カリタスドンボスコスクール

エントリー

2014年04月の記事は以下のとおりです。

枝の主日

ファイル 64-1.jpg ファイル 64-2.jpg
今日からいよいよ聖週間です。
教会にいけば、教会の外で「枝」がたくさん売られています。
いつもは教会にいってから「枝」を購入していたのですが、
材料はココヤシの葉で敷地内にたくさん植えられています。
早速、前日にお掃除のお姉さんに枝を作ってもらいました。

ファイル 64-3.jpg
朝7時のミサではいつもは空席が見られるのに
(日曜日のミサは6回あります)
この日すでに教会は満杯。
夏休みに入っている生徒たち、卒業した生徒たちも
この日も変らず聖歌隊奉仕に来てくれました。
明後日の夜は本校の体育館で「受難劇」が教会の青年会たちによって
行われます。楽しみです。

四旬節練成会

今日は午前中に今年度最後の成績表配布があり、たくさんの保護者・生徒が来校しました。
ここフィリピンは日本と違って、学年度の終わりと始まりの間に2か月の「夏休み」があります。先生たちも来週の聖木曜日から1か月の夏休みに入り、この間に修士を取るために通学したり、夏期クラスで教えたりします。そして5月の15日から3週間で新年度を迎えるためみっちり研修を行います。夏休みとは言え、学校ではスポーツや音楽、様々な活動があり授業以外の業務は通常通り。

ファイル 63-1.jpg ファイル 63-2.jpg
午後からは学校の理事長でもあるフランシス・グスティーロ神父様による練成会が行われ、ドンボスコの「ローマからの手紙」を元にお話をしてくださいました。
神父様は教皇様直属の30人の神学委員会のメンバーでもあり、CFC(カップル フォー クライスト)夫婦カップルの会員による宣教活動を行う会と、Singles FFL(独身男女による家庭と命のための宣教活動を行う会)の霊的指導者なので、先生たちにもわかりやすくお話をしてくださいます。
腰椎間板ヘルニア(5月に手術)のため歩行が困難であるにも関わらず、痛みを理由に断ることはありません。今日もこの後、車で6時間かかるところに行くということでした。
お話ももちろん素晴らしいですが、このように生きた信仰・疲れを厭わない司牧の精神を目の当たりにできることを感謝しながら、反省した1日でした。ある先生は「聖週間の過ごし方を考えなおそう・・・」と話しから得た恵みを胸に帰宅していました。

表彰式

ファイル 62-1.jpg
昨日は卒業式、そして今日は在校生の成績優秀者、皆勤賞などの表彰式です。
朝7時半から小学生の部、10時から高校生の部です。

この一年、いろんなプレッシャーや誘惑を乗り越えて毎日学校に通い、
遊びたいのを我慢して勉強にいそしんできた生徒たちと
それを支えてきた保護者への感謝の日です。

この中には被災地から避難して来て、いろんな逆境にもめげずに
勉強を頑張り、この日賞をもらった生徒もいます。
   
また、カリタスボスコニアンとして
勉強だけでなく、友人たちと神様に愛される子どもとして
ドミニコ・サビオのような信仰に基づいた模範を示した生徒に与えられる
「ドミニコ・サビオ賞」が学年に1人ずつ与えられます。
これはこの時にしか発表されない特別な賞です。

わたしたちの教育の根本は「よい市民、よいキリスト者」なので、
将来、このアジアで1番汚職の多いフィリピンを変えることのできる
リーダーとして生徒たちが育ってほしいと願っています。

そして今日はまた5・10・15年勤続の表彰もありました。
                    しかし、、全員の写真とれ~ず。
ファイル 62-2.jpg ファイル 62-3.jpg

卒業式

いよいよ卒業式です。
小学校は午前中、高校は午後4時からです。
もちろん、私たちシスターは両方に参加します。

卒業生は保護者と一緒に入場します。
そして成績上位者、皆勤賞などの特別な賞をもらうときも
保護者が一緒に舞台に上がります。
時には兄弟だったり、家族親戚一同舞台に上がったりして
それはにぎやか?です。

何よりも無事に卒業できたことに感謝です。

小学校の卒業式
ファイル 61-1.jpg

高校の卒業式
ファイル 61-5.jpg ファイル 61-4.jpg  
ブラザージョー      成績上位者へのメダル授与
ファイル 61-2.jpg ファイル 61-3.jpg
             帽子を投げちゃいけないって言ってるのに,,, 

高校の卒業式には学校の事務長にもなっているサレジオ会の
ブラザージョーがスピーチにきてくださいました。
卒業生も卒業生会入会認可のために来てくれました。

卒業ミサ

ファイル 60-1.jpg
いよいよ明日が卒業式です。
その前に卒業生はドンボスコ教会で感謝のミサがありました。
保護者は参加自由なのですが、たくさんの参加がありました。
カリタスドンボスコの生徒としての最後のミサです。
神父様は繰り返し、学校で学んだことを忘れないこと、
特に大学生になってもミサにいくように、
いつでもドンボスコの卒業生として誇りをもつようにと
諭されました。

明日の卒業式は午前中が小学生、
午後夕方が高校生です。

ファイル 60-2.jpg ファイル 60-3.jpg

幼稚園 表彰式

ファイル 59-1.jpg

フィリピンの幼稚園は、日本で言う幼稚園とは違うので
入園式、卒園式はありません。
幼稚園はどちらかというと就学前準備の期間なので
試験があるんです。

そして今日はその表彰式
成績優秀者はメダルをもらいます。
フィリピンは日本と負けないくらい学歴重視社会です。
でも、これから2ヶ月の夏休みです。
充実した夏休みでありますように

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2014年04月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

年の交流会
2018/07/07 17:25
竹下修道士 サンタローザ初訪問
2018/06/01 17:55
日本の大学に合格!
2018/05/08 21:24
管区本部訪問
2018/04/23 22:06
日本語短期研修
2018/04/12 18:07

Feed