エントリー

2014年12月の記事は以下のとおりです。

クリスマス社会奉仕活動2

高校4年生がインチーカンという場所でクリスマス奉仕をしている間、
父母会と生徒会の生徒たちはカラワンという学校から1時間半ほどの場所にある
サレジオ会が管理している被災者の避難地域に奉仕に出かけました。

ここはいろんな災害にあった被災者たちが住む場所を奪われ、追われ流れ着くような状態で
土地はあっても住む家がなく、1DK程の小さなブロックとコンクリートで固めただけの家に4~5家族が身動きもできない状態で住んでいるような劣悪な環境にあります。
そこで家を建てるための材料を買うための寄付と500名におかゆを配布しました。

そして生徒会の生徒たちが子供たちのためにゲームを準備し、
楽しいひと時を過ごすことができたようです。
厳しい状況にある人々にクリスマスの喜びを分かち合うために
汗まみれになりながら、生徒たちはよく働いてくれました。
この後、夜8時半のミサに侍者として奉仕する生徒も数名いて、
その奉仕の精神に感心しました。

イエス様の祝福がこの奉仕活動の参加者に豊かにありますように!

ファイル 103-1.jpg ファイル 103-2.jpg

ファイル 103-3.jpg ファイル 103-4.jpg

クリスマス社会奉仕活動1

今年最後のミサが小学校3年生から全員参加で行われ、
この一年の感謝を捧げ、パーティーで楽しんだ昨日でしたが、
今日は、100名余りの高校4年生が年間を通して社会奉仕をしている
地域にクリスマス・パーティーをしにいきました。

ファイル 102-1.jpg

48家族を数名で担当し、その家族とともに一緒に祈り、ゲームをし
おやつを食べ、パーティーを楽しんでいました。

ファイル 102-2.jpg   ファイル 102-3.jpg

ずっと肩車をしてあげたり、パスタを食べさせてあげたりと
普段学校では見せない笑顔の生徒もいて、私たちも新しい発見をすることができました。

ファイル 102-4.jpg

ここは以前から貧しい低取得労働者の地域として有名で
学校から5分とかからない場所にありますが、今年初めて
この地域を担当することができ、生徒たちも自分たちの身近に住む
貧しい人たちの生活を目の当たりにして習うことも多いようです。

ファイル 102-5.jpg

この前にはお金持ちの人たちが住む住居区域が道を隔ててあり、
あまりの違いに目を疑うほどです。
生徒たちの活動がこの壁をなくしていく人材になることを願ってやみません。

卒業生

最初の卒業生がカリタスドンボスコを卒業してから10年が経とうとしています。

今その卒業生たちが大学卒業後
働き出して数年経ち、仕事の経験を積んでいるところです。

そんな卒業生の一人が、今日久しぶりに本校を訪問し、
学校の電気関係の仕事のためにやってきてくれました。

ごく普通のバンドの好きな高校生だった彼が、大学卒業後すぐエンジニアの国家試験に合格し、メカニカル・エンジニアとして国際的な仕事を任せられている程の立派な大人に成長していました。

そんな彼はただ、母校に恩返しがしたいということで、卒業生会のFace Bookでエンジニアの助けを願う記事を見て、快く自分の休みを返上して来てくれました。次の土曜日には自分のチームメンバーと早速仕事に取り掛かってくれることになりました。

卒業生がボスコニアンとしての誇りを持って社会で活躍していること以上に
うれしいことはありません。

今度の土曜日の貧しい地域で行われる高校4年生のクリスマス奉仕活動のためにも
卒業生たちがお米や子供たちへのギフトを準備したいと支援を申し出てきてくれています。
在校生たちもこのような卒業生を誇りに思い、後を慕っていくことでしょう。教育の実りがこれから見えてくることに、心が躍ります。

ファイル 100-1.jpg ファイル 100-2.jpg

オラトリオ クリスマスパーティー

ファイル 99-1.jpg ファイル 99-2.jpg

毎年恒例のオラトリオのパーティーがやってきました。
今年は先生たちが奮発し、他の先生たちにも呼びかけて
抽選くじの賞品をそろえてくださいました。

係りの先生たち以外にも外国から戻ってきた元教員・元オラトリオ・ボランティアの先生も手伝いにきて花を添えてくれました。

朝7時の教会のミサに参加したあと学校に移動。
子供たちは興奮して朝4時半に起床したといっていました。

今年もまた先生たちが趣向を凝らしたゲームを用意してくれ、
子供たちもダンスを披露してくれました。

ファイル 99-3.jpg ファイル 99-4.jpg

今年のサンタクロースは、なんと歴代最年少!
高校3年生のライアン君(15歳)です。
子供たちとノリノリにダンスを披露してくれました。

子供たちが心から喜んでいるのを見て、ライアンも自分にこのような
役をさせてくれてありがとうと、逆に感謝されました。

今年もこのようにいろんな人々の手を通してこのオラトリオの
クリスマス・パーティーを終えることができました。

子供たちへのプレゼントには日本からの寄付のものもたくさん含まれています。
自分たちだけでは何もできない小さい共同体ですが、
このようにいろんな人々の善意を通してこのような活動をさせていただいていることに感謝して、また来年も頑張っていこうと思います。

ふたつのオラトリオグループと
ファイル 99-5.jpg

初めての挑戦!

ファイル 101-1.jpg

食の大切さを考え、何かしたいと思いつつできないでいました。
が、ついに第一弾!それも初めての挑戦で、「ぬか漬け」です。
まず、なまぬかを精米所から(日本帰国の際に)もらい、ぬか床つくりをしてみました。
本やインターネット、知り合いや家族から情報を得、とにかくやってみることに・・・。
どうにか、できたようですが、ぬか漬けができるようになるのは、あと数日かかります。楽しみ!
ぬか漬けはビタミンB1が多く含まれるとのこと、また消火器系を整えてくれるようで、食欲増進にも効果ありだそうです。私たちの健康に一役買ってくれること間違いなし!

ファイル 101-2.jpg ファイル 101-3.jpg

さらに、やりだしたついでにクリスマスのケーキ(恩人たちにカードと配るもの)の試し焼きをしてみました。紅茶のケーキで、これがなかなかおいしかったです。

ファイル 101-4.jpg ファイル 101-5.jpg

もうすぐクリスマス

突然の台風襲来ですっかりスケジュールが狂ってしまい
年末の忙しいときというのに、この後の行事などを変更せざるを得なくなり
あわただしい日々を過ごしています。

しかし、何が起ころうともクリスマスはもうすぐです!
来週からテストですが、クリスマスの楽しみを思えばなんてことのない
フィリピンっ子です。

テストと共に、シンバン・ガビ(クリスマスの9日間のノベナ)も始まります。


ファイル 98-1.jpg ファイル 98-2.jpg


ファイル 98-3.jpg ファイル 98-4.jpg

KOA(侍者の着衣式)

NHKのニュースは12月8日の夜から9日の朝にかけてマニラ付近に
台風が通過と最初から伝えていたのに、フィリピンのニュースは
金曜日に大雨が降ると報道したため、
州は5日から休校を宣言。結局火曜日まで学校が休みになってしまいました。
そのため初金にするはずの侍者の着衣式は延期、
8日の無原罪の聖母の祭日も休校になり、
1週間遅れでやっと着衣式を執り行うことができました。

ファイル 97-1.jpg

保護者の方もともにミサに参加し、
子供たちが祝別された侍者服に着替えるのを手伝っていただきました。

この中から将来の司祭・修道者が生まれることを
ともに祈りましょうとの神父様の呼びかけに
みなさん笑顔でしたが、、、

この生徒たちがよきキリスト者として
育っていくことを願いつつ

ファイル 97-2.jpg

ファイル 97-3.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2014年12月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

Feed