小百合の寮とはミッション施設概要フレンドホーム子どもショートステイ事業創立の由来苦情解決職員採用

ようこそ 小百合の寮です。

小百合の寮とは
児童福祉法に基づき、様々な事情のために家庭で生活できない2歳~18歳(場合に
よっては20歳まで)の児童をお預かりし、カトリックの精神とドン・ボスコ教育法に
基づき、ボーイズタウンコモンセンス・ペアレンティング(R)の手法を用いて、家庭
的な雰囲気での養護と自立支援を行っている児童養護施設です。
 

Vision

小百合の寮は、アントニオ・カヴォリ神父の意思を受け継ぎ、キリストの“生命をささげるほどの愛”を模範として、一人ひとりが大切にされ、癒され、互いに支えあいながら成長していく家庭です。
安心できる環境の中で子どもたちは、自分の生命の尊さに目覚め、自分らしく生きる希望を見出し、どんな時も前向きな生き方を学んでいきます。
地域との密接なかかわりの中で、全ての人が協力し、お互いの存在を認め合いながら、積極的に未来に向かって共に歩んでいきます。

MIssion

児童のミッション
  • 幸せを与えるために、いっぱい愛を受けて優しい人になろう。
  • たった一人の私だから、自分を大切にして、今を精一杯生きよう。
  • 嫌なこともあれば苦しい事もある。だから助け合ったり教えあったりして、いつも笑っていよう。
  • みんなで励ましあって、人にも動物にも優しくして、楽しい思い出をつくろう。
  • 職員のミッション
    目指す姿 ~笑顔と思いやりのアシステンツァ~
  • 子どもに寄り添い共に歩みながら“今”の必要に応えていきます
  • 行動指針
  • 子どもたちが夢や希望を持ち続けていくように、忍耐強く支えていきます。
  • 子どもたちが大切にされ、愛されていることを実感できるように、ひとりひとりと真剣に向き合います。
  • 子どもたちとの信頼関係を深めるため、日々、努めます。
  • 子どもたちが様々な体験をする中で失敗をも受け止め、自信につながるよう援助します。
  • 職員同士の相互理解のうちに信頼関係を築き、一貫した支援を目指します。
  • 子どもの話にじっくり耳を傾け、自分を素直に表現できるような環境をつくり、自立を助けます。
  • 子どもたちが人生のよりどころとして、いつでも帰ってくることのできるふるさとづくりを目指します。
  • 地域の資源として活用してもらえる施設、また誰もが訪問しやすい施設を目指します。


  • 施設概要

    事業種別

    児童福祉法による児童養護施設

    施設名

    カリタスの園 小百合の寮

    住所

    〒167-0021
    東京都杉並区井草4丁目19番28号

    Tel.  03(3394)2451
    Fax. 03(3394)2453

    経営主体

    社会福祉法人カリタスの園

    児童定員

    55名 + 6名(地域小規模児童養護施設)

    設立年月日

    1954年7月15日

    職員構成

    総主任1 事務員3 
    管理栄養士1 調理師2(2)
    心理療法士1 治療指導員(2)
    児童精神科医(1)
    家庭支援専門相談員1
    自立支援担当職員1
    嘱託医(産業医兼務)1
    児童指導員8(4)
    保育士 20(3)  ※(非常勤)

    財務諸表

    平成29年度財務諸表を開示しています

    建物

    鉄筋コンクリート造陸屋根3階建
    1階:560.74平方m
    2階:534.70平方m
    3階:508.66平方m

    採用情報 採用情報はこちらをご覧下さい。



    map by Google
    最寄駅
    西武新宿線井荻駅




    フレンドホーム

     

    フレンドホームとしてご協力くださる方を募集しています。小百合の寮までお電話ください。
    児童養護施設にお預かりしている子どもを、夏休み・冬休みや日曜、祝日等、学校がお休みの期間に、ご都合の良い数日間お預かりいただくのが「フレンドホーム」です。
    お預かりいただく子どもは、都内や近県の児童養護施設で生活している、おおむね4歳~12歳の子どもです。


    フレンドホームの条件

    1

    都内にお住まいの、複数の家族構成(20歳以上が2人以上)のご家庭であって、申込者の年齢が25歳以上65歳未満までの健康な方。

    2

    家族の皆さんが児童の福祉に熱意と愛情があり、フレンドホームの期間中養育に専念できる方がいる事。

    3

    児童を預かることで家庭に支障が起きないこと。

    4

    お預かりいただく子どもの施設まで送迎ができること。
    その他詳しくは、お問い合せください。
    東京都福祉局子ども家庭部育成課     03-5320-4135



    子どもショートステイ事業

    杉並区在住の2歳から12歳までのお子さんを、保護者が病気や出産などで一時的に養育することが困難になった場合、7日間を限度としてお預かりしています。(杉並区よりの委託事業)

    保護の要件
      1. 保護者が次の場合等に該当します。
      2. 疾病・事故等により入院・加療を要する場合
      3. 出産する場合
      4. 家族の疾病により、その介護に従事する場合

    対象児童

    杉並区在住の2歳から12歳までの児童

    期間

    原則として7日間

    保護の内容

    1. 食事その他身のまわりの世話
    2. 学習指導

    当日の持ち物

    1. 健康保険証、母子手帳、医療証
    2. 大切にしているもの 1~2点(人形等安心できるもの)

    定員

    5名

    自己負担金

    食事代・雑費等に相当する額
    1日1人あたり2,150円(生活保護世帯・非課税世帯は免除)

    申し込み先

    杉並区子ども家庭支援センター(杉並区阿佐谷南1-14-8)
    TEL  5929-1901 ゆうライン(相談窓口]専用)
    月~土曜日の9:00~19:00

    創立の由来

    ● カリタスの園について ●
     この法人は昭和25年7月31日に財団法人カリタスの園として法人設立認可され昭和27年5月30日社会福祉法人として組織変更した。

     事業開始は、昭和7年12月18日創立者アントニオ・カヴォリ師によって宮崎市に養老院を設立、戦時中のきびしいなかにも乳児より老人の総合の経営を続け、現在全国各地に乳児院養護施設、 養護老人ホーム、保育所を設置経営している。

     法人名「カリタス」(原語はラテン語で「愛」の意味caritas)の語は、創立者故アントニオ・カヴォリ師が宣教師として派遣される際、サレジオ会総長のはなむけのことば として「人々の心に入り込むための唯一の手段は、愛徳である」に由来し、同師はこれを生涯にわたって生活と行動の支えとした。

     創立者の死後、イエスのカリタス修道女会会員がその遺志を継いでいる。




    1954/0/15 児童福祉法による養護施設として認可される
    定員20名(対象児童幼児のみ)
    1956/6/30 定員変更34名
    1958/8/29 定員変更50名
    1962/9/1 乳児院つぼみの寮より分離
    1971/10/1 国庫補助金による全面改築
    1972/4/1 新築落成により定員60名
    1972/5/30 皇太子殿下、美智子妃殿下ご来訪
    1993/4/1 男児小学生の受け入れを開始する
    杉並区子どもショートステイ事業開始
    2001/4/1 男児中学生の受け入れを開始する
    2006/4/1 グループホーム(カリタスの家)開設
    定員変更本体施設55名 地域小規模施設6名
    2011/12/1 大規模シフォーム・耐震補強・一部増築工事開始
    2013/4/30 工事完成(ユニット化)
    2013/11/1 現施設長 橋口 暁子 就任
    2014/4/1 東京都専門機能強化型施設実施
    2018/4/1 グループホーム(ひまわりの家」開設
    定員変更本体施設49名 地域小規模施設12名
       


     


    苦情解決

    苦情申し出窓口

    苦情申し出窓口を設置しております。
    ■■■◇ 小百合の寮では、利用者からの苦情に適切に対処する体制を整えております。

    これは社会福祉法第82条の規定によるものです。利用者の立場になって苦情解決にあたることは、より良い運営のためだけではなく、一人一人の心のためにもとても重要なことです。困ったり悩んでいることがあれば、[1]苦情受付担当者、[2]苦情解決責任者、[3]苦情解決第三者委員にご連絡ください。
    各担当者の電話番号は小百合の寮(03-3394-2451)でご確認ください。

    苦情受付担当者 苦情解決責任者 苦情解決第三者委員(委嘱期間間)
    鍋内 美香
    宮川 妙子
    橋口 暁子 西原 雄次郎 (H31.3.1)
    迎 美保 (H31.3.1)


    苦情の受付
    ■■■◇ 苦情受付ボックスに投函していただくのが一番容易かもしれません。

    苦情は、小百合の寮の玄関前に設置してある苦情受付ボックスに投函していただくのが一番容易かもしれません。
    もちろん面接・電話・書面などによっても、担当者が随時受け付けております。また、苦情解決第三者委員に直接苦情を申し出ていただくことも出来ます。本ページではそれぞれの担当者を簡単に、受付担当者(苦情受付担当者)、責任者(苦情解決責任者)、第三者委員(苦情解決第三者委員)と記すことにします。



    苦情の受付の報告と確認
    ■■■◇ 寄せられた苦情に対して・・・・

    寄せられた苦情に対して、受付担当者は苦情解決責任者と第三者委員(苦情申し出人が第三者委員への報告を否定した場合を除く)に報告します。第三者委員は内容を確認して、苦情申し出人に対して、報告を受けた旨を通知します。



    苦情解決のための話し合い
    ■■■◇ 苦情解決責任者は、苦情申し出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。

    責任者は、苦情申し出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申し出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。尚、第三者委員立会いによる話し合いは、次のように行われます。

     第三者委員による苦情内容の確認
    第三者委員による解決案の調整・助言  
                話し合いの結果や改善事項の確認



    平成29年度の苦情受付
    ■■■◇ プライバシーの保護に抵触しない範囲で苦情件数と内容を開示しています。

    苦情内容

    対応内容

    5月 中学生男児より、友達と食事をするためのお小遣を出してもらえないという訴え

    出してもらえない理由を担当職員に確認し状況を把握する。職員1人では判断できない案件だったためユニット内職員複数で相談して本児に伝えることになっていることがわかる。そのことを本児に説明し結果を待ってもらうことになった。

     

     

    5月 中学生女児より、同室の他児から恋愛話しを聞かされることを拒否したいができずにいるということを聞いてほしい訴え

    状況や本児の想いを傾聴し、恋愛話を聴きたくない時にどう対応するか本児と考え、いくつかの提案を行動に移すことを勧める。

     

     

    5月 中学生女児より、職員が自分の話しを真剣に考えてくれないとの訴え

    申し出人の話し・想いを傾聴・共感し、希望していることにつながるよう専門職員につなげる。

     

     

    5月 小学生女児より、ドッジボール大会に出たくないことを担当に伝えてほしいという希望

    ドッジボール大会や練習に対する申し出人の想いを聴き、担当職員に参加したくない希望を代理で伝える。

     

     

    5月 小学生女児より、月1回相談を受けに来られている竹下先生とご飯を食べたいという希望

    次月の竹下先生が来寮する際に昼食を応接室で個別に食べられるよう設定する。

     

     

    5月 小学生女児より、第三者委員の迎先生に話を聴いてもらいたい。

    7月16日行事に参加される予定があり、その際に迎先生と話ができるよう設定する。

     

     

    6月 中学生男児より、サンドバッグを部屋に欲しいという希望

    申し出人が所属するユニット職員に検討を依頼し、イライラした時に殴るのではなく、別の解消法を模索し、サンドバックは部屋に置かないことで対応する。本児に検討結果を伝え受けとめてもらう。

     

     

    6月 中学生女児より、別のユニットに行きたいという希望

    申し出人の希望を傾聴し、所属するユニット職員とも共有しユニット移動の検討時期を伝える。7月に急きょ検討必要な事案が発生し、希望するユニットに移動できた。

     

     

    6月 中学生女児より、園庭でテニスがしたいとの希望

    申し出人の希望を学童職員全体で共有し、園庭の使い方について検討を依頼する。硬いボールとスピードが出るテニスの利用は狭い園庭では危険性が高く、ソフトテニスであれば可能だと確認し伝える。

     

     

    6月 中学生女児より、特定の職員に差別されていると感じることの訴え

    申し出人の訴え内容を傾聴し、感じている想いに共感する。今月予定している施設長と職員との個別面談で申し出人が感じていることを伝え、改善してもらえるよう指導する。

     

     

    6月 匿名より、ハラスメントについての意見を文書で訴え(専用の窓口を知りたい・自分の体験を知ってもらいたい・職員全体にアンケートを取って調査を希望・文書の取扱い方法を指定)

    申し出人が希望する文書の取扱いに注意しながら「パワーハラスメントに関するアンケート」を職員全体に実施し、集計内容を全職員で共有し、施設として今後の改善取組を検討する。

     

     

    6月 複数の女児より、職員の言動3点についての不満の訴えと話し合いの希望

    申し出人の訴えや希望を傾聴し、そのことに関する他職員の証言も聞き情報を整理して施設長に対応依頼する。該当する職員と施設長が個別面談後申し出人等と施設長、該当職員で三者面談し、相互の気持ちを伝えあい解決に導く。

     

     

    6月 小学生男児より、別の施設に行きたいという希望

    申し出人が希望する理由をユニット担当職員に確認し、申し出人に理由となった事象に対する解決策を提案し、ユニット責任者と共有して理由となったことに関しては解決する。家に帰りたい、電話したいという希望もあることが分かり、児童相談所とのやり取り途中であったため状況を申し出人に専門職から伝えていくことになる。

     

     

    6月 小学生男児より、ユニット内の高齢児の部屋に連れて行かれるのが嫌だとの意見

    ユニット担当職員に話しを聞いてもらいたいとの意向があり、該当職員が対応する。ユニット内で共有し申し出人が嫌な思いをしないよう支援していくことを確認する。

     

     

    7月 匿名より、「もう少し子どもの事を考えてほしい」と言う意見

    意見の内容を職員で共有し、具体的に考えられる内容について意見を募集し、出た内容を職員会議で共有する。職員会議において、参加職員でKJ法にまとめ、それを基に内部研修で取り上げ外部スーパーバイザー指導のもと、支援について振り返り考える機会を持った。

     

     

    7月 6名の小中学生女児より、自分たちのユニットに戻りたくない。6人で生活したいという希望

    申し出人等の話しを傾聴し、意見を尊重して地域交流室で過ごすことについて約束事を申し出人等と話し合い特別に許可する。無関係の児童も巻き込み暴力等の言動が収まらず急きょ翌日の会議で女児ユニットを入れ替え対応する。

     

     

    7月 小学生女児より、他女児数名から暴力を受けていること等について話しを聞いてほしいという希望と、母親との交流についての希望

    ユニットの中でイライラすることや嫌な想いをしている状況や気持ちを傾聴する。母親との交流の希望については専門職と共有し、部屋で落ち着けるための人形を貸し出す。ユニットの職員とも共有し、本児を守る努力をしていくことを確認する。

     

     

    10月 小学生女児より、他ユニット男児との手紙のやりとりについて仲介(返事がほしいこと)を希望

    男児とのやりとりについて状況を確認し、希望の詳細を確認する。男児ユニット職員と申し出人承諾の上内容を共有し、職員から男児に話しをしてもらい解決する。

     

     

    1月 小学生女児より、ユニット内他児との関係性でユニット移動を希望する意見

    他児との関係性について感じていることやユニット移動を希望する気持ちを確認する。一時的な希望であったため、困ったことがあった際にはユニット担当職員にも話しができることを伝える。

     

     

    2月 小学生女児より、母親との交流についての心配ごとを相談

    心配な気持ちを傾聴し共感する。交流に関するお知らせができなかったことをお詫びし、今後の予定や児童相談所担当福祉司に調べてもらっていることや結果を知らせてもらえること伝える。

     

     

    2月 小学生女児より、母親宅への外泊を希望する声

    外泊の希望について詳細を確認し、もし外泊が難しい場合の面会希望の詳細についても聴き取り児童相談所担当福祉司に申し出人の意向を伝える。話の中で出て来た他の希望についてもユニット担当職員と共有する。

     

     

    2月 匿名で「職員から無視される」との意見

    3月の職員会議で意見の内容を職員と共有し、無視することが心理的虐待に当たることをマニュアルで確認し注意喚起を行う。

     

     

    3月 中学生男児より、17枚の用紙に職員の対応やユニット内他児に関するもの、食事や防犯カメラ、お小遣、園庭に関する不満

    一つひとつ書いた内容を確認する。時間が経っているものもあり、ほとんど覚えておらず、当時の記録から状況を整理すると「あ~」と思い出す。書いた中で解決していないことを尋ねると「ない」ことがわかり、意見を書くこと自体がイライラを解消する手立てになっていることを良いこととして確認する