ようこそ、カトリック聖クララ幼稚園です。

カトリック精神に基づく道徳教育を基礎として、子どもの心身の健全な発達を助長し、幼児の円満な人格を形成します。
 

☆教育理念☆
カトリック精神に基づく道徳教育を基礎として、子どもの心身の健全な発達を助長し、幼児の円満な人格を形成します。


☆教育の特色☆
何事にも、その時がある(聖書のことば・伝道の書 3ー1)
本幼稚園では、ドン・ボスコ教育法を取り入れています。 
19世紀イタリアのトリノで青少年の教育に徹し、生涯を捧げたカトリック司祭ジョバンニ・ボスコにより始められた教育法です。                                            
ドン・ボスコ教育法とは、キリスト教教育の理念に基づく“心の教育”であり、教諭は常に子どもたちと行動を共にし、祈り・親しみ・愛・信頼によって、温かい人間的ふれあいの中で、子どもの健全な意志力を育て、物事を理性をもって判断し、自主的に正しい行動が選択できるよう、教育する方法 です。
  • Don Bosco 《愛するだけでは足りません。
      子どもたちは自分たちが愛されていると
               わからなければなりません。》
                ~ドンボスコのことば~






  • ☆教育方針☆
    本園は学校教育法に則って、幼児の好ましい環境の中で、カトリックの精神に基づいて、幼児の心身の健全な成長を助長し、一人ひとりを大切にしながら、次の教育内容に基づいた保育に努力しています。
    健全な身体を持ち、たくましく活発に行動する子ども
    1.いろいろな遊びを通して、自分の身体を十分に動かす楽しさを知り, 体育、技能、安全で保健衛生の習慣を身に付け、身体の諸機能の発達を助長します。

    自主的に正しい行動が選択できる強い心をもつ子ども
    2.モンテッソーリ活動(お仕事)での自由選択活動は、暖かい家庭的な雰囲気で保育の場をとおして、自分で考え、行動できるようになります。

    失敗を恐れず、根気強く最後までやりぬく子ども
    3.知育、体育、音楽、造形などいろいろな表現を工夫し、努力する中で、喜びや悔しさ、感動を知り、何事も諦めない心を養います。

    神さまのお恵みに感謝し、命を大切にする子ども
    4.自然の美しさに触れ、動植物に親しむ中で、感謝の心で祈り、生命の尊さを養います。

    心豊かに思いやりをもち、友だちと仲良く遊べる子ども
    5.先生や友だちとの生活、遊びを通して、愛情や信頼感をもち、社会性を身につけることで、望ましい人間関係や生活習慣を学びます。

     

    施設概要

    名称

    カトリック聖クララ幼稚園

    住所

    〒815-0082
    福岡市南区大楠2-7-10

    TEL. 092-531-5798
    FAX. 092-531-7942

    設置主体

    宗教法人カトリック福岡司教区

    定員

    115名

    費用

    毎月の費用&補助金はこちらをご覧下さい。

    採用情報

    採用情報はこちらをご覧下さい。



    map by Google

    アクセス
    西鉄大牟田線「平尾駅」徒歩7分
    西鉄バス「那ノ川」又は「日赤前」徒歩3分



    沿革

    1957(昭和32)年  6月 付近一帯の著しい発展伴い、大楠小学校が新校区として設立されるほどの状況にありながら、幼児教育施設がなく、地域の要望に応えて、本幼稚園が設立された。
      10月 カトリック聖クララ幼稚園設置認可
    設立者  宗教法人カトリック福岡司教区
    代表者  深堀仙右衛門
    1962(昭和37)年 5月 宮崎カリタス修道女会へ教育、経営が委譲される
    園長  シスター ヴェネランダ谷口ミサエ 就任
    1965(昭和40)年 1月 園舎増築
    1971(昭和46)年 4月 スクールバス利用開始
    1982(昭和57)年 3月 創立25周年記念誌発行
    1991(平成 3)年 1月 新園舎落成
    1998(平成10)年 2月 時計台設営
    2003(平成15)年   エアコン全園舎完備
    2007(平成19)年 6月 創立50周年記念式典
    2008(平成20)年 1月 創立50周年記念誌発行