Entry

日本語留学 in 横浜サレジオ

ファイル 183-1.jpg

先月は本校の女子学生が都城聖ドミニコ学園に1ヶ月お世話になり、
今回、男子生徒3名が横浜サレジオ学院に2週間お世話になっています。

たくさんの方々の寛大なご協力によってこれらの
日本留学が実現されたことにどんなに感謝しても足りないくらいです。

日本での体験で生徒たちがさらに人間として
大きく成長することができますように。

ファイル 183-2.jpg ファイル 183-3.jpg


ファイル 183-4.jpg ファイル 183-5.jpg

教職員夏季研修

フィリピンの一般的な教員は夏休みがまるまる1ヶ月あります。
日本の教員が聞いたらうらやましい限りでしょう。
1ヶ月の休みを終えた先生たち、新任教員たちが一同に会して
新年度を迎える準備が始まりました。
今年から1学年増えます。

ファイル 182-1.jpg

妖怪体操で心機一転です。

ファイル 182-2.jpg ファイル 182-3.jpg

フィリピンの暑い夏を彩る花木です。

真夏フィリピン

真夏真っ盛りのフィリピンです。

ファイル 181-1.jpg

フィリピンは街路樹が赤や黄色の花で鮮やかに彩られ、
パイナップル、マンゴーやジャックフルーツの果物がおいしい時期でもあります。

学校の敷地内でもマンゴーは3種類ほどありますが、
自然の恵みに任せているので、いつも豊作というわけではありません。
で、時々こうやって愛の天使が贈り物を持ってきてくれます。
神に感謝。

ファイル 181-2.jpg

ファイル 181-3.jpg ファイル 181-4.jpg

外皮が黄色のスイカです。グリーンカーテンも青々としてます。

教職員研修 In Summer

ファイル 180-1.jpg

フィリピンは4月半ばから5月半ばまで
教員は1ヶ月の夏休みです。
日本では考えられないことですが。
それから2,3週間の研修で6月に始まる新学期に備えます。

今年は新任から3年勤務の教職員を対象に特別研修を設けました。
今日はカリタスの歴史をお話ししました。
準備不足でしたが、どれだけわかってもらえたか、、、
後はともに働きながらですね。

入学手続き

ファイル 179-1.jpg

気づけば、もう一ヶ月も投稿してませんでした。
お待たせいたしました。(待ってない?)

日本はゴールデンウィークの真っ最中ですね。
こちらはいつもこの時期は入学手続きの真っ最中です。
昨日が初日で、それはそれはお手洗いに行く暇もないくらい
ひっきりなしに保護者が列をなし、入学手続きをしていきました。
いい加減、銀行振り込みでできるようにしたらいいんでしょうが、、、
そのうちするでしょう。

土曜日まで職員総動員で行います。

忙しいので写真なんて撮る暇もありませんので
その辺の写真で、、、

フィリピンは真夏真っ盛りです。


ファイル 179-2.jpg ファイル 179-3.jpg

卒業式

卒業式にはゲストスピーカーを呼んで
卒業生のために話をしてもらいます。

今年は第3回卒業生が小学校のため
第1回卒業生が高校の進級式(中学から高校への移行式)のために
来てくれました。

それも兄弟です。
在校時も優秀でありながら、謙虚な兄弟でした。
そして、今もコツコツと努力しながらお兄さんのほうは
医者に、弟のほうは弁護士になりました。
人のために役に立ちたい、そんな想いから
夢に向かって長い勉学期間をかけて資格をとり
仕事についてがんばっているところです。

ファイル 178-1.jpg     ファイル 178-2.jpg
兄マーク              弟アーノルド

根底には、カリタスの精神。この学校で習ったこと、
努力しながら夢に向かってまっすぐに進むこと、
賞や名誉なんていらない、人々のために役に立つ仕事をすること。
その中心は神様であること、
そんな話を兄弟はそれぞれ話してくれました。
お互い、何を話すか知らなかったようですが
それぞれがカリタスの精神を持ち続けていてくれているのが
とてもうれしかったです。
他の卒業生も同じように社会にいっても持ち続けて欲しいものです。

教職員研修 in Japan

日本での教職員研修も明日帰国です。

聖週間中に宮崎、調布・府中と訪問できて
よかったのではないかと思っています。

草創期の場所めぐり、学校訪問とてんこ盛りでしたが、
シスター達の温かいおもてなしで身も心も満たされたようでした。

宮崎のシスター方、ありがとうございました。

ファイル 177-1.jpeg

ファイル 177-2.jpeg ファイル 177-3.jpeg

ファイル 177-4.jpeg ファイル 177-5.jpeg

教職員研修 in Japan

3月18~30日まで、4名の教職員がカリタスの源泉を求めて
東京・宮崎の支部訪問・見学、そして日本文化を習います。

この実現のために東京・そして宮崎支部のシスター方には
たくさんのご支援をいただいています。
2日目ですが、とにかく胸がいっぱいで
感動しているようです。

この研修旅行が無事に終え、協働者として
学び、分かち合う事ができるよう
お祈りくださいませ。

ファイル 176-1.jpeg

ファイル 176-2.jpeg ファイル 176-3.jpeg

聖体礼拝

本校も明日の感謝のミサをもって2015-2016年度が終了し、
来週から生徒たちは夏休みです。

今晩は感謝の聖体礼拝を夕方5時から7時まで、
自由参加で行いました。

ファイル 175-1.jpg

隣のドンボスコ教会の主任神父さまが聖体顕示、
そして礼拝中、ゆるしの秘蹟を聞いてくださいました。

ファイル 175-2.jpg ファイル 175-3.jpg

100名ほどの小さな集まりでしたが
低学年も高学年も、老いも若きもそろって
このカリタスドンボスコスクールの共同体として
感謝のひと時を過ごすことができました。

ファイル 175-4.jpg ファイル 175-5.jpg

卒業生

今日はエドサ革命の記念日で、今年は30周年ということで
フィリピン全土がお休みとなっています。

ファイル 174-1.jpg ファイル 174-2.jpg

時々ひょこっと韓国グッズを手土産に
一人の卒業生が訪問してきます。

韓国人のスコット君。今、彼はトマス大学の教育学部で
卒業に向けて奮闘しているところです。
今は日本から来る留学生に英語を教えるアルバイトもしているようです。
4月にバンコクで卒業論文の発表をする学生の一人に選出されたといっていました。

いつか本校に教師として戻ってきて欲しいものです。

Page