〈縦割り保育〉


縦割り保育とは、3歳・4歳・5歳児が、一緒のクラスで活動します。模倣期にある幼児期はクラスに年長児がいることによって、お仕事、遊びや日常の生活を通して、やさしさ・いたわり・勇気・憧れ・自信というものが培われていきます。
手をとって一緒に走るという姿も見受けられます。あまり上手に走れなかった子が、お兄ちゃん・お姉ちゃんと走ることによって自信を持ち、年上への憧れと尊敬を持ちます。年長児は、自分より年下の子を気遣うことにより、弱い立場の人への気配りや思いやりの大切さを知ることが出来、互いに無理なく成長できるような、自然社会のあり方を体験し、助けられることと助けることを学びます。

野菜の苗植え


 
モンテッソーリ教育に関しては、専門の教師養成コースで養成を受け、幅のある対応が出来るようにしています。


〈横割り保育〉


同年齢が集まる横割りクラスは、年齢により成長の度合いが異なります。
体育・音楽・製作・英語などの取り組みは、横割りで行うことにより同年齢の刺激を受け成長を促します。

 
英語教室