トップ -> 社会事業 -> 聖ヨゼフ寮 -> このページ

生活
ホームでは2人部屋、生活の豊かさと相互交流を図る場として、一部隣室2部屋4人のために茶の間を別に設けています。できるだけ一人ひとりの希望にそう処遇ができるよう努力しています。お互いに譲り合い、助け合い、喜びも悲しみも分かち合えるよう、お互いの対話が自由にできるよう計らっています。

日常
食事は専門の栄養士、調理員によってお年寄りの皆さんに適した献立に従って用意される。入浴は冬期週に数回、夏期は毎日入浴できます。 必要に応じて、食事、洗面、入浴、排泄の介助などを行い、清潔で健康的な生活が保障されています。

 
時 間 聖ヨゼフ寮における一日の生活
06:00 起床・洗面・更衣
07:00 礼拝・朝の祈り (希望者のみ)
07:45 朝食・掃除・自由
09:00 バイタルチェック・ラジオ体操
09:30 一般浴と特浴 隔日に
火・水・木・土 クラブ活動
12:00 昼食
13:00 診察(毎週火曜日)
14:30 おやつ
15:00 手芸クラブ (自由に)  レクリエーション
17:00 夕の祈り (自由参加)
17:45 夕食・自由 (テレビ視聴)
21:00 消灯

毎朝希望者は礼拝に参加します。その他の方は自室で各自の宗教で祈りをささげます。その意向は、病気の同僚のためや家族のためです。また、利用者各自が毎朝新しい気持ちでスタートするためです。夜は一日を感謝して祈ります。

高齢者となり、今社会に貢献できることは、このように若者も含めて他者のためお祈りできることと誇りを持って生きておられる姿を見て、同じ人間として責任を感じています。

ミニ・アルバム
 
                          カレンダー作り
 

社会福祉法人カリタスの園トップページへGO
宮崎カリタス修道女会日本管区