Entry

クリスマス会

時折みぞれが降る真冬日の今日
クリスマス会が行なわれました!
ファイル 602-2.jpg  ファイル 602-5.jpg
プログラムは
園児代表のはじめのことばと保護者会会長の挨拶に続いて
年長児の英語発表、2歳児クラス、そして年少の遊戯と続きました。
年齢があがるにつれ、成長の段階が見える
カッコよく、かわいいダンスが次々に登場しました。

ファイル 602-1.docx

新調した衣装も登場し
緞帳が開くと「わあ~かわい~いね」とママたちの笑顔
教職員のご家族も総動員でご協力くださいましたよ!
ファイル 602-3.jpg ファイル 602-4.jpg

会場は、プログラムごとに最前列に特別席が設けられ
保護者の皆さんの
場所交替のマナーがよく守られていることに感銘を受けました。

年中の遊戯、年長の降誕劇はさらに
見ごたえのある発表でした。
何より、子ども達の表情とはりきり度はマックスで
エネルギッシュでした。

続きを紹介しましょう!

クリスマス会 №2

年中男児ダンスは
まるでYOSACOIさせぼ祭りならぬ
YOSACOI聖母祭りと命名したくなるような
エネルギッシュなステージでしたね!
ファイル 603-1.jpg ファイル 603-2.jpg
躍動感に溢れ、掛け声も、ポーズも
潜竜が滝まで昇っていくようでしたよ。

年中女児は現代和装で登場!!
この季節に浴衣の衣装を用意くださった
ママやおばあちゃん方ありがとうございました。
ファイル 603-3.jpg ファイル 603-4.jpg
普段のはじけた様子からは想像できない位に
緊張している子ども達に、年中児の発達の特性をみるようでした。
ファイル 603-5.jpg
おすましして、かつ、みんなの動作がピッタリ揃っていて
隊形移動もあり、見ごたえのある発表でしたよ。

クリスマス会 №3

15分の休憩の後
いよいよ本日のメインとなる
年長組と全園児によるクリスマス降誕劇のはじまり!!
劇中の第1部
「6歳の誕生日のイエスの物語」
普段からあいさつがとても上手な、おさない頃のイエス君。
ファイル 604-1.jpg
「おとうさん、ただいまー!」元気なセリフが、今も耳に残っていますね!

劇中の第2部
「クリスマスの物語」はキャンドルサービスからスタートしました。
ファイル 604-2.jpg ファイル 604-3.jpg
年長担当の教職員と星役の女児がろうそくを捧げました。
ファイル 604-4.jpg
会場となったホールに
待降節の第3主日のアドベントクランツが整いました。
会の始まりの園長の話しの中にこのアドベントクランツの紹介があり、
外的な装飾の準備と
一人ひとりの心の中にあたたかい場所を用意する内的準備の両方を
4週間をかけて準備していくという習慣を知る機会になりましたね。

インフル休園のお友達の分も頑張り、みんなで協力できました。
ファイル 604-5.jpg
「みんながお友達をおもいやり、
台詞のきっかけをささやいてあげる声に感動しました」と。

劇はさらに続きます!

クリスマス会 №4

ファイル 605-3.jpg

降誕劇の中盤から後半の様子

牛やひつじなど神様に選ばれた動物たちが
しっかりいつも側に寄り添ってくれていましたね!
ファイル 605-1.jpg

やどや、ひつじかい、ひつじたち、天使、ほし、博士など
どの役の子ども達も、自分の台詞だけでなく
お友達の分も覚え、歌を歌い、年長児がみんなで助け合った
降誕劇を演じている様子を眺め
ママたちは、「気づかない間に成長しているなあ」と
嬉しそうに、笑顔で見てくださっていましたよ。
ファイル 605-2.docx

おねえさんになったことを感じさせてくれる
天使たちのダンスはステキな歌詞で毎年、感動しますね。

ファイル 605-4.jpg
11:30にミサを終え、12:00にかけつけてくださった嘉松神父様は、
「ポインセチア」のまつわるメキシコの少年のお話をしてくださいました。
プレゼントするものがなかった少年の涙のしずくから
ポインセチアが芽を出し、イエスさまにプレゼントできました。
私たちのものは、実はみんな神様から頂いたものです!というお話でしたね。

ファイル 605-5.jpg
年少のひつじ、年中のフィナーレでの歌、
潜竜聖母幼稚園のみんなで練習してきたクリスマス会でした。

来週20日の招待会で、もう一度披露しましょう!
終業日頃には、サンタさんも潜竜聖母の近くに到着するようですよ。
フォークダンスをして、みんなでサンタさんを楽しみに待ちましょう。
そして、24日、25日にはクリスマスミサにも、どうぞいらしてください。