エントリー

生命の泉

イエスのカリタス修道女会の初期時代、昭和15年の秋頃から

救護院の子ども達と修道者、志願者が田野の分院で生活していました。

その時恩人が現れました。

それは、田野で生活されていた永田様ご家族。

永田様もM様と共同で資金を出し合って掘った井戸を、ご厚意により

救護院の子ども達と、修道者、志願者たちに使わせてくださった。

これは閉鎖される昭和21年10月まで使わせていただいた。

救護院の子ども達、修道者、志願者の命は、

この水によって生かされたと言っても過言ではない。

まさに「生命の泉」でした。

井戸があったところから、救護院までは少し距離がありましたが、

志願者たちが、つるべで水を汲んで桶に入れ、荷い棒で

毎日運んでいました。その姿を見た方々から「水汲み少女」と呼ばれていたそうです。

この井戸の管理者だった息子様が先日帰天され、通夜及び葬儀に参加し、

感謝の祈りと、永遠の安息、ご遺族のために祈りを捧げました。

20200628-1.jpg 葬儀の様子。

20200628-2.jpg利用させていただいていた井戸の立札の設置作業中。

中央男性が、井戸管理の息子様(帰天された方)。

20200628-3.JPG20200628-4.jpg

「生命の泉」の井戸と、設置された立札。

沢山の方に支えられて、初期時代を乗り越えました。

「神の計らいは限りなく、生涯私はその中に生きる。」

人びととのかかわりの中で私たちは生活します。

頼り頼られながら、毎日を豊かに生活していきたいものです。

 

 

 

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新着エントリー