エントリー

2013年09月の記事は以下のとおりです。

奄美へ召命司牧へ行ってきました。

9月28日から29日まで、秋休みの短大生と共に奄美へ召命司牧へ行ってきました。
2日間でしたが、内容は盛りだくさんでした。

ファイル 38-1.jpg
まず、白百合の寮のシスター小瀬良と芦花部教会の教会学校へお邪魔しました。
子どもたちは、とても人懐こく直ぐにうちとけて、神様のお話をしたり
ゲームそして遊びました。
ファイル 38-2.jpg
教会の信徒の皆さんも、家族のようにとても温かく迎えて下さり、
お料理もとても美味しかったです。

笠利教会へも行って、ミサ後に、歌を聞いて頂きました。
曲名は「花は咲く」と「いのちの歌」です。
ファイル 38-3.jpg

浦上教会へも行きました。
ファイル 38-4.jpg

日曜日は、ちょうど奄美小学校の運動会だったので、
CSSパートⅡでお友達になったYちゃんとも再会しました。
お父さん、お母さんもとても素敵な方たちでした。
小学校の運動会、件地区の運動会という感じで、とても楽しかったです。
ファイル 38-5.jpg

その他、イエスのカリタス修道女会の先輩シスター方の実家へお邪魔して
御両親と楽しいお話をしたり、島唄を聞かせて頂いたり、
我が家にいるように、くつろげました。
「あなたたちの誓願式には行くから、がんばりなさい!」とのお言葉も頂き、
励みになりました。

移動が激しい2日間でしたが、多くの方々に出会い、その温かな愛情に触れ、
沢山元気を頂きました。教会の神父様、信徒の皆様
そして、白百合の寮のシスター方、平田修道院のシスター方
お世話になりました。ありがとうございました。

本会の保護の聖人ヴィンセンシオ・ア・パウロの記念日にアカデミア

 9月27日は、本会の保護の聖人「ヴィンセンシオ・ア・パウロ」のお祝いをしました。
志願院では毎年、伝統的に小さなアカデミアを行っていて、祈りと共に、劇をしたりゲームをしたり、共同体の家庭的雰囲気の中で楽しく過ごしています。
 今年はMさんが劇の台本制作デビューをし、短大生に助けてもらいながら、とても良いものを準備してくれました。婦人Aとしてシスターも衣装をつけて登場して、ヴィンセンシオ・ア・パウロの生涯について学びました。
ファイル 37-1.jpg ファイル 37-2.jpg
 その後は、楽しいゲームをしました。イエスのカリタス修道女会が活動している15の国の国旗を使ったゲームです。シスターも志願生も交えた2グループで、白熱した戦いがくり広げられました。院長が提示した国旗と一致する国名を、それぞれの陣地から走っいって、百人一首のように鮮やかに獲得するというもの。老いも若きも燃えました!!
ファイル 37-3.jpg ファイル 37-4.jpg
 沢山走って、笑った後は、みんなで仲良くケーキを頂きました。(これもただでは食べれません。ジャンケンで院長にかった順から選べるというもの)院長はジャンケンが強いので、最初の人が美味しく食べ終わった後に、最後の人がやっと食べ始めたという…。サバイバル的要素が入っていた今日のアカデミアでした。
 ファイル 37-5.jpg

植松教会の教会学校の司牧に行ってきました

 9月23日、植松教会の日曜学校に司牧に行ってきました。今年に入って2回目ということもあり、子どもたちとも楽しいひと時を過ごすことが出来ました。今回は「井戸の話」というDVDをもとに、物で溢れた現代社会の中で、心の奥にいらっしゃる神様をどのように大切に生きていくかを学びました。信仰年も残すところわずかとなり、グループ学習やゲームでその理解を深めていきました。
ファイル 36-1.jpg ファイル 36-2.jpg
ファイル 36-3.jpg ファイル 36-4.jpg
 紙崎神父様、大村修道院のシスターがた、教会学校のスタッフの皆さん、大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

志願院の共同時間

ファイル 35-1.jpgファイル 35-2.jpgファイル 35-3.jpgファイル 35-4.jpgファイル 35-5.jpg

 志願院では、家庭的精神を深めるために(?!)金曜日から土曜日の夜8時から8時半まで、共同時間という楽しい時間を過ごしている。
 今日は、夏休みにY.Tさんから頂いた卓上ゲーム「ラミキューブ」をして盛り上がった。ルールは簡単なのだが、数学的頭脳と、「いつ出すの?」「今でしょ!」という決断力、並びに神様により頼む信仰が大いに試されるゲームである。しかしながら、参加人数が最高4人と少な目。ちょっと時間に遅れた担当者はあぶれてしまった。暇なので写真でも撮ってみた。(以下、その時の志願生の会話)
M-黙って、そろった手札を中央プールに出していく。(カチャ、カチャ) 
K-「あーっ!!またMちゃんに“ひげのおじさん”が来てる!なんでMちゃんばっかりくるの!!Mちゃん、なんか細工してるでしょ?!」(悔しさのあまり、あらぬ疑いをかけるK)
S-「細工してるのは、Mちゃんじゃなくて、神様よ!日頃の行いってやつ??」
A-「もうそろそろ出さなきゃヤバイですよね。」(揃った手札をプールに出していく)
S-隣で沈黙のうちに神様に熱烈な祈りを捧げる≪神様、わたしに“ひげのおじさん”を下さい≫(その夜、彼女に”ひげのおじさん”は訪れなかった…)
 

※注)“ひげのおじさん”とは、ジョーカーの役目を果たす手札。因みにこれが手元に来 ると、かなり嬉しい!

※みなさん、お勧めで楽しい卓上ゲームがありましたら、教えて下さい。勿論プレゼント して頂けるととても嬉しいです。お待ちしていまーす!

シリアと中東、世界平和のための祈り

ファイル 34-1.jpgファイル 34-2.jpg

 昨晩19時から20時まで、「シリアと中東、世界平和のために」教皇様や世界中の人々と心を合わせて祈りを捧げた。
 前もって作成しておいた「教皇様のメッセージ」と「シリア内線と難民キャンプ」のP.Pを観て、何のために、また誰のために祈るのかを明確にした。
 そうして捧げたロザリオと聖体礼拝で志願生もシスターたちも、一日も早くシリアと中東に平和な暮らしが訪れるように、また軍事介入から世界にもたらされる脅威の回避のために心をこめて祈ることができた。
 参加した中学1年生のMさんは、初めて長時間続けて祈る体験をした。
 「最後の方は、沈黙だったし、背中も痛くなったけど、シリアで子どもたちも犠牲になってるから頑張ろうと思って、しっかり祈れた。よかった。」と、晴れ晴れとした表情で話してくれた。よくがんばった!!
 日本では60余年保ってきた平和という宝がある。私たちのこの宝は、多くの方々の犠牲のうえに成り立ってきた。その犠牲は、日本人だけではなく、日本が侵略して奪ってしまった多くの命、そしてその土地の文化も含まれていると思う。だからこそ、私たちは今一度、「平和」がもたらず恵みとその意義を深く考え、この宝を次の世代に、しっかりと託す責任があると思う。今の私たちの決断は過去と未来に、そして世界に強く結ばれていることを、しっかりと自覚したい。

“サヨナラ夏休み”大会

ファイル 33-1.jpgファイル 33-2.jpgファイル 33-3.jpgファイル 33-4.jpgファイル 33-5.jpg

 9月1日、夏休みを終えて帰院した志願生と共に「サヨナラ夏休み大会」を行った。
東京志願院から支部体験で各地を訪問している院長シスター、志願生のフップさんとホアイさんをお迎えして賑やかに行われた。
 しかしながら、一日シトシト雨が続いた怪しい空模様…。「どうする?室内で焼肉にする?」と話し合うシスター達。しかし、信仰の篤い院長の「外でやりましょう!!」の一声でバーベキューセットを戸外に設置。さあ、いよいよ肉を焼き始めようと構えているところに雨がポツッ、ポツッーーー。気のせいだと思いたかった。暫く頑張ってみた…。が、やはり軒下に撤退!
 行動範囲は狭まったが、味に問題はなく、肉と野菜を次々たいらげていった。デザートにはSr.B特性の特大パフェ(別府修道院から頂いたアイスクリーム3段スペシャル!!)を頂きお腹も心も満たされました。(別府修道院のシスター方ありがとうございました)
 大満足の後には、花火大会!神様が雨をStopさせて下さり、ギャーギャー言いながら、楽しいひと時を過ごしました。この花火もいろんな方々から頂きました。中でも「飛行機花火」は盛り上がりました。ありがとうございました。本当に志願生は幸せです。
 檍中学校は2学期制で、夏休み明けにいきなりテストで幕開けです…。もうそろそろ帰宅時間。どんな表情で戻ってくるかな??今の自分でBestを尽くすこと。小さい事の積み重ねが3月の彼女たちの成長に確実に繋がっていく。
 「小さなことにも大きな愛を込めて」日々の生活の中で、イエス様と出会うキラキラした瞬間を彼女たちが発見できるよう、共にゆっくり歩んでいこうと思う。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

2013年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

Feed