記事一覧

管区フォーラム in Nagasaki

2016.12.18

今日は長崎において修道会の管区フォーラムが行われ、
私たちの修道会の未来について
夢を真剣に、熱心に、そして楽しく語り合い、学び合いました。
ファイル 482-1.jpg
ファイル 482-2.jpg
同年代の姉妹たちと語り合うことで
同じ修道会の家族として同じ方向を向くために
大切な時間が過ごすことができたと思います。

これからも、神の愛・カリタスを伝えるために
共に励んでいきます。
ファイル 482-3.jpg

クリスマスのノヴェナ

2016.12.18

12月16日からクリスマスのノヴェナが始まっています。
ファイル 481-1.jpg
毎日サレジオ会の杉並支部の神父様が交代で夕方来てくださり、
共に祈り、クリスマスをよく迎えることができるように
お話をしてくださいます。
ファイル 481-2.jpg
教会の晩の祈りを基本にしていますが
前から伝統的に歌っている
「救いの君を喜びむかえよ」の歌を歌うと
とても懐かしく感じられ
クリスマスがそこまで来ていることを実感します。

毎年毎年、クリスマスは来ますが
今年も新しい気持ちで
“ともにいてくださる神・救い主イエスキリスト”を
喜びのうちに迎えることができるように
祈り、愛徳んのわざに励みましょう!

公開練習 歌い納め

2016.12.16

今日の公開練習に、7名の皆さんが参加してくださいました。
いつもの方、お久しぶりの方、

このホームページを確認して
参加してくださり、みんなで声を合わせて歌う楽しく、
かつ、神聖な祈りの時間となりました。

特に、クリスマスの歌
「しずけき」、「O Holy
Night」、「きかせてください」
「まきびと」「あめのみつかいの」などを練習できたので
クリスマスを迎える良い準備になったと思います。

クリスマスイブ、12月24日の午後7:45分から
ミニコンサート、クリスマスのミサで
本日練習した歌を歌います。
ファイル 480-1.jpg
練習後皆さんとご一緒に
歌を歌うことで、元気をいただきました。

今日の参加の方もミサにきてくださるようですので
たのしみです。

医療刑務所でのクリスマス

2016.12.14

今日は毎年招いて頂いている医療刑務所でのクリスマスの集いでした。

一部は
ゆうやみせまるダヴィドの村、なれぬ旅路に疲れし身を
乙女マリア憩い給える馬屋の家

ともしび消えて里は眠り・・・というカトリック聖歌集の曲に合わせて
聖マリアと聖ヨゼフが登場する様子をあらわすことで

クリスマスの出来事を黙想できるように神父様がしてくださいました。

2部は私たちの小さなコンサート。
聖書を知らない方にもクリスマスのメッセージが伝わるように
「いのち」「君は愛されるために生まれた」「O Holy Nigth]
「ハレルヤクリスマス」などを短い時間でしたが
心を込めて歌いました。

こちらの刑務所は病気の重い方がおられます。病気が回復し、そして
心も体も健康になって社会復帰ができるように大きな心で願い
精いっぱいの祈りを込めて、14名が歌うことができました。

教皇様が望んでおられるように、この方々の上に回心のお恵みが豊かにありますように私たちも祈りとできることで頑張りたいです。

Xmasチャリティコンサート㏌北町カトリック教会

2016.12.11

今日は待降節第3主日です。
クリスマスももうそこまでですね。
ファイル 477-5.jpg
今日、スモールクワイアは北町教会に呼んでいただき、
歌を通して、共にクリスマスを迎えるためのひと時を
過ごすことができました。

今日このようなコンサートに初めて参加する修練者たちも、
祈りを込めて、心をこめて精いっぱい歌っていました。

神父様や皆さんが、
「神のいつくしみを感じる時間でした」
「別の所にいったようでした」とお声をかけてくださり、
喜んでくださったお姿にふれ、私たちもまた元気を頂きました。

中でも神父様のフルートの演奏で
「きかせてください」を歌うことができ、
私たちももちろん、信者のみなさんも何だかとてもうれしそうな
喜ばしい雰囲気が漂っていました。

主の降誕の日を心穏やかに、そして希望の内に待ちたい
そして、イエス・神の子が人となったという神の深い愛を
黙想したいと歌を歌いながら感じることができました。
このような機会を頂いたことを心から感謝いたします!!
ファイル 477-1.jpg
準備中です
ファイル 477-2.jpg
一生懸命歌ってます
ファイル 477-3.jpg
ファイル 477-4.jpg
教会の皆様と

新しいシスターたちが誕生しました、感謝‼‼‼

2016.12.08

今日は無原罪の聖マリアの祭日です。
今日は10:00より東京大司教区の教区長
岡田大司教様の司式で初・終生誓願式が行われました。
たくさんの神父様方、シスター方、そして親族の方々、
友人、恩人、知人の皆様が式に参列して
共にお祈りしてくださいました。
ファイル 478-1.jpg
2人の新しいシスターたちは修道服特にベールが大変似合っていて
大勢のシスターたちがうれしそうに声をかけていました。
将来、実際の生活もよりシスターらしく成長していくことでしょう。
小さいころからシスターになりたいと思っていましたが、
まさか、日本の修道会に入るとは思っていなかった」と
いうことでしたが、神様のなさることは・・・と
会員たちは納得していたようです。

3人の終生誓願のシスターたちは、それぞれ6年間修道生活を送り、
さらに生涯を神と人々への奉仕に捧げようとする姿に感動しました。
弱い人間にこのような崇高な思いを起こさせてくださる神の恵みに
感謝し、シスターたちがその願いを生涯お捧げできるように
会員一同祈りのうちに見守りました。

5人のシスター方のお祝いの日は、また私たちにとっても
新たな出発の日となりました。これからも皆で力を合わせて
“カリタス・神の愛”を伝えるように励みます!

音楽と祈りの集い  救い主を待ち望む

2016.11.30

本日 午後6:00より信濃町 真生会館で行われた
“音楽と祈りの集い”に出演させていただきました。
ファイル 476-1.jpg ファイル 476-2.jpg
約一時間でしたが参加してくださった皆様と共に
みことばと歌を通してクリスマスを迎える準備ができました。

伝統的な待降節の歌 Rorate Cieliの歌と
ファイル 476-5.jpg ファイル 476-4.jpg
みことばの朗読
「天よ、露を滴らせよ。
雲よ、正義を注げ。
地が開いて、救いが実を結ぶように。
恵みの御業が共に芽生えるように。」で始まり、 

「心からの感謝を」
「Don't Be Afraid」
「マリアの賛歌」
「ここに愛が」
「Madre fuducia nostra」
「いのち」
「祝福の歌」
「私をお使いください」
の歌とみことばから

神様が私たちを真の幸せに導くために
イエス(神は救うの意)をこの世界に生まれさせてくださったこと、このように私たち一人ひとりが神様に愛されていること。
ですからクリスマスをよく迎えることができるように、
自分のためにも他の人のためにも祈る時間を
持つことができたと思います。
ファイル 476-3.jpg
そして一番最後は美空ひばりさんの
「川の流れのように」で締めくくりました。

これはリクエストでもありましたが、よく言葉をかみしめて歌うと
祈りの歌にもなることを体験致しました。
皆様も真剣に共に参加してくださって
励まされ、私たち自身も本当に良い時間を過ごすことができました。
このような機会を与えてくださった
真生会館の皆様、本当にありがとうございました。

出発! Xmasの喜びを伝えるために

2016.11.30

本日 麦の会からの依頼のクリスマスカードを発送しました。
麦の会とは拘禁者支援のネットワークです。
ですから、このカードは拘禁中の方々に届けられます。

ファイル 474-1.jpg ファイル 474-2.jpg ファイル 474-3.jpg
今回は本修道会の15以上の修道院から
約300枚のカードが送られてきました。

シールなどを貼ることはできないのでシンプルになりましたが
それでも工夫を凝らし、シスターたちが祈りをこめて
メッセージを書きました。

日本の刑務所では再犯の方が多いと聞いています。
麦の会の活動によって少しでもそのような方が減り
社会に復帰できますように、
また、拘禁される人が減ることを願って
これからも祈り、麦の会にも協力して行きたいです。

本会ではアントニオ会として活動しています。
ちなみにアントニオは創立者の名前です。

黙想会中です

2016.11.30

昨日から 無原罪の聖マリアの9日間が始まっています。
ファイル 475-3.png
9日間とは、伝統的な祈り方で典礼の大きなお祝いや聖人たちのお祝いの前に、祈りや愛徳などの実践によってその準備をすることです。

そして、同時にサレジオ会の神父様のご指導による
黙想会が始まっています。
ファイル 475-1.jpg
ファイル 475-2.jpg
この黙想会が終わったら、2人の新しいシスターと
3名の終生誓願のシスターたちが誕生します。

誓願式は12月8日です。

イエス様を待ち望む季節 待降節

2016.11.27

今日から待降節が始まりました。
私たちの聖堂にもアドベント・キャンドルが灯されました。
ファイル 473-1.jpg ファイル 473-2.jpg
これはクリスマスつまり、12月24日の直前の日曜日を基準にして、その4週間前から、毎週日曜日に1本ずつキャンドルに火をつけて、クリスマスを準備するためのものです。

今日のミサで次のようにお祈りしました。

「父である神よ、あなたは救いを待ち望むすべての人と共にいてくださいます。待降節を迎えた私たちの心を照らしてください。争いや対立が絶えないこの世界にあって、キリストの光を頼りに歩んでいくことができますように。」

クリスマスに真の光である、イエスに出会うことができるように
お祈りをしたり、よい行いをしたり、だれかのためになることで
良い準備をしたいですね。

ページ移動