記事一覧

管区フォーラム ㏌ 宮崎

2017.01.21

本修道会の日本管区の夢を語るフォーラムは
今日が宮崎の一日目でした。

私たち修道女にとって修道院は家であり、
管区というのは大きな家族です。

家族に将来について語ることは
難しさも、もちろんあるのですが
これまでの先人たちの善き模範があるので
神様の導きに信頼するという思いもあります。
そして、しばらくぶりに会う姉妹たちと語り合うのは
なんだかやはりうれしいのです。
ファイル 499-4.jpg ファイル 499-3.jpg
共に語り、共に祈る時間を持つことができたことに感謝いたします。
ファイル 499-2.jpg
これからも神様の愛・いつくしみをすべての人、特に小さくされた方々にお届けできるように神様の導きを願って励むことができますように。
ファイル 499-1.jpg
皆で力を合わせて歩み続けたいです。

スモールクワイア公開練習

2017.01.20

2017年の最初のスモールクワイアの公開練習でした。
今日は大変寒い中、参加者がおられるのかな~~と
思ってましたら、
ファイル 498-1.jpg2
お二人参加して、盛り立ててくださいました。
なぜなら、今日は私たちも風邪や行事などでメンバーが
少なかったからです。
しかし
少なくても神を賛美する心を大きく熱くもって歌いました。
今日は2月に列福式される高山右近の歌
「キリストの光を」
‘主こそわが光’という言葉を心の底から歌うように皆で頑張りました。
一人では難しくても皆で声をあわせればできるものですね。
ファイル 498-2.jpg
そして、今日は新曲 シスター谷口作曲の「主の祈り」です。

御父の子どもとして私たちは一つの家族です。
とりわけ、家庭の中で、共に歌い、祈れるように願って作ったそうです。シンプルですが温かいメロディの曲です。
歌い込むとどんな感じになるか楽しみです。
次回の公開練習は2月17日、その時にまた練習したいです。

長い道中 気をつけて!

2017.01.19

今日は国際養成セミナーに参加していた
ブラジルとペルーの準管区の
シスターたちの帰国でした。

夏から冬、そして夏に戻って行きますが
体は大変だったことでしょう。
ファイル 497-1.jpg ファイル 497-2.jpg
言葉の違いがあり、多くを話すことはできませんでしたが
シスター方が会の発祥の地である日本において
体験した喜びと熱意を感じることができました。
ファイル 497-3.jpg
同じ姉妹として、これからも慈しみ深い神の愛・イエスのみ心の愛を
伝えるために励みたいと思います… が
まずは、長~い道中を神様がお守りくださいますように!!
祈ってます。
ファイル 497-4.jpg ファイル 497-5.jpg

神様道中をお守りください。

2017.01.18

国際養成セミナーに参加していた韓国人のシスターたちが
ミサ後、帰国の途につきました。
ファイル 496-1.jpgファイル 496-2.jpg
皆で、再会を願って見送りました。
ファイル 496-5.jpgファイル 496-3.jpg
道中も神様のお恵みがありますように‼
ファイル 496-4.jpg

国際養成セミナー

2017.01.17

8日から始まった国際養成セミナーも本日が最終の日。
夜は管区本部近隣の修道院も集まって交流会でした。
ファイル 495-1.jpg
発祥の地が日本の宮崎である本修道会にとっては
日本以外の国のシスターたちにとっては
歴史などについて学んできたことを実際に体験する貴重な時を
過ごすことができたようです。
ファイル 495-2.jpgファイル 495-3.jpg
それを共有する時間を共に過ごすことができて
私たちもまた、力が湧いてきました。
ファイル 495-4.jpg

本修道会の国際養成セミナー開催

2017.01.14

本会の若いシスターのための国際養成セミナーが
1月8日から宮崎で始まってます。
そして13日から東京に参加者スタッフ含めて20名が
元気に生き生きと管区本部に集まってきました。
ファイル 494-1.jpg
韓国、ブラジル、ボリビア、ローマ、そして日本から参加しています。
18日まで会の歴史、精神の学びの時、体験の時、
また交流の時を過ごします。

本日の福音 レビの召命

2017.01.14

今日の福音はマルコの福音書からレビの召命です。
この福音を聴くとローマにあるフランスの教会(聖ルイジ)にある
カラバッジョの絵が浮かんできます。
カラバッジョの絵は光と影が特徴的です。
ファイル 493-2.jpg
今日の福音の
「イエスは、再び湖のほとりに出て行かれた。
群衆が皆そばに集まって来たので、イエスは教えられた。
そして通りがかりに、アルファイの子レビが収税所に座っているのを見かけて、「わたしに従いなさい」と言われた。

この部分を表している絵です。

イエスのレビを呼ぶまなざしと指先に強い意志を感じます。
ファイル 493-5.jpg
そしてレビは?
説があるそうです。
中央の「私がでですか」と言っている感じの男の人
ファイル 493-3.jpg
でもこの人はお金を数えている人をさして「この人ですか?」
と言っているようでもあるという説

私は最初この絵を見た時 下を向いてお金を数えている男だと感じました。
ファイル 493-4.jpg
しかしながら、この絵で一番感動したのは
金持ちを呼ぶイエスが裸足であることを説明して頂いたときです。
ファイル 493-1.jpg
貧しい人の友であるイエスの本当の姿を感じることができました。
このイエスに呼ばれたから、レビは数えているお金よりも
イエスに従うことを選ぶことができたのだと思います。

We are FAMILY

2017.01.10

今日は午後から調布サレジオ修道院で
サレジオ家族の集まりがありました。
毎年行われている新年の会合です。
ファイル 492-1.jpg
日本にあるサレジオ家族8つの団体のそれぞれの昨年の主な出来事や
本年のことなどを分かち合い、そして晩の祈りと聖体賛美式で共に祈る。さらに大切な、共に食卓を囲むことを通して、
親睦を深めることができました。
ファイル 492-2.jpg
分かち合いの中で 京都の望洋庵を始められた溝部司教様が
いつも変わらず実行されていたことで
若者たちと関わっておられたということを伺いました。
それは
・一緒においしく食べる
・大勢でも一人ひとりを大切に交わる
・共にみことばをゆっくり読む
・共に過ごした時間を振り返る
そうすれば、また来たくなるもの。

今日の家族の集いの中でも同じようなことが行われたと思います。
ですから、集いの最初と終わりでは参加者の皆さんのお顔の表情や
挨拶の声は親しみが増していたと感じられたのは私だけではない
と思います。
そして、「また頑張りましょう!!」という言葉が自然に出ていました。‘私たちは家族!’とても力強い言葉だと思います。

東京教区年始の集い

2017.01.09

今日は東京大司教区の年始の集いが
東京カテドラル聖マリア大聖堂でありました。
ファイル 491-1.jpg
午後2時からミサ
その後岡田大司教様の年始に当たっての講話
その後茶話会でしたので当本部修道院からも参加致しました。

ミサ後の講話では大司教様は私たちに
各小教区で信仰入門講座の手伝いをすることや
教会はまだ敷居が高いと言われているので
訪れてくださる方を温かく迎えましょう。
そして福音宣教に励みましょうと呼びかけられました。
ファイル 491-2.jpg
私たちの小教区、そして修道院がこのようになれるように
私たちもできることを頑張りたいと思いました。

新年あけましておめでとうございます

2017.01.01

新年あけましておめでとございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
ファイル 490-2.jpg
そして今日 教会では‘神の母聖マリア’の祭日を祝います。
聖母マリアが「神の母」とされたのは431年のエフェゾ公会議です。
ファイル 490-1.jpg
今日のミサの集会祈願では次のように祈りました。
「いのちの源である神よ、
あなたはおとめマリアを御子の母として選び、
救い主を人類に与えてくださいました。
聖母を通して御子キリストを迎える私たちに
救いの喜びを味わわせてください」

そしてミサの中の信仰宣言の時、一人ひとりローソクを灯して
新年に当たり、高らかに信仰を宣言いたしました。
ファイル 490-3.jpgファイル 490-4.jpg
また今日は世界平和の日ですので世界の平和のためにも祈りました。

新たなこの一年「どうか世界が真の平和になりますように」と
ミサ後皆で祈りました。
ファイル 490-5.jpg

ページ移動