記事一覧

ペルーへの旅立ち

2017.07.15

早朝 2人の宣教女がペルーへ向かって旅立ちました。
3年ぶりに日本で黙想会などで心身を整えて
3か月前に到着した時より、元気そうに見えました。
そして二人とも穏やかですが、希望に包まれている感じを受けました。
ファイル 577-1.jpg ファイル 577-2.jpg
ペルーはこれから冬に向かいます。
それを思うだけでも遠い国だと思いますが
私たちの祈りがいつも一緒だよ‼‼
と背中に手を振りました。
ファイル 577-3.jpg

南スーダンから

2017.07.10

ファイル 576-1.jpg

本日の朝日新聞に南スーダンで活動する
シスターの記事がありました。
昨日、南スーダンの朝日新聞の方から
下崎はシモザキですかシモサキですかと
お電話がありました。
皆様もこの記事をお読みくださり、
シスターの活動を通して南スーダンの皆様のために
お祈りをよろしくお願い致します。

7月は初ミサから

2017.07.01

福者ペトロ岐部と187殉教者の日である今日のごミサは
新司祭の大塚神父様が司式してくださる初ミサでした。
神父様はお話の中で「主がともにいる」ということを
強調してお話しくださいました。
私たちも初ミサに参列することができ、
実際ミサで共に祈ることによって
教会共同体としての意識を深めることができました。
ファイル 575-1.jpg ファイル 575-2.jpg
特に本日は歌ミサでお捧げくださいましたので
新司祭の新鮮な雰囲気があふれていた生き生きしたミサでした

私たちも応答や昨晩練習した聖歌でこの初ミサを通して
神父様のこれからの歩みのため、また神父様がご意向とした
世界中の子どもたちがいのちを豊かに生きることができるよう
に祈りました。
ファイル 575-3.jpg
神父様は志願院にも足を運んでくださり、交わりのひと時を
もってくださいました。
ファイル 575-4.jpg ファイル 575-5.jpg

6月の締めは公開練習

2017.06.30

イエスのみ心の月の締めは
スモールクワイアの公開練習でした。

今日のお天気は曇りでとってもじめじめしていましたが
歌を一生懸命さわやかに歌いました。
ファイル 574-1.jpg

今日はお二人新しい方が参加してくださり、
たのしくうれしくそして感動的な(?!)練習となりました。

中身は明日のお祝いする福者ペトロ岐部の歌
「恵みの風に帆をあげて」
「おそれないで」
「つちの器」などです。
ファイル 574-2.jpg
ファイル 574-3.jpg
明日は新司祭の初ミサがありますので
その練習も兼ねました。
明日司式してくださる神父様も飛び入りで参加してくださいました。
ファイル 574-4.jpg

頑張れ Kumamoto

2017.06.28

そして熊本と言えば 何と言っても復興です。
今回の会場が熊本ということも
その一環だと伺ったと思います。
バスから見えるところにまだ青いビニールシートや
修理の家、取り壊しの家
そしてなんといっても熊本城をみると
地震の被害がよくわかりました。
ファイル 573-1.jpg
ファイル 573-2.jpg
ファイル 573-3.jpg
しかし復興作業は非常に丁寧におこなわれていると感じました。
ファイル 573-4.jpg
二の丸広場で見た楠のように力強く復興してほしいと祈りました。
ファイル 573-5.jpg
まだまだ祈りの応援と直接の応援が必要だと感じました。

研修会 in Kumamoto

2017.06.28

熊本に行っておりました。
日本カトリック児童施設協会全国会議です
テーマが「いつくしみ深い神とともに生きる」
~苦しみの中にある、弱く貧しい人々に心むけよう~でした。
熊本の2つのカトリック児童施設の方々が中心になって
よく準備された良い研修会でした。
私たちはその参加者であり、またお手伝いでした。
ファイル 572-1.jpg
ファイル 572-2.jpg
熊本と言えば・・・
この写真を見ることができる施設の子どもたちも
大喜びすることでしょう。

ファイル 572-3.jpg

ファイル 572-4.jpg
ファイル 572-5.jpg

新しい志願者の誕生

2017.06.24

本日10:00より式が行われ
1人の新しい志願者が誕生いたしました。
ファイル 571-1.jpg
ファイル 571-2.jpg

「昨年12月まではごく普通に家にいたのに
今はこのように温かさ、親切さに包まれてここにいることが
とても不思議です。」と笑顔で語ってくれました。
ファイル 571-3.jpg
本当に神様の呼びかけは不思議ですよね。
共に生活するシスター達や志願者たち近隣の修道院のシスター方に
見守られて志願者になりましたが、これからが本番です。
これからもお祈りをお願いします。
ファイル 571-4.jpg

 いただいたいのちへの感謝と平和を願う祈りの歌

2017.06.22

本日、スモールクワイアは横浜まで遠征いたしました。
鍛冶ヶ谷カトリック幼稚園の保育参観で神様のいつくしみを想い
平和を願う祈りの歌の時間を過ごすためです。
ファイル 569-1.jpg
10:00~11~00まで約一時間、私たちも集中して頑張りましたが
保護者の皆様も熱心に聴いてくださいました。
ファイル 569-2.jpg
最後の方では年長組の子どもたちも参加してくださり、
最後は平和を願って「アーメンハレルヤ」を歌いました。
子どもたちの元気の良い声に圧倒されましたが
ファイル 569-3.jpg
一緒に合唱で歌うことができて私たちもうれしかったです。

若者たちのレクリェーション

2017.06.17

私たちの修道会で有期誓願者と呼ばれる
若いシスターたちは2か月に一度集まって
学びの時、分かりあいの時、励まし合いの時を持っています。

本日は修練者、修練志願者、志願者も集まって
レクリェーションをしておりました。
(楽しそうな声が響きわたっておりました。)
ファイル 565-2.jpg
ファイル 565-1.jpg
私たちの修道会は「共同体生活」をとりわけ大事にしますが
今日のように若い皆さんが元気そうに楽しそうに
一緒に走り回っている(借り物競争していたようです)のは
本当に美しいなと感じます。
ファイル 565-3.jpg
今日はレクの日、明日は学びと祈り(聖体行列)の日です

創立者を偲ぶ日

2017.06.14

府中、調布をめぐり
修道院に戻って 創立者アントニオ・カヴォリ神父様が
晩年、病床についた「ルルドの家」の訪問です。

何をしているのでしょうか?
ファイル 563-1.jpg
院長たちの中の半数以上はおそらく
創立者に会ったことのある方々です。
テーブルの上には創立者を見舞った時の
創立者と一緒の写真があるのです。
若き日の自分がいる?!

創立者が使っていたお部屋。
ファイル 563-2.jpg
創立者に会ったことがない私たちも
何だか、その息遣いを感じることができます。
お隣の歴史資料室
ファイル 563-5.jpg
カヴォリ神父様の神様と人々を大切に思うそのお心を
私たちが受け継いでいくことができるように
見守ってくださいね。

今日は出かける前にカルガモの親子が
修道院の庭を訪れてくれました。
ファイル 563-3.jpg
ファイル 563-4.jpg

ページ移動