エントリー

2013年06月の記事は以下のとおりです。

夢の実現<自転車編>

 みなさん、先日わたくしたちは、I.Mさんの自転車の乗りっぷり上達を記念して、一ッ葉浜へ行って参りましたーー!まだ遊泳禁止の看板が出ていましたが、遊ぶのはOKでしたから、沢山遊んで帰りました。気持ち良かったですよ!
 次回は、短大生のお姉さんたちと時間を合わせて、レクレーションしに来ると張り切る中学生でした。そのころは、泳げるといいですね。
ファイル 24-1.jpg ファイル 24-2.jpg

ファイル 24-3.jpg

新田原教会司牧

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpgファイル 23-3.jpgファイル 23-4.jpg

 6月22日、23日に新田原教会へ行ってきました。杉原神父様、信徒の皆さんに温かく迎えられ、美味しい果物も沢山頂きました。
 ミサの後は、教会学校でカテケージスを行い、共に祈り、そして沢山遊びました。久しぶりに会った去年のC.S.S参加者は、背も伸びていてお姉さんになっていて、ちょっとビックリでしたが、また、夏のC.S.Sで会う約束をしました。
 

2013C.S.SパートⅡin宮崎

ファイル 22-1.pdf

 7月13~15日に宮崎修学志願院で行われるC.S.SパートⅡは、6月23日をもって受付を締め切らせて頂きました。定員20名を少しだけオーバーするという喜ばしい受け付け状況となりましたが、これ以上は家とお布団の数からいって無理ということで、お断りさせて頂きました。申し訳ありません!!
 募集のためにご協力頂きました教会の神父様、信徒の皆様、そして姉妹の皆様、本当にありがとうございました。これから本格的な準備に入りますが、“参加者が祈りや学習、ゲームなどを通して、神様の愛を深く体感できますように”また、“神様から与えられた役割を発見し、世の光として力強くその愛を証しして生きていけますように”どうぞ、お祈りと励ましを宜しくお願い致します。

谷山教会司牧

ファイル 21-1.jpgファイル 21-2.jpgファイル 21-3.jpgファイル 21-4.jpgファイル 21-5.jpg

 6月8日(土)に鹿児島の谷山教会へ行ってきました。志願生のM.Aさんの出身教会です。昨年のYCCで出会ったブラザードミンゴや、ブラザーヴィクトルさん、そして中高生との嬉しい再会が待っていました。また、主任神父様の福崎神父様が直々にこの日の為に、子どもたちの送迎をして下さり、お陰で子どもたちと楽しいひと時を過ごすことができました。谷山教会のシスターやブラザーの楽しくて、分かりやすいカテケージスに私たちも「罪とゆるし」について深く学ぶことができました。
 おやつに志願院のSr.Mが作ってくれたロールケーキをみんなで頂き、その後、沢山遊びました。夏のC.S.Sに谷山教会の子どもたちを誘い、約束をしてお別れしました。
 いつもニコニコ優しい福崎神父様、ブラザー、シスター方、そして教会学校のスタッフの皆さんありがとうございました。あんまり楽しくて、準備していった手話つきの歌を歌うのを忘れてしまいましたが、また、いつか短大生も連れて行きたいと思いますので、その時はどうぞよろしくお願い足します。感謝のうちに!!

植松教会へ司牧に行ってきました。

ファイル 20-1.jpgファイル 20-2.jpgファイル 20-3.jpgファイル 20-4.jpgファイル 20-5.jpg

 5月26、27日と2日間カトリック植松教会へ司牧へ行ってきました。お隣の大村修道院に泊めて頂き、大変楽しいひと時を過ごさせて頂いた。
 朝の4時に志願院を出て8時半には教会へ着いた。準備をしているうちに9時過ぎから少しずつ教会学校のために子どもたちが集まりだした。昨年のC.S.S参加者との再会を喜び、9時半には教頭先生(校長先生は“イエスさま”だそうです)の紙崎神父様のお話で教会学校がスタートした。とても楽しくて、しかも分かりやすく神様の愛について話して下さった。
 全体学習では「たいせつなきみ」のP.P.を通して神様から愛されている事を知り、グループ学習では、大切にされている自分の存在を絵や文章で表す作業を行った。
 そして、待ちに待ったゲームの時間。本当はもっと沢山子どもたちと遊びたかったのだが、時間があまりなかったので、2つのゲームに絞った。賞品はシスター山田の「愛してるよ」の熱い抱擁である…。一瞬みんな「ええー!」とひいたが、ゲームを開始すると大興奮し、賞品にもまんざらではない子どもたちだった。
 最後に志願生の歌を聞き、祈って解散にしようとしたところ、「ちょっと待った!!」と、紙崎神父様の登場。「みんなは神様に愛されてるね。神父様も君たちをアイスてます。愛す=アイス。」と仰る。みんなの顔がパッと輝き、その後は大爆笑だった。美味しいアイスを頂き、お土産のお菓子を片手に、「また来てねーー!」と元気よく挨拶し子どもたちは帰って行った。
 午後は、植松教会の永田さんが、大村巡礼地へ案内して下さり、学びの機会を頂いた。大村の信仰を脈々と受け継ぐ子どもたち。強くたくましく育ってほしい。

韓国の4名の姉妹の誓願50周年を祝って!

ファイル 19-1.jpgファイル 19-2.jpgファイル 19-3.jpgファイル 19-4.jpg

 韓国から4名のシスター方が誓願50周年を記念して、創立の地、宮崎へいらっしゃった。志願生もお祝いに参加させて頂き、韓国のシスター方に歌と踊りを披露した。久々の「アラッ?シー」の登場に場内が沸いた。手拍子に気持ちは「ノリノリ!」キレの良いダンスを披露してくれた。今回デビューを果たさなかったI.Mさんは、カメラマンとして活躍!こちらもかなり嬉しそう。
 その後、韓国のシスター方も素敵な歌をこちらもノリノリで披露して下さった。「かわいいですね!」と志願生と愛情たっぷりの握手を交わすシスター達。その歩みにしっかり続いていきますよ!

新志願生受け入れ式

ファイル 18-1.jpgファイル 18-2.jpgファイル 18-3.jpgファイル 18-4.jpg

 6月1日(土)聖心の月の初日に、宮崎修学志願院で恵美神父様司式のミサ並びに志願生の受け入れ式が行われた。志願院へ入院してから2か月が経つI.Mさん。ミサでは立派に聖書朗読をした。細い声だが、通るまっすぐな声で読み上げた。シラ書51節で、ちょうど知恵について書かれてあり、参列者は、彼女が知恵の賜物で満たされるようにと聴きながら祈りを捧げた。
 恵美神父様が説教で、ご自分の神学生時代にチマッティ神父様からいかに愛されたか、そして当時の神学生たちがいかに、その愛に応えてキリストに深く結ばれていったかを話して下さった。「召命を大切にして下さい。」と拳を握って、何度も訴える神父様の熱心な言葉が心に響いた。
 受け入れ式では、新しく志願生の制服に身を包んだI.Mさんは、しっかりと決意文を読み上げ、共同祈願では家族のために素敵な祈りを捧げた。どの志願生もそうだが、彼女たちは家族を大切にし、いつも祈っている。I.Mさんの家族はイエスのカリタス修道女会の家族にもなった。これからは信仰の絆に結ばれた家族として、共にI.Mさんの成長を見守っていきたい。
 ちょうど韓国から4名の姉妹の誓願50周年のお祝いが、隣の宮崎修道院であったので、志願生も招待され、そこで管区長さまにお会いすることができた。管区長様もI.Mさんの存在をとてもお喜びでした。

志願院聖母祭

ファイル 17-1.jpgファイル 17-2.jpgファイル 17-3.jpgファイル 17-4.jpgファイル 17-5.jpg

聖母月の最終日に、志願院で聖母祭を行いました。1か月間頂いた恵みを感謝して、院内のマリア像を、ロザリオを唱えながら訪問していきました。祈りの環境が美しく変化していく中、部屋に一歩足を踏み入れた志願生が、「おおー!きれい。祈りの気持ちが湧いてきますねー。」と喜びの声をあげました。日常生活と祝祭日の変化を目に見える形ではっきりわかるように環境設定するのは、少々骨のおれる作業ではありますが、豊かな感受性がみについてくれればと、ワクワクしながら楽しんでいます。カリタス会の創立当初からの良い伝統を、しっかり志願生が受け継いでいってくれたら嬉しいです。
 「フランシスコ教皇様のため」「本会と教会に召命の恵みが豊かに与えられるためと、志願生のため」「病気や貧困で苦しんでいる方々のため」「東日本大震災の被災者と早期復興のため」「本会の長上SRアポリナリス志村と、日本管区長SRモニカ川端のご健康とご意向のため」という5つの意向でロザリオで祈り、マリア様に歌を捧げました。
 明日からは、本会の愛するイエスの聖心の月がスタートします。新しい霊的花束が楽しみです。

ネクタイ結び

ファイル 16-1.jpgファイル 16-2.jpg

志願生の制服にはネクタイがある。受け入れ式を前に、先輩から結び方を教わってる1年生。とても分かりやすく親切に教えていました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

2013年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

Feed