Entry

快挙! ロボット全国大会

去年から本校でロボット工学を導入し、参加し始めたロボット大会。
去年は初出場で初優勝という成績で浮足立っていた生徒先生たちを宥め、
奢ることなく地道に努力を重ねるよう言い聞かせてきました。

今年は本校がホストとしてフィリピン全国36校約300人の参加者を迎え、
万全の準備を整えてこの日を迎えました。
昨夜は小学生も夜遅くまで最終調整に励んでいました。

ファイル 229-1.jpg

そしてこうした努力が報われたのか、
なんと2つのカテゴリー(ミッション・チャレンジ、消火活動)で
金・銀・銅メダルを独占、(2人一組)、そしてクリエイティブ
(実際の災害用ロボットースクラップから手作りーと
その役割について5分の説明ー2人一組)で金を獲得しました。
本校から23人の参加者で半数以上がメダルを獲得したことになります。
今回メダルを取れなかった生徒も来年頑張ると希望に満ちていました。

応援にいらした保護者たちもこの快挙に驚きと喜んで、
生徒たちの健闘を称えていました。
今度はもっと上のレベルを目指します。

ファイル 229-2.jpg ファイル 229-3.jpg

ファイル 229-4.jpg ファイル 229-5.jpg

創立記念行事 準備

庭の日よけもあまり必要ないほど涼しいフィリピンです。
ファイル 228-1.jpg ファイル 228-2.jpg

もうすぐ23回創立記念を迎えます。

その前哨戦ではないですが、
明日土曜日にロボット国内大会が本校で行われます。
連日生徒達はその準備のために残っています。

ファイル 228-3.jpg ファイル 228-4.jpg

日本語を習っている生徒達は大福の作り方を習っています、

ファイル 228-5.jpg

月曜日からは本格的にアカデミックウィークとして
いつもと違った創立記念行事がおこなわれます。

みなさんもお楽しみに!

新年 2017年 

あけましておめでとうございます。

学校は1月4日からで、生徒は元気に登校してきました。

休みモードから抜け出せない生徒もまだいるみたいです。


小学校の掲示板に興味深いものが掲示されていました。
ファイル 227-1.jpg

どうやら、自分のご絵のようです。
自分がどのような聖人となるのかを表現しているようです。
「若者の聖人、貧しい人の聖人」などの王道もあれば、
「スポーツの聖人」「折り紙をするひとの守護者」というのもありました。

ファイル 227-2.jpg ファイル 227-3.jpg

ファイル 227-4.jpg ファイル 227-5.jpg
神様と人々に奉仕するために、目標をもって
新しい年を生きていって欲しいものです。

オラトリオ クリスマスパーティ

せっかくのクリスマス・パーティーだというのに、朝から雨です。
が、そんな雨もなんのその、8時半集合といっていたのに8時には
子供達は迎えの車を待っていたというのです。

いつもは穴のあいたサンダルや洋服でやってくる子供達も
今日は精一杯のおしゃれをしてきました。

難しい生活環境の中でなかなかオラトリオに参加するのが
大変な子供達ですが、それでも少しでも参加してくる子だけに
招待状をあげました。

ボランティアの先生・カテキスタグループの中高生たちが
この場を盛り上げてくれました。
シスターズは夜を徹してペープサートを作り上げ
クリスマスのメッセージをおくりました。

寄付のいかにも古いおもちゃやぬいぐるみをうれしそうに
抱きかかえている子供達、
家に残っている兄弟姉妹たちのためにお昼の食事を残してもって帰ろうと
している子供達、
一見、うちの生徒達と変わらないような子供達ですが、
心からあふれる笑顔はやはりかなわないかもしれません。

そんな子供達が神様から愛されている存在として
困難な状況におかれていても力強く生きていけるように
手助けできたらと思います。

ファイル 226-1.jpg

ファイル 226-2.jpg ファイル 226-3.jpg

ファイル 226-4.jpg ファイル 226-5.jpg

よいクリスマスを!

小学生と中学生は昨日までテストでした。
ファイル 225-1.jpg

今日は学期末最後の日で感謝のミサとクリスマス・パーティーです。
ミサの前にクリスマス劇がありました。
小学生のミサは王道のクリスマス・ストーリーでしたが、
中学生は現代風にアレンジしたお話で30分の大作でした。
試験中だったのに関心です。
高校生は先にパーティーをして、締めくくりにミサでした。

ファイル 225-2.jpg ファイル 225-3.jpg

水曜日の午後には教職員の待降節練成会を
理事長のグスティーロ神父様にしていただき
心ばかりのギフトを配布しました。

ファイル 225-4.jpg ファイル 225-5.jpg

これから2週間のクリスマス休暇です。

日向学院より来比

宮崎の日向学院より、田村神父様、浜崎神父様が来比されました。
正味2日間の滞在で、フィリピンでの体験研修ツアーの可能性を探るため
下見にいらっしゃいました。
ファイル 224-1.jpg


ファイル 224-2.jpg ファイル 224-3.jpg
カリタスの生徒達と     ドンボスコ・トンドでの話し合い

ファイル 224-4.jpg ファイル 224-5.jpg
偶然クレメンテ神父様と
神学院で

初聖体

ファイル 223-1.jpg
半年かけて初聖体を準備してきた小学校3年生たち約120人。
あいにく台風の影響で朝から雨が降り、
ミサが始まるまで教会内を元気に走り回っていました。

ひとたびミサが始まると、緊張した面持ちで
真剣に祈っていたようです。

今日の記念すべき日をいつも心に留めて
神様に愛されるカリタスボスコニアンでいてほしいです。

ファイル 223-2.jpg ファイル 223-3.jpg

ファイル 223-4.jpg ファイル 223-5.jpg

高校生 黙想会

先週の出来事ですが、、、、

高校生の黙想会が1泊2日x3クラスが行われました。
いつもとは違った雰囲気を持つ黙想で
最後には保護者に子供への手紙を用意してもらい、
黙想中に渡されました。

本当は癒しのミサがあるはずだったのですが、
来るはずだった神父様が突然急用のために来られなくなり、
急遽、フランシス神父様にわざわざ車で1時間かけて毎日ミサのために
来ていただきました。

ミサでは幾人かの保護者も参加してくださいました。
短い日数でしたが、有意義のある黙想をすごしたようです。

ファイル 221-1.jpg

ファイル 221-2.jpg ファイル 221-3.jpg

ファイル 221-4.jpg ファイル 221-5.jpg

教職員黙想会2

写真の続きです。
ファイル 219-1.jpg

ファイル 219-2.jpg

ファイル 219-3.jpg

教職員黙想会

6月から新学期が始まって以来、やっと中間休みに入りました。

教職員の精神の疲れを癒すために1泊2日の黙想会が行われました。

ファイル 218-1.jpg
自分を無にして、自分が何者であるか、
祈りの中で神様の存在に気づく。

夜は自分自身の愚かさや忘れたい出来事を紙に書いて、
祈りのうちに燃し、それで集めた灰で
お互いの額に十字の印をしました。
そしてゆるしの秘蹟を終えた人を他の人が白いタオルで
拭いてあげるという式を行いました。

ファイル 218-2.jpg ファイル 218-3.jpg

ファイル 218-4.jpg ファイル 218-5.jpg
二日目の朝の瞑想ではファシリテーターも
驚くほど教職員たちは真剣に祈っていました。

最後は神父様が癒しのミサをしてくださいました。
ミサ後、ほとんどの先生が神父様になんらかの癒しをお願いしていました。

これからも癒しの祈りをみんなが忘れずに続けていって欲しいです。

Page