Entry

家族のアジア大会

ファイル 67-1.jpg
5月14~16日まで、マニラでフィリピン司教協議会主催で、「家族のアジア大会」が行われていました。その最終日の今日の午前中のプログラムで、私たちの学校の高校生で韓国人のジウォン君が最前列に司教様方、数百名の参加者の前でインタヴューを受けました。
内容は「家族における"喜びと希望"」というもの。5人の他の若者(とはいっても十代は彼だけ) が自分の家族から受けた信仰や人生の価値について分かち合いました。

サウンドシステムの不具合でマイクの調子が悪いのが残念でしたが、どうにかインタヴューを終えることができました。何しろまだ14歳ですので、英語で自分の考えをたくさんの人の前で言うことは大変なことだったと思います。
彼にとってもいい経験になったことでしょう。明日は韓国に試験のために家族で一時帰国するということで慌ただしく帰りました。戻ってきたらゆっくり感想を聞こうと思います。ジウォン、お疲れ様!
ファイル 67-2.jpg

この時のプログラムのファシリテーターは、ボ・サンチェスというフィリピンでは知らない人がいないほど有名な一般信徒の霊的指導者です。
ファイル 67-3.jpg

左端に座っているのはフィリピンで有名な元バスケットボール選手で今はタレントになっているらしい。そのほか、東ティモールの留学生、フォコラーレ運動の青年部のリーダー、世界青年同盟World Youth Allianceのアジアの元責任者と、そうそうたるメンバーでした。
ファイル 67-4.jpg

この後は諸宗教(プロテスタント、仏教、ヒンズー教)の人たちが同じように家庭での信仰の大切さを分かち合いしました。
ファイル 67-5.jpg