エントリー

2014年08月の記事は以下のとおりです。

カリタス学園・オガールファティマ 共同体で遠足

  • 2014/08/27 09:14

ファイル 30-1.jpg

25日、カリタス学園のシスター達と、オガールファティマのシスター達で、オキナワ修道院へ遠足に行きました。この日は、一人のシスターの運転練習を兼ねての遠足だったので、無事に着くか心配でしたが?!皆の祈りに支えられて、まずは目的地へ到着。

ファイル 30-2.jpg

お天気には恵まれたのですが、強い砂風で、残念ながらオキナワ修道院のお庭で『ピクニック』は出来ませんでしたが、各支部『持ち寄りお弁当』を皆で美味しく頂きました。

ファイル 30-3.jpg

シスター達が集まると、トランプの『ポン大会』が始まる『ボリビア共同体』なので、この日もおやつを頂いた後は『ポン!ポン!』と、老いも若きも声を大にして、ハッスル、ハッスル!

ファイル 30-4.jpg

オキナワ修道院のシスター達は、日曜日は特に宣教の日なので、共に遊ぶ事は出来ませんでしたが、それでもお互いの再会を喜びあえた一時でした。

帰りの道のりでは、ボリビアの大地一面に広がる夕陽を眺めながら、今日の喜びの日を与えて下さった神様に感謝しながら帰途に着きました。

ファイル 30-5.jpg

ボリビアのオガールファティマより

ファイル 28-1.jpg

8月16日、オガールファティマで、本会創立記念を子供達、
職員と共に行いました。職員は、昼休みを利用し、4つの
グループに分かれて、踊りを披露し、また、子供達も幼稚園
から戻ると、『ママたち』(職員)と一緒に、踊りの練習を行い、
当日は衣装を身につけて笑顔で踊ってくれました。

ファイル 28-2.jpg ファイル 28-3.jpg

ファイル 28-4.jpg ファイル 28-5.jpg

今年、『ボリビア宣教50周年』を祝っている私たちですが、
初期の4人のシスターたちを始め、これまでここボリビアでの
宣教を築いてきて下さったシスター方、また今、私たちと共に
働いて下さっている職員に感謝しながら、楽しい一時を皆で
分かち合えた一日でした。神に感謝!

SAINTS & HEROES no less

ファイル 29-4.jpgファイル 29-5.jpg

ファイル 29-1.jpg
フィリピンでは去年から2021年にキリスト教宣教500周年を迎える準備が始まっており、今年は「信徒」をテーマとして様々な研究会が行われています。
フィリピンのサレジオ会大学分校主催で“Saints and HeroesーNo less(聖人と英雄)というテーマでシンポジウムが行われました。1万人が収容できるスポーツアリーナに、司祭・修道者、そして多くの信徒のグループが集まりました。
そこで私たちも生徒たち35名と数名の先生と参加しました。

ファイル 29-2.jpg  ファイル 29-3.jpg
朝8時から、ミサに始まり、信徒のシェアリング、ユースグループやカリスマグループによるプレゼンテーションやトークが夕方6時まで行われ、フィリピンでは大きな教会の力となっている信徒のグループ・ユースのムーブメント・カリスマグループを目の当たりにしました。

カトリック国とは言え、信者の13%しか教会に行っていないという統計があり、また新興宗教に押されているという現実があります。そんな状況を救うのはやはり、信徒宣教者の力で、一人でも多くのカテキスタを教会に増やすことを急務としています。
生徒達が一人でも多く教会に関わり、教会の力となることができるように教育することの必要性をしみじみと感じました。

ドンボスコ生誕200周年記念開始#CDBS!

ファイル 27-1.jpg
フィリピン北管区のサレジアンファミリーのドンボスコ生誕200周年記念の開幕式は、2014年8月16日、カリタスドンボスコスクールで行われました。
最初2000人を見越しての式典をいつもとは違った場所:本校でするために、参加人数を1000人に絞られたようです。
サレジオ会出身のブゾン司教様主司式による80名近くのサレジオ会司祭団、サレジアンファミリーのメンバーが心を一つにこの開会式で祈り集いました。

ミサ後のささやかなおやつが済んだあとはこれからのこのフィリピン北管区としての1年を通しての目標についてのお話と、様々なグループによるプレゼンテーションが行われ、このお祝いを盛り上げました。

ファイル 27-2.jpg ファイル 27-3.jpg

ファイル 27-4.jpg ファイル 27-5.jpg

青年たちと豆畑での労働の実り

ファイル 26-1.jpg

イエスのカリタス修道女会が活動している
オキナワ第2コロニア地域のヌエボ・オリソンテ
(直訳では、新しい地平線の意)という村で、
青年たちと豆の収穫を一緒に労働を体験しました。
テーマは「キリストの愛が私たちを駆り立てる」です。

この青年たちは、6月に行われた「カンポ・カリタス」
という本会主催の青年たちの集いに参加した青年たちで、
そこで得た体験を生かして、主イエスの愛と喜びに与るため、
一致して奉仕しようと決心し、この活動を計画しました。

この日、青年たちと豆畑で、その収穫の手伝いながら、
大自然の中で、神に感謝し、分かち合うことができました。
さらに、畑の所有者から、少しですが、賃金を頂きました。
この労働の実りは、ボリビア宣教50周年の式典のための
基金に当てることにしました。

ファイル 26-2.jpg ファイル 26-3.jpg

ファイル 26-4.jpg ファイル 26-5.jpg

若者の集い

ファイル 25-1.jpg

2014年7月26日、ボリビア カリタス学園では、
青少年カテキスタ、アニメーター、リーダー、
ミサ奉仕者たちによって、カリタス・オラトリオの
活動と奉仕が、活気付けられていますが、新しい
メンバーを求めて、若者たちの集いを行いました。
テーマは「新しいアニメーターとミサ奉仕者を求めて」
新旧あわせて、約30名の若者たちが集まり、自己
紹介とリズム遊びから始まり、青少年アニメーター、
ミサ奉仕者の資質や役割などを学び、分かち合いました。
締めくくりに、教区のサレジオ会の修道者が、
レクティオ・ディヴィナで、み言葉を味わいながら、
サレジオ的青少年アニメーター・リーダーの召命と
使命を示唆してくれました。参加した青少年たちが、
オラトリオ・カリタスへの参加と協力を通して、
神の子として成長することを願いました。

ファイル 25-2.jpg ファイル 25-3.jpg

ファイル 25-4.jpg ファイル 25-5.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2014年08月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed