苦情解決

苦情申し出窓口
ケアハウスかおりでは、利用者からの苦情に適切に対処する体制を整えております。
これは社会福祉法第82条の規定によるものです。利用者の立場になって苦情解決にあたることは、より良い運営のためだけではなく、一人一人の心のためにもとても重要なことです。困ったり悩んでいることがあれば、[1]苦情受付担当者、[2]苦情解決責任者、[3]苦情解決第三者委員にご連絡ください。各担当者の電話番号は ケアハウスかおり(095-850-7217)でご確認ください。 

苦情受付担当者 苦情解決責任者 苦情解決第三者委員(委嘱期間)
永田 久美子 高野 昭子 川添 鴻一 (H31.3.31)
小田 篤志 (H31.3.31)

苦情の受付 
苦情は、ケアハウスかおりの玄関ロビーに設置してある意見箱(苦情受付ボックス)に投函していただくのが一番容易かもしれません。
もちろん面接・電話・書面などによっても、担当者が随時受け付けております。また、苦情解決第三者委員に直接苦情を申し出ていただくことも出来ます。本ページではそれぞれの担当者を簡単に、受付担当者(苦情受付担当者)、責任者(苦情解決責任者)、第三者委員(苦情解決第三者委員)と記すことにします。


苦情の受付の報告と確認
寄せられた苦情に対して、受付担当者は責任者と第三者委員(苦情申し出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告します。第三者委員は内容を確認して、苦情申し出人に対して、報告を受けた旨を通知します。


苦情解決のための話し合い
責任者は、苦情申し出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。
を求めることができます。尚、第三者委員立会いによる話し合いは、次のように行われます。
 

 第三者委員による苦情内容の確認、 第三者委員による解決案の調整・助言 、話し合いの結果や改善事項の確認

平成28年度の苦情受付

ライバシーの保護に抵触しない範囲で苦情件数と内容を開示しています。

苦 情 内 容

対 応 内 容

   施設外の方より

 匿名で 電話にて受付

 施設の利用者が他の利用者に宗教を強要するので改善を希望するとのこと。

 

②利用者より 職員に相談

浴室入口の敷物が臭い、湿気などで不衛生である。

 

 

 

該当する利用者と話をする。受付の内容を伝えると「自覚はなかった。これからは気を付けます」と言われる。

 

 

会議で話し合い、安否確認時(15301700)に敷物交換をする。

後日、「匂いがしなくなった」との発言あり。