生まれた」「O Holy Nigth]
「ハレルヤクリスマス」などを短い時間でしたが
心を込めて歌いました。

こちらの刑務所は病気の重い方がおられます。病気が回復し、そして
心も体も健康になって社会復帰ができるように大きな心で願い
精いっぱいの祈りを込めて、14名が歌うことができました。

教皇様が望んでおられるように、この方々の上に回心のお恵みが豊かにありますように私たちも祈りとできることで頑張りたいです。

ページ移動