エントリー

2018年03月の記事は以下のとおりです。

3.11 お祈りしています。

  • 2018/03/11 12:36

写真は昨年12月のものですが、
今日も同じ気持ちでお祈りしています。
ファイル 659-1.jpg ファイル 659-2.jpg

追悼のため
今も困難の中におられる方々
新しい生活をされている方々
そして、
その方々を見守っておられる方々
ボランティアの方々
みなさんの上に
必要な力とお恵みがありますように。

“主に捧げる24時間”の礼拝

今日はこちらの修道院でも
朝のミサの後聖体礼拝が行われています。
それは教皇フランシスコの以下のお勧めによるものです。
ファイル 658-1.jpg
「今年も、恵み深い機会として“主にささげる24時間”
という取り組みを行います。その際には、聖体礼拝において
ゆるしの秘跡を受けることが望まれます」
ファイル 658-2.jpg
教皇様は私たちに呼びかけています。
「この世に不正がはびこっていることに心を痛め、
人々の心と行いを麻痺させる冷淡さに懸念を抱き、
共通の人間家族の一員であるという
意識が弱まっていると感じているなら、
わたしたちと一緒に神に祈り、ともに断食し、
兄弟姉妹を助けるために自分にできることを行いましょう」 と

今日、世界中で捧げられるこの祈りの輪に
ひとりでも多くの人が加わって
みんなで一日をお捧げできますように。

スモールクワイアの公開練習

3月の公開練習は
特に今月17日目黒教会で歌い曲の練習でした。
最初はいつものように 呼吸法の練習。
ファイル 657-1.jpg
息だけの練習は柔軟に軽くできるのですが
歌い始めると体のあちらこちらが固ってしまいます。
息の練習の時の体の状態を覚えておいて
歌った曲は以下の5曲
ファイル 657-2.jpg
ひとり分の足あと
光の道へ
回心の祈り
土の器
いのち

どの曲も息を感じて歌えば、皆で響き合う歌になったと思います。
よく歌えば本人にはあまり聴こえないようですが……。
最後の「いのち」はここに参加している一人ひとりのいのちのお恵みに感謝し、この曲を通して出会った方々 
特に東日本大震災で被害に遭われた方々のことを思い出して
特別な心で歌い今日の練習を終了しました。

スモールクワイアの録音

今夜はいつもお世話になっている
N氏に来ていただいて
歌の録音をしました。
ファイル 656-2.jpg
今日はピアノの伴奏の3曲

「ひとり分の足あと」 Sr.古木作曲

「土の器」 詞・曲 田中留美子

「どんな時もあなたを」 Sr.谷口作曲のものです。

いつも歌っている場所でいつものメンバーですが
録音となると緊張します。
ファイル 656-4.jpg
ファイル 656-3.jpg
いつもすてきな伴奏を弾いてくれるシスターと
ひとりひとり力を合わせ、声を合わせ、祈りながら歌いました。
じっくり時間をかけてCDの作成をしています。
ご協力くださいましたN氏
そして神様に感謝いたします。

初ミサへようこそ!

ロビーで再び紹介をしてくださいました。
ファイル 655-1.jpg
埼玉、東京、大阪、長崎大司教区から集まってくださいましたが
同期の神父様方がこのように仲良く、楽しそうに集まっているお姿を
拝見し、私たちもうれしくなりました。
このような姿をみて、もっと司祭職を志す人が増えることを
心から 心から願っています。
ファイル 655-2.jpg
いろいろお話をしていると意外と知り合いがいて
うれしい、なつかしい出会いがありました。
ファイル 655-3.jpg
ファイル 655-4.jpg
ファイル 655-5.jpg
私たちは神の子、教会の子、いろいろなご縁でつながり
助け合いながら共に歩んでいきたいですね。

初ミサへようこそ!

今朝のミサは4人の新司祭(昨年叙階されあ)の初ミサでした。
こちらの聖堂で4人の新司祭のミサはおそらく初めて。
ファイル 654-2.jpg
早朝から元気よくミサの司式をしてくださりました。
お説教では、地元の教会で、お祈りや叱咤激励により、
力強く(過ぎるほど)背中を押してくださった
シスターのお話を楽しく伺い、私たちの使命を再確認致しました。
ファイル 654-4.jpg
ファイル 654-1.jpg
ミサの中で日本の教会に司祭叙階のお恵みを
与えてくださったことを感謝し、
これからも後に続く人が与えられるように
祈らなければならないと感じました。
ファイル 654-3.jpg
聖歌はスモールクワイアが担当し、
神父様方のこれからの歩みを支えてくださるように願い
「主よここに私が」「神をたたえよう」などを歌いました。
ファイル 654-5.jpg
ミサの後はロビーで歓迎のごあいさつ。

うれしいおくりもの

こちらにはイエスのカリタス友の会の事務局があるのですが
うれしい、こころのこもった送りものが、2通届きました。
ファイル 653-1.jpg
どちらとも使用済み切手が同封されていました。
お一人の方は丁寧にそろえて入れてくださり、
もう一つの大きな袋にはいろいろな切手がたくさん入っていました。

「教育が受けられない子供達を助けるために使ってください」
とていねいな文章と文字でお手紙をそえてくださってました。

小学校の授業で世界で教育が受けられない子供たちがいることを知り
みなさんで使用済み切手を集めてくださったそうです。

心が温かくなる、元気がでるうれしいおくりものです。

ちょうど先日聞いた 
ブラジルの学費を払うことが困難な子供たちのため、
そして、南スーダンの子どもたちのためにも
使用できます。

今日の2つのおくりもののみなさん、そしてこれまでも
使用済み切手を送ってくださる皆さん
本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

いってらっしゃいませ!

本日は 早朝
短い間でしたが滞在してくださっていた
わたしたちの総長が
次の訪問地 韓国に向かって出発致しました。
ファイル 652-1.jpg
昨晩は総長がこの1月に作曲した
「ひとり分の足あと」を一緒にい歌いました。

今度スモールクワイアで録音しようと思っているので
曲の歌い方についても直接アドバイスを頂きました。

3月9日のスモールの公開練習の時にも歌う予定です。
朝はまだ暗かったので月も一緒に見送ってました。
ファイル 652-2.jpg

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

2018年03月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed