エントリー

2014年03月の記事は以下のとおりです。

「海外トピックス」として再スタートします

今まで南スーダン専用のブログをお届けしていましたが、南スーダンではブログを頻繁にアップすることが難しい状況が続いていました。今回話し合いの結果、「海外トピックス」として、イエスのカリタス修道女会のシスターたちが派遣されている国々が参加できるブログとして新たにスタートすることとなりました。もちろん南スーダンからの風が吹いてくることも心待ちにしたいと思います。
どうぞ、引き続きご愛読ください!(広報担当)

ローマ総本部 宣教女派遣式

ファイル 21-1.jpg

3月15日、総本部修道院にて、サレジオ会総宣教評議員
クレメンテ神父様とフェリントン神父様(南スーダンの
地区長)の司式のもと、派遣のためのごミサが行われました。
ローマに到着してから3週間、3名のシスターたちは、
宣教女養成プログラムに沿って深い祈りと研修を兼ねた
期間を過ごしてきました。

派遣式の中で、アポリナリス総長より宣教女の紹介が行われ、
Sr.中村とSr.崔は、リマの聖女ローザ準管区に、Sr.朴は、
南スーダンへ派遣されることが発表され、宣教女たちは、
十字架と会憲・会則を手に、主のみ前で派遣の意志を確かな
ものとしました。
ファイル 21-2.jpg

翌日、宣教女達はそれぞれの国に出発しました。
神様が彼女たちの行く手を守り力強く導いて下さいますように!

ファイル 21-3.jpg

ブラジル チャリティービンゴ祭

ファイル 22-1.jpg

3月9日、私たちの養護施設ラール・サント・アントニオの
ビンゴ祭をビリチーバの教会大サロンで予定通り行いました。

今回のビンゴの目的は、国の監査でラールの電気の配線を新しい
配線にするようにと指示を受けたので、その資金を集めるためでした。

ビリチーバの人々は、この日をお祭り行事として小金を集め
楽しみに待っています。貧しい田舎町の人々が一人でも多く参加して
楽しめるよう、1レアイスとか、0.50レアイス等と、シスター方は気楽
な値段を企画します。

協力者は殆ど日本人、昔のカリタス日本語学校の卒園生や学校関係者です。
カリタスの諸行事にはどんなに遠くにいても車を飛ばして駆けつけてくれ、
台所や会計、お掃除、売店などを手伝ってくださる頼もしい協力者です。
イエス様が私たちの子供のためにお遣わしになるお恵みです。
ファイル 22-2.jpg ファイル 22-3.jpg

大勢の人々がビンゴに興じながら、天ぷらやアイスクリーム、ジュースなど、
特に天ぷらはラールのビンゴ祭りで、ブラジル人の大好物。出店は大忙しです。
ファイル 22-4.jpg ファイル 22-5.jpg

午後、2:00~5:00の数時間で終了しますが、参加者が多いので、
ラールにとってはかなりの収入源となります。
電気の配線工事のためには未だ未だ不足ですが、この工事の一部でも
始めることが出来ると、ラールの園長Sr,Rosa片山と喜びを分かち合い、
感謝しながら夕日が沈む道をからサンパウロへ向け帰途につきました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2014年03月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed