トップ -> 社会事業 -> 聖ヨゼフ寮 -> このページ

ホームご利用の案内
  65歳以上の方で、環境上の理由及び経済的な理由により、居宅において生活することが困難な方が入所されるが、 要介護状態になった方は介護保険サービスを利用できる。
 老人ホームの費用については、本人及び扶養義務者の収入によって一部負担があり、この確定は市町村高齢者福祉課で行われます。

  お申し込みは、居住地の高齢者福祉課で受け付けます。

当寮の所在地窓口・・・甲府市役所他、県内市町村の高齢者福祉課
TEL 055-237-1161

費用は・・・
生活費は国と県の公費によってまかなわれております。家庭の収入に応じて、一部個人負担をお願いすることもあります。


敬老のお祝いに小百合の寮の子供たちが来寮。
交流の時間でした。




ふれあいデーのひとコマ


日帰り温泉にて御馳走



苦情申し出窓口を設置しております。
■■■◇ 養護老人ホーム 聖ヨゼフ寮では、利用者からの苦情に適切に対処する体制を整えております。

これは社会福祉法第82条の規定によるものです。利用者の立場になって苦情解決にあたることは、より良い運営のためだけではなく、一人一人の心のためにもとても重要なことです。困ったり悩んでいることがあれば、[1]苦情受付担当者、[2]苦情解決責任者、[3]苦情解決第三者委員にご連絡ください。
各担当者の電話番号は聖ヨゼフ寮(055-252-8955)でご確認ください。

苦情受付担当者 苦情解決責任者 苦情解決第三者委員(委嘱期間)
山田 信代
田中 巳紀
山口 ツトエ 間部 光忠  (H30.3.31)
数野 喜一  (H30.3.31)


苦情の受付
■■■◇ 苦情受付ボックスに投函していただくのが一番容易かもしれません。

苦情は、聖ヨゼフ寮の玄関前に設置してある苦情受付ボックスに投函していただくのが一番容易かもしれません。
もちろん面接・電話・書面などによっても、担当者が随時受け付けております。また、苦情解決第三者委員に直接苦情を申し出ていただくことも出来ます。本ページではそれぞれの担当者を簡単に、受付担当者(苦情受付担当者)、責任者(苦情解決責任者)、第三者委員(苦情解決第三者委員)と記すことにします。



苦情の受付の報告と確認
■■■◇ 寄せられた苦情に対して・・・・

寄せられた苦情に対して、受付担当者は責任者と第三者委員(苦情申し出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告します。第三者委員は内容を確認して、苦情申し出人に対して、報告を受けた旨を通知します。



苦情解決のための話し合い
■■■◇ 責任者は、苦情申し出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。

責任者は、苦情申し出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申し出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。尚、第三者委員立会いによる話し合いは、次のように行われます。

 第三者委員による苦情内容の確認
    第三者委員による解決案の調整・助言  
                話し合いの結果や改善事項の確認



平成29年度の苦情受付
■■■◇ プライバシーの保護に抵触しない範囲で苦情件数と内容を開示ています。

苦情内容

対応内容

「カラオケ中に、間違えて同じ曲を入れてしまった事に、「さっきと同じ曲じゃん」と周りの方から言われ、わざとしたことじゃないことに注意されたような気がして、少し嫌な気持ちになった。」

訴えがあったことを職員に伝え、フォローしていくようにお願いした。

「食堂の席を替えてもらいたい。O氏が色々言ってきてうるさくてかなわない。この間言い返したら喧嘩になり、「うるさい。バカ」と言われた。職員には聞こえないように言うだよ。食後のお皿を重ねる時等に色々言ってくる。」

食事の席を替えて様子を見ることにした。

「いつも朝食の時に周りはお味噌汁をお代わりしているのに、自分の所は見てもくれない。駄目ならその理由をきちんと説明してくれればわかるのに、何も言ってくれない。」とおっしゃって来られた。「無視や差別されているようで辛かった。。」とも話されていた。

糖尿病があるのでカロリーを計算して食事を提供していることを説明した。職員に状況を確認したところ、入所された頃に説明してあったので、毎回は説明していないとの返答であった。忘れてしまうこともあるので、その都度説明するようにしますとのことであった。その事を本人にも伝えた。

息子さんが面会に来られたが、放送が聞こえず、会うことができなかった。自分は施設内に居たのに何できちんと伝えてくれなかったのかと、激怒されていた。

普段あまり使っていない3階の談話室でテレビをご覧になられており、放送が聞こえなかったようであった。職員に放送があった時はナースコールできちんと本人に伝えていくようにし、面会人と会えたかを確認するようお話した。今後、同じ事が起こらないようにするための対応をお話したところ、ご自分も3階の談話室でテレビをご覧になる時は、職員に伝えておくようにするとのことであった。




社会福祉法人カリタスの園トップページへGO
イエスのカリタス修道女会日本管区