エントリー

カテゴリー「まなざし」の検索結果は以下のとおりです。

聖堂工事状況 9月版

宮崎のカリタスの園内で進められている聖堂工事の状況をお伝え致します。

9月の状況は、主に屋根への工事が進められました。

20200902.JPG20200918-1.JPG20200918-2.JPG20200918-4.JPG

木枠でかたどっていたところへ、

多くの職人さんによりコンクリートが塗り固められました。

その作業の雰囲気は、とても手早くあーっという間といえるほど

魔法のように進んでいきました。

20200919.JPG20200921.JPG20200924-1.JPG20200924-2.JPG

その後屋根の上部に明かり取り部分が作られている雰囲気です。

20200925.JPG20200928-1.JPG20200928-2.JPG20200929-4.JPG

聖堂の外観が現れてきているようで、大きいなぁ~と感動しています。

現在も天候に恵まれ、工事工程が予定通り進められております。

世界は新型コロナウィルス感染症の猛威を振るっており、

日本全国でも心配があります。

世界の平和と、私たち一人一人が地球を大切にする心を持ち直して、

これからの日々を過ごしていきたいと思います。

11月に入りかなり寒さを感じるようになります。体に気を付けて過ごしましょう。

 

聖堂工事状況 7月版

暑中お見舞い申し上げます。

毎日暑い日々が続いております。

新型コロナ感染状況も増加の一途を進んでいます。

カリタスの園内の聖堂工事の状況についてお写真でご報告いたします。

4月から着工した工事もかなり進んでおります。

基礎工事も完了し、躯体工事に入っている様子です。

0701-1.JPG0701-2.JPG0702-1.JPG

0702-2.JPG0703-1.JPG0706-1.JPG

足場が組み立てられ、見る見るうちに進んでいきました。

0706-2.JPG0709-2.JPG0710-2.JPG

0712-2.JPG0716.JPG0729.JPG

全体的に防音シートが張り巡らされました。

0731-1.JPG0731-8.JPG

1日をかけてコンクリートが流し込まれました。
0731-2.JPG0731-3.JPG0731-4.JPG

天気に恵まれ、きれいなコンクリートの表面が現れました。

暑さの厳しい状況で、工事に携わってくださる方々の健康を祈ります。

世界の平和と、新型コロナウィルスの1日も早い終息を願ってやみません。

3名の方の改葬

7月15日に、シスターマリア長船にかかわりのある3名の方々の改葬を行いました。

人吉教会の墓地に収めれていた、長船孝道(長男)、長船ミシ(母)を

別府「紅葉寮」の納骨堂に改葬。

長船シオ(姉)は、1964年1月15日に紅葉寮へ入所し、1972年1月11日に死去。

別府「紅葉寮」の納骨堂へ。

昨年12月、宮崎カトリック墓地にカリタスの園専用の納骨堂が建立されたので、

これを機に上記の3名を改葬して納骨完了しました。

墓地の雰囲気をお写真でお伝えいたします。

20200720-1.JPG

墓地入り口。

20200720-2.JPG

通路左手に、私達の先輩方が眠る一画があります。

20200720-3.JPG

中央に祭壇。ミサも年に2度捧げられます。

20200720-4.JPG20200720-5.JPG

カリタスの園の納骨堂。 その中に3名が改葬されました。

カリタスの園に近い墓地です。

祈りをささげに行くことが可能になります。

多くの方の永遠の安息を願って祈りを捧げ続けます。

 

 

生命の泉

イエスのカリタス修道女会の初期時代、昭和15年の秋頃から

救護院の子ども達と修道者、志願者が田野の分院で生活していました。

その時恩人が現れました。

それは、田野で生活されていた永田様ご家族。

永田様もM様と共同で資金を出し合って掘った井戸を、ご厚意により

救護院の子ども達と、修道者、志願者たちに使わせてくださった。

これは閉鎖される昭和21年10月まで使わせていただいた。

救護院の子ども達、修道者、志願者の命は、

この水によって生かされたと言っても過言ではない。

まさに「生命の泉」でした。

井戸があったところから、救護院までは少し距離がありましたが、

志願者たちが、つるべで水を汲んで桶に入れ、荷い棒で

毎日運んでいました。その姿を見た方々から「水汲み少女」と呼ばれていたそうです。

この井戸の管理者だった息子様が先日帰天され、通夜及び葬儀に参加し、

感謝の祈りと、永遠の安息、ご遺族のために祈りを捧げました。

20200628-1.jpg 葬儀の様子。

20200628-2.jpg利用させていただいていた井戸の立札の設置作業中。

中央男性が、井戸管理の息子様(帰天された方)。

20200628-3.JPG20200628-4.jpg

「生命の泉」の井戸と、設置された立札。

沢山の方に支えられて、初期時代を乗り越えました。

「神の計らいは限りなく、生涯私はその中に生きる。」

人びととのかかわりの中で私たちは生活します。

頼り頼られながら、毎日を豊かに生活していきたいものです。

 

 

 

修道院での聖母行列

来る5月24日に宮崎修道院では、夕方聖母行列を行いました。

聖堂から始まって、食堂へ、その後外のマリア様の前で祈りを捧げました。

20200524-1.JPG20200524-2.JPG

20200524-3.JPG20200524-4.JPG20200524-6.JPG

20200524-5.JPG

ロザリオを手にし、祈りを捧げながら、歌とともに行列しました。

短い時間ではありましたが、

新型コロナ感染症で苦しむ人々、それを支える医療従事者と家族、

教皇様の意向、各自の意向に合わせて祈りをささげたひと時でした。

ブログを始めました

こんにちは

宮崎修道院です。

1937年に宮崎の地で始まった修道会の第1号の修道院です。

カリタスの園の内に3つの修道院がありましたが、2011年に統合され、

現在の修道院から、乳児院、児童養護施設、老人施設、教会へと派遣され、

日々の生活を、祈りと活動とともに励んでおります。

どうぞよろしくお願いします。

2011-1.JPG2011-2.JPG2011-3.JPG2011-4.JPG

2011-5.JPG

  • 1

ユーティリティ

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新着エントリー