Entry

お別れ遠足、誕生会

ファイル 184-1.jpgファイル 184-2.jpgファイル 184-3.jpgファイル 184-4.jpgファイル 184-5.docx

2月はお別れ遠足に、近場ですが出かけてきました。
好天に恵まれ、身体いっぱいにいい空気を入れてきました。
霊名日、誕生日も祝い、共同体の喜びに満たされた一日と
なりました。
志願生は間近に迫っているゴッツファミリー祭の練習に日々
励んでいます。皆さんと楽しい感謝のひと時を過ごしたいと
思いますので、是非、足をお運びください。
お待ちしています!

節分 豆まき

ファイル 183-1.jpgファイル 183-2.jpgファイル 183-3.jpgファイル 183-4.jpg

節分を迎え、土の中や木々の枝には春の兆しが見え始めています。
今日はカリタスの年中行事となっている豆まきの日でもあります。
暗闇の中で痛いほどに降ってくる豆などを、ゲットします。
参加できなかった志願生のためにと袋を置いて、われ先にと集めて
いる姿も・・・。終わってみると袋の中にはちゃんと豆が入っていた!
神ってる福の神。こっそりと豆を拾っている鬼もいました。
心の鬼を追いだして、聖霊を心に入れましょう!!

ドン・ボスコ祝日

ファイル 182-1.jpgファイル 182-2.jpgファイル 182-3.jpgファイル 182-4.jpgファイル 182-5.jpg

「わたしたちは家族」というサレジオ会のストレンナから
サレジアンファミリーについて学びました。
大きな共同体から、小さな共同体に至るまで、それぞれが
サレジオ精神をもって社会と教会のなかで働いています。
ドン・ボスコが最初の会員たちに言った言葉を、ミサの中で
神父様が分かち合って下さいました。
「これから愛を始めよう」だったそうです。
私たちもカリタスを生きることによって、サレジアンファミリーの
一員として全ての家庭に奉仕するものでありたいと思います。

CSSアフター in新田原

ファイル 181-1.jpgファイル 181-2.jpgファイル 181-3.jpgファイル 181-4.jpgファイル 181-5.jpg

今回、新田原教会の主任神父様・信徒の皆様のご理解、新田原修道院の
シスター方の全面的なサポートにより、会場を快く提供していただいて
CSSアフターを行う事が出来ました。参加者は数名でしたが、一人ひ
とりが神様の呼びかけを強く意識している子ども達です。カテケージス
では「12歳のイエス様」の場面から、父である神様の声を聞き、語らう
場を自分の中に持つ事の大切さを学びました。Sr頭島のお話ではもっと
的を絞って、召命の喜びと神様の恵みのしずくを語っていただきました。
待降節第一主日ミサを共に捧げ、主任神父様の御霊名日祝いの席にも出席
させて頂いて、志願生から「祝福の歌」の典礼舞踊、歌「水を飲ませて下
さい」、参加者全体から歌「平和がはじまる空の下」をプレゼントしました。
スタッフとして参加して下さったSr方の働きも大きかったです。感謝!!
主任神父様の霊名の聖人、聖フランシスコ・ザビエルの「用意はできてい
ます」の心で子ども達も私たちも、召命の芽を育てていけたらと思います。

カヴォリデー「田野巡礼」

ファイル 180-1.jpgファイル 180-2.jpgファイル 180-3.jpgファイル 180-4.jpg

11月20日(日)、朝の7時半から田野までの道のりを、当時を知るシスターの証言をもとに出来るだけ忠実に歩きました。キリストに従いながらただ愛のためだけに黙々と歩いた初期会員たちを想い、その精神を忘れず私たちも日毎御父のいつくしみを世に表していくものとなれるよう道中ロザリオを祈りながら歩きました。
田野に着き、川(当時、洗濯していた所)から急な坂道を最後の力を振り絞って登り切ったところに、田野教会の主任司祭であられるマリオ神父様が待っていて下さいました。心配して早くから私たちの到着を今か今かと待っていて下さったようです。「父親が子どもを迎えるような」「善い羊飼いが見失った羊をやっと見つけたような」神父様の喜ぶ姿に、御父のあわれみ深い愛を感じることができました。きっとカヴォリ神父様がその場にいらしたら、「やっと、着きましたか!ヴェネヴェネ!がんばって歩きましたね!ヴェネヴェネ!」と一緒に喜んで下さったのではないかと思います。
その後、2台の車でおにぎりを持って駆けつけてくれた共同体の姉妹たちと共に田野教会で祈りと賛美の歌を捧げました。お昼は初期の会員の犠牲と苦労を体感するために、おにぎりと漬物だけでしたが、それが4時間半を歩いたあとの身体にしみてとても美味しかったです。私たちの到着を待ちわびて、おやつと美味しいお茶を準備して下さったマリオ神父様と永田さんに心からの感謝を表すために、「隠された宝」の歌をプレゼントし、カヴォリデーを終了致しました。
神に感謝!

松の寮慰問

ファイル 179-1.jpgファイル 179-2.jpgファイル 179-3.jpgファイル 179-4.jpgファイル 179-5.jpg

文化の日に松の寮に慰問に行って参りました。
クイズ、演歌、秋のメドレー、ダンスで、笑っている間に
約束の時間がきてしまい、あっという間に楽しい30分が
過ぎてしまいました。
来年の再会を握手で約束しながら、お別れしました。
実は松の寮とは100メートルしか離れていませんので、時々
おじいさん、おばあさんと会う事はできます。ミサも一緒に
与っています!

ミカン狩りに行きました

ファイル 178-1.jpgファイル 178-2.jpgファイル 178-3.jpgファイル 178-4.jpg

文化の日に、綾にミカン狩りに行きました。
山の斜面の沢山のミカンが私たち歓迎してくれました。
もう今年はこれで風邪をひかないことでしょう。
帰りに見つけたコスモス畑が満開でした!

水を飲ませて下さい

ファイル 177-1.jpgファイル 177-2.jpgファイル 177-3.jpgファイル 177-4.jpgファイル 177-5.jpg

11月5日(土)、カトリック都城教会で福者レオ税所七右衛門を記念して
「オルガンと歌のコンサート」が行なわました。SrE前田のオルガン演奏、
永野朱美さんの歌に聖堂一杯の観客はとても感動しました。志願生も賛助出演
として「水をのませてください」と「隠された宝」を歌わせていただきました。
初めてのコンサート出演に緊張しながらも、会場のあたたかい雰囲気に少しずつ
声も出るようになり最後まで歌いきることができました。ありがとうございました!
サマリアの女の人にいつくしみをかけられたイエス様を思い、いつしみの特別聖年
の終わりにあたって、聞いて下さった方々の心にいのちの泉がわき出ますようにと
祈りながら歌いました。

召命司牧 奄美大島編

ファイル 176-1.jpgファイル 176-2.jpgファイル 176-3.jpgファイル 176-4.jpgファイル 176-5.jpg

9月24・25日に召命司牧で奄美大島へ出かけました。
あたたかい歓迎を受け、子どもたちとも出会う事が出来、
神父様・信徒の方々とも交流を深めることができました。
笠利修道院、平田修道院,名瀬修道院のシスター方が日々
宣教に励んでおられる様子を目の当たりにし、志願生も
大いに励まされました。奄美大島の教会を訪れると出身の
シスター方の写真があり、沢山の召命を頂いている奄美大島
から新たな召命の芽が芽生える事を祈りつつ、これからも
繋がっていきたいと思いました。

中学校体育大会

ファイル 175-1.jpgファイル 175-2.jpgファイル 175-3.jpgファイル 175-4.jpgファイル 175-5.jpg

台風が近づいているにも拘わらず、天気に恵まれ、
体育大会が開催されました。中学生の元気に、台風も
押され気味?神様のお守りを感謝します!

高校の体育祭

ファイル 174-1.jpgファイル 174-2.jpgファイル 174-3.jpgファイル 174-4.jpgファイル 174-5.jpg

台風に悩まされつつも無事に開催された体育祭。
逞しさとしなやかさを培っています!

秋の訪れ

ファイル 173-1.jpgファイル 173-2.jpgファイル 173-3.jpgファイル 173-4.jpgファイル 173-5.jpg

志願院のまわりにもようやく秋の気配が漂ってきました。
今年も沢山の花をつけてくれたノボタン。
守護の天使の足元に咲いて季節を知らせてくれる彼岸花。
どこまでも澄み渡った秋空に伸びるからしの木とひまわり、
カヴォリ神父様のセンダンの木。
若い召命も大きく成長しますように!

9月の霊名日・誕生日祝い

ファイル 172-1.jpgファイル 172-2.jpgファイル 172-3.jpgファイル 172-4.jpgファイル 172-5.jpg

志願生にとっては、今年度に入って最初の誕生会。
霊名日のシスターを囲んで一緒にお祝いしました。
ケーキには10?本のローソクが並び、より強い光となっていました。
この光をまわりの人々に輝かせていけるように、感謝のうちに皆で
祝福を祈りました!

CSSin宮崎 「いっしょに歩こう イエスと共に」②

ファイル 171-1.jpgファイル 171-2.jpgファイル 171-3.jpgファイル 171-4.jpgファイル 171-5.jpg

2日目はカリタスの聖堂でシスター方と一緒にミサに参加して、
流れるプールへ。オリエンテーリングでは仲間と助け合って、
問題を解いていきました。足あとのカードに決意を書き、発表
して光の集いでお捧げしました。砂浜の岸辺から復活のイエス
様に向かっていく足あとができました。
3日目は感謝のミサをささげ、再会を約束して帰路に着きました。
いつも一緒に歩き、手を取って支え導いて下さるイエス様を身近
に感じる事の出来た今回の集いでした!感謝!

CSSin宮崎 「いっしょに歩こう イエスと共に」①

ファイル 170-1.jpgファイル 170-2.jpgファイル 170-3.jpgファイル 170-4.jpgファイル 170-5.jpg

カリタスサマースクールin宮崎が7月23~25日に行なわれ、
九州、山口の6県から21名が参加しました。シスターと歌おう
のコーナーではSrエリザベット前田をゲストに迎え、召命の
証と素晴らしいピアノ伴奏を聴き、歌い、一同感激でした。
カテケージスでは「見失った羊」を読み深め、一匹に対する
牧者イエス様のあわれみ深い愛を分かち合いました。歓迎会
では志願生の歌、ダンスに続き、班対抗ドンボスコかるた大会
でいい汗をかき一気に打ち解けた様子でした。

南スーダンの平和を祈るノヴェナ

ファイル 169-1.jpgファイル 169-2.jpgファイル 169-3.jpgファイル 169-4.jpg

南スーダンの平和を祈るノヴェナ(九日間の祈り)を
過ごしています。現地ではイエスのカリタスシスターズ
6名が日々使徒職に励んでいます。シスター方の安全と
使徒職に関わる子どもたちや南スーダンのすべての人々
の平和を祈ります。

教会学校植松教会

ファイル 168-1.jpgファイル 168-2.jpgファイル 168-3.jpgファイル 168-4.jpgファイル 168-5.jpg

6月11日(土)、大村の植松教会の教会学校カテケージスに出かけました。
30数名の子どもたちが集まってくれ、いつくしみの特別聖年にあたって、
一緒に神様の愛について学ぶことができ良かったと思います。
「ありがとう」の反対語について考え、日々が恵みの奇跡の連続であることに
気付く事が出来ました。志願生はそれぞれ分担して役割を果たし、ありがとう
の無言劇で親切送りを子どもたちに分かり易く表現しました。子ども達の中から
CSSにたくさん参加してくれたら嬉しいです!待っています!

「心からの感謝を」 韓国50周年シスター方歓迎!

ファイル 167-1.jpgファイル 167-2.jpgファイル 167-3.jpgファイル 167-4.jpgファイル 167-5.jpg

イエスのみ心の祭日に、誓願50周年を迎えられた韓国7のシスター方を
お迎えし、共にお祝いする事ができました。旅のお疲れも見せることなく
にこやかに語りかけて下さり、言葉は通じなくてもカリタスは一つだとい
う事を感じ取ることができました。志願生にも50年の誓願の賜物を分かち
合っていただき、イエスのみ心の業に感謝しました!

院内聖母行列

ファイル 166-1.jpgファイル 166-2.jpgファイル 166-3.jpgファイル 166-4.jpgファイル 166-5.jpg

5月31日聖母訪問の祝日に、志願院内輪の聖母行列を行い、聖母月のお恵みを感謝しました。
1週間前に行なわれたカリタスの園の聖母行列には負けますが心では負けまいと一人一つの
聖母像を担当して飾付けをしました。思ったより難しく時間もかかりましたが、マリア様と
お話しながら飾っていきました。マリア様が何だか微笑んで下さっているように見えました。
マリア様、いつもお守り下さりありがとうございます!

野津ルルド巡礼(5月8日)

ファイル 165-1.jpgファイル 165-2.jpgファイル 165-3.jpgファイル 165-4.jpgファイル 165-5.jpg

野津ルルド巡礼、「マリアと共に歩む」に参加しました。
大分カルメル司祭の家に前泊して、免償についての
カテケーシスを受け、翌日、早朝より25キロの道のり
に挑戦しました。それぞれの意向をもってロザリオを
祈りながら、搬送車からの声掛けにはげまされつつ、ひた
すら歩きました。苦しくてもマリア様が一緒に歩いて下さ
っていることを感じ、また共に目的地に向かって歩む仲間
との繋がりが深まりました。ルルド祭では赦しの秘跡も受け
ミサに与って全免償を頂き、いつくしみの特別聖年の恵みに
満たされた一日となりました!

Page

Utility

Calendar

< 2017.8 >
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
- - - - - - -

Entry Search