記事一覧

ブラジル チャリティービンゴ祭

2014.03.10

ファイル 22-1.jpg

3月9日、私たちの養護施設ラール・サント・アントニオの
ビンゴ祭をビリチーバの教会大サロンで予定通り行いました。

今回のビンゴの目的は、国の監査でラールの電気の配線を新しい
配線にするようにと指示を受けたので、その資金を集めるためでした。

ビリチーバの人々は、この日をお祭り行事として小金を集め
楽しみに待っています。貧しい田舎町の人々が一人でも多く参加して
楽しめるよう、1レアイスとか、0.50レアイス等と、シスター方は気楽
な値段を企画します。

協力者は殆ど日本人、昔のカリタス日本語学校の卒園生や学校関係者です。
カリタスの諸行事にはどんなに遠くにいても車を飛ばして駆けつけてくれ、
台所や会計、お掃除、売店などを手伝ってくださる頼もしい協力者です。
イエス様が私たちの子供のためにお遣わしになるお恵みです。
ファイル 22-2.jpg
ファイル 22-3.jpg

大勢の人々がビンゴに興じながら、天ぷらやアイスクリーム、ジュースなど、
特に天ぷらはラールのビンゴ祭りで、ブラジル人の大好物。出店は大忙しです。
ファイル 22-4.jpg
ファイル 22-5.jpg

午後、2:00~5:00の数時間で終了しますが、参加者が多いので、
ラールにとってはかなりの収入源となります。
電気の配線工事のためには未だ未だ不足ですが、この工事の一部でも
始めることが出来ると、ラールの園長Sr,Rosa片山と喜びを分かち合い、
感謝しながら夕日が沈む道をからサンパウロへ向け帰途につきました。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>