心の教育

祈りの心
カトリックの教育は、神さまと人々を愛する心にあります。宗教的雰囲気を通して、善悪の判断、感謝の心を育てるとともに、命を尊ぶ温かく豊かな心を持つ子どもへと育んでいきます。
日々の祈り 
登降園時、食事前後、バスの中など、生活の流れの中に祈りの時を持ち、いつも神さまが共にいてくださる喜びを感じます。
人を想う祈り
朝や帰りのお集まりのときに、自分やお友だち、また世界で祈りを必要としている人々を想いながら、思いやりの心を育みます。
園長先生による神さまのお話
毎週月曜日に全園児又は学年ごとに、神さまの教えを通して、全ての人は神様に愛され、一人ひとりかけがいのない存在であることを話します。
ドン・ボスコ教育法について
ドン・ボスコの精神である、信仰(宗教心を育てる教育)理性(自立心を養う教育)愛情(一人ひとりを大切にする教育)の3つの柱を実践する保育を行い、生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児期に必要な保育を展開していきます。
   

モンテッソーリ教育

イタリアの女性医師でもあったマリア・モンテッソーリは子どもの行動を詳細に観察、研究し、「子どもたちは自分を伸ばす力を自分の中に持っている」ことを発見し、それを、一つの教育方法として確立しました。
「全てのこどもが自分を伸ばす力(自己教育力)を持っている」という点から出発します。大人は子どもに何かを教えるのではなく、子どもが活動を通して育つための援助をします。援助とは、子どもが自分を伸ばす活動をしやすい環境を整えることや、子どもを受容し愛することが中心となります。子どもの育ちや人間、あるいは生命そのものについての知見を基礎としています。モンテッソーリの目指すところは、子どもの健やかな育ちを支えることを通して平和な世界を築くことにます。