Entry

Office 2013各バージョンの価格•購入•認証•ダウンロードとアクティブ化

Microsoft office 2013 製品のポジショニング

Microsoft office2013は機能が完備する、使いやすいオフィススイートです。SkyDriveでファイルをオンライン保存できるため、Internet接続 したWindows7或いはwindows8端末においてファイルへのアクセス、編集とシェアができます
Microsoft office 2013は2013年2月27日に正式発売され、3つのバージョン、office personal 2013、office Home & Business 2013、office professional 2013に分けられ、その区別は各バージョンの価格と含むアプリにあります。windows7に比べ、office 2013はwindows8に向き、古い世代のCPUでもスムーズに作動できます。office 2013はoffice 2010或いはそれ以前のバージョンにも対応します。マイクロソフト社はoffice 2003へのサポートが2014年4月8日に終了したため、office 2003ユーザがoffice 2013にアップグレードするようにおすすめします。

2014年にマイクロソフト社はoffice 2013 service pack1を発表し、office 2013向けの更新プログラムを含みます。office 2013のセキュリティ、性能と安定性、及びwindows 8とinternet explorer 11の通用性を向上させました。マイクロソフト社のマーケティング担当者は、次バージョンofficeが2015年後半期に発表され、onenote 2013におけるいくつかの機能制限を解除し、全てのプラットフォームにて無料で使用可能だと公布した。

Office 2013 OEM(DSP)(DSP:Delivery Service Partner)当該バージョンのoffice 2013は店舗価格より安いです。一般的に、PCメーカがPCにプレインストールし、或いは付属品として販売し、一部のハードウェア設備と共同販売するこ ともあります。それで、OEMバージョンはoffice 2013ベーシックバージョンより安いです。Office 2013 OEMのパッケージ版はラベル付きのボックスで、DVDのインストールプログラムが入っており、隣にoffice 2013の25文字のプロダクトキーが表示され、ラベルにはoffice 2013の説明があります。office 2013インストール完了後、office 2013のアクティブ化ウィンドウが表示されます。そしてプロダクトキーを入力すれば、商品のアクティブ化が終わりです。
Office 2013 Home and studentの価格は遥かに安く、当該バージョンはword 2013、excel 2013、powerpoint 2013、onenote 2013を含みます。これは日本のマイクロソフト公式サイトでは販売されておらず、海外からの輸入品です。ただし、言語を日本語に設定してインストールす ることができます。
windows8.1

office 2013を購入する前に、商品の詳細をよく確認してください。特に一般法人向けでプロダクトキーを大量授権する小売店の場合、その小売授権はほとんどダウ ンロードの形です。購入後、購入者にoffice 2013プロダクトキーを送信し、ダウンロード、インストールとアクティブ化したら、利用可能です。
office 2013はユーザに斬新なoffice体験を届ける、信頼性の高いオフィススイートです。Windows8端末においてもofficeの体験が可能です。 タッチパネル、スタイラスペン或いはキーボードで仕事を最適化し、小型企業にとって事務効率化の強力なパートナーです。