エントリー

カテゴリー「修道院より」の検索結果は以下のとおりです。

うれしい初聖体

 1月20日 日曜日

 カトリック佐々教会の主日ミサで

潜竜聖母幼稚園園児3名を含む、

7名の子ども達が初聖体のお恵みを頂きました。

IMG_2836.JPG

「イエスさまをいただく」という

うれしい気持ちが笑顔となって溢れています。

ご両親、ご家族にとっても喜びの日となりました。

 

IMG_2846.JPG

復活のろうそくから取った光で

灯したろうそくをしっかり持ち

「信じます!」と宣言する子ども達の元気な声が聖堂に広がりました。

IMG_2850.JPG  共同祈願のお祈りも力強く唱えました。

 

子ども達のすぐ側まで来られた神父様の

初聖体式のお話はこのようでした。 

『みんなが毎日たべている食べ物は、体の中に入って体をつくります。

たまごを食べて、たまごになる人はいませんね。

さて、これからいただくイエスさまのからだはちがいます!!

イエスさまをいただくと、みんながイエスさまになります。

イエスさまをいただいたら、やさしくできたり、がまんづよくなったりします。

イエスさまがいっしょにいてくださるからです。

このことを意識し、大切にしていきましょう』と、

子ども達と保護者の皆さんに語りかけられました。

 

IMG_2856.JPG

「キリストの御体」「アーメン」

初めてのご聖体拝領は、一人ひとりが食べ終わるのを待ち、

次の子どもへと、大切に配られていきました。

 

IMG_2869.JPG

初聖体をいただいた子どもから、

ご家族といっしょに準備されたという

A4サイズ一面に一生懸命書かれたお手紙がありました。

 神父様やカテキスタ

そして、お祈りしてくださった信徒の皆さんへ

落ち着いて、ていねいに感謝のことばをお伝えすることができました。

 

IMG_2874.JPG

 

今日のミサに、昨年初聖体を受けた先輩や

これから初聖体を準備する幼稚園のお友だちも、お祝いにきてくれましたね。

 

潜竜聖母幼稚園にとっても

佐々小教区にとっても、大きな喜びの日となりました。

これからも、いっしょに学び、

祈り、信仰の道をともに歩んでいきましょうね。

初聖体クラス参観とお話会

今日は、初聖体クラスの参観を行いました。

 

来週初めの日曜日、

『初聖体』のお恵みをいただくカトリック信徒の年長児3名が

10月から始めた毎週木曜日の12:30~13:15までの勉強の様子を

家族の人に見ていただきました。

 IMG_0802.JPGIMG_1039.JPG

 InkedIMG_1049_LI.jpgIMG_1590.JPG

幼稚園の子どもたちが、神さまのことをたのしく学べるよう

『まいごのひつじ』のお話からはじめ工作活動をしながら

良い羊飼いがイエスさまであることを学んでいきました。

 

 IMG_1854.JPGIMG_1847.JPG

 イエスさまとお弟子さんの最後のお食事にならう

『ミサ』について、ミサの用具から覚えて、

祭壇、十字架、カリス、パテナを作り、用具を何に使うのかも学びました。

 ミサについて

知っているいることをふやし

ミサに参加することが少し楽しくなりはじめたようです。

 

IMG_2733.JPG IMG_2741.JPG

参観に続いて、主任神父様から

『初聖体を受ける心』についてお話を聞きました。

子ども達には、例えば・・・のお話をたくさん聞かせてくださり、

子ども達も笑顔でうなずき、理解できたようでした。

 IMG_2748.JPGIMG_2755.JPG

女の子はドレスを試着し、ワクワク感が増したようです。

卒園までクラスは継続していきます。

 

 

潜竜教会 教会学校始業

平成30年度の教会学校が始まりました!
潜竜教会の8:00のミサの後、幼稚園で40分程度行ないます。

ファイル 667-1.jpg ファイル 667-2.jpg
学年ごとの自己紹介の後は、出席カードを使って年間予定を確認しました。

ファイル 667-3.jpg ファイル 667-4.jpg
初回の始業日は合同クラスでしたが、次週から低学年と高学年に分かれて
学びます。毎月、第2日曜日を除く主日ミサ後に行なわれています。


ファイル 667-5.jpg
主日の恵みを携えて出かけると懐かしい出会いが用意されていました。
『遠くから姿が見え、幼稚園の時の先生じゃないかな・・・』
『お世話になった子ども達もそれぞれ成人しました』と。
何十年ぶりの再会に、暫しタイムスリップ★ご多幸をお祈り致します。
『懐かしいあのシスター先生、いったいおいくつなんだろうね?』
という声がきこえたような、ないような・・・。 667-1.jpg<>667-2.jpg<>667-3.jpg<>667-4.jpg<>667-5.jpg

初聖体拝領式

年間第3主日にあたる1月20日と21日の両日
佐々教会と潜竜教会の3回の主日ミサの中で1名、3名、3名と
参加が可能な教会で、めでたく初聖体のお恵みをいただきました!

潜竜聖母幼稚園で6月から勉強をはじめている
8名の子ども達のうちの7名が、先に喜びの日を迎えました。

ファイル 620-1.jpg ファイル 620-2.jpg
式の中で神父様は、
『神様のいのちを頂いた人は
自分と神様とのつながりだけでなく
神様を大切している人同士も大切にし合いましょう!』
と、おしえ諭すように年長児たちに話されました。
ファイル 620-3.jpg
お祈りして頂いたり、ドレスを作っていただいたりと
ご家族と信徒の方々にあたたかく見守って頂きながら
式は粛々と進み、初めて神父様からご聖体をいただきました。

ファイル 620-4.jpg
記念のろうそくは大きく、細工が美しくとてもステキでした!
『このろうそくはお祈りに使うもので、決して
花火のために使いませんよ!』と、くぎをさされていましたね☆

ファイル 620-5.jpg
ミサの終わりには3つの大きな祝福も頂きました。

参列した大人も、幼児洗礼で親が表明した約束を
子ども達がそれぞれの口で表明することの意味を再認識し
それぞれの初聖体の時を想い、感動が溢れてきました!

年中のお友だちもミサに参加して、
一人ひとりに「おめでとう」と伝えましたね。

小学生になって拝領式をするお友だちのため
卒園までのお勉強の中で、お祝いを準備していきましょう。
そして、これからも家族みんなでミサに参加して
げんきいっぱいお祈りしていきましょう。

卒園生の結婚式

梅雨の晴れ間に、めでたく結婚式が行われました。
卒園生の結婚式が行われました。

現在も勤務し、十数年前にも勤務されていたシスター先生の
教え子さんの結婚式ということで
いろんなエピソードを伺うことができました。
ファイル 516-1.jpg
結婚式で朗読を担当されたごきょうだいは
幼い日、ご家族でお祈りに来られていたこの教会で
ロザリオのお祈りの最中に、初めて、トコトコ(((((*´・ω・)と歩いたのだそうです。
今日もしっかりした足取りで朗読台に向かわれました。
ファイル 516-2.jpg
人生の大切な日を、
新しい家族を生き始める日を
幼き日に幼稚園のお友達と祈った教会で
迎えることができる幸いを
彼女が誕生した時から,神様が用意してくださっていたのですね。

末永くお幸せに!!という気持ちを込めて
愛の賛歌を心を込めて歌い、祈りました。

同じ教会の奥の間では、聖書のお話のマルタさんのように
あすの幼稚園の夏まつりのおもてなしのため
おいし~いおまんじゅうを
汗をながしながら、とっても素敵な笑顔で準備して
くださた教会女性部の方々がいらっしゃいます。
みなさん、ありがとうございます。
ファイル 516-3.jpg      
人を喜ばせるために働く方のお顔は輝いています。
やさしい気持ちでつくられたおまんじゅうは
ふっくらとしていて本当に美味しそうですよね。
皆様のお口に入ります前に、試食させていただきました。
おいしい顔はこんな顔です。
教会の方々にこんなに大切にしていただき、しあわせな幼稚園です!!
ファイル 516-4.jpg

夏まつりの準備を終えた教職員は
準備に集まった時間をフル活用し、お泊まり保育の詳細確認です。
ファイル 516-5.jpg

前日準備そして結婚式
いろんな方々との出会いがあり、
神様の家族の大きさを感じる1にちとなりました。


明日はいよいよ夏まつり!!
親子で楽しむヾ(*´∀`*)ノたのしい夏まつりになりますように。
訪れる方々、お一人おひとりにとって
お祈りのある幼稚園っていいな!と感じていただける日となりますように!

洗礼式と初聖体

潜竜教会の8時ミサの中で先礼式と

初聖体式が行われました。

卒園生2名を含む4名の子どもたちがはじめて

ご聖体をいただき感謝の気持ちで潜竜教会共同体の一員となりました。


ファイル 353-1.jpg


ファイル 353-2.jpg


ファイル 353-3.jpg


ファイル 353-4.jpg


ファイル 353-5.jpg

3月の聖書のことば

神はご自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。
男と女に創造された。神は彼らを祝福された。
神は土の塵で人を形つくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。
人はこうして生きるものとなった。
               ー創世記ー


<コメント>
3月から4月自然界はいのちの芽生えの季節です。
長崎の山々は常緑樹ですから年間みどりですが、
それでも4がつ~5月になると新緑がひときわ
輝きます。そこで神様から頂いた‘いのち‘に
ついて考えてみたいと思います。


 創世記を読むとはじめに神様は光、水、大空
(月、星、太陽)海、陸、動植物をつくられました。
生あるものが住める状態にして最後に人間を作られました。
これは人間が神様から最高に愛されているということです。

神様の人間に対する想いは「幸せであってほしい」
「生まれてきてよかった」という気持ちで生きてほしい。
「幸せにしたい」神様のこういう想いの中に、
私たちはいのちをあたえられています。

そして最後に祝福されたとあります。
誰ひとりの例外もなく、人の幸せを願い続けておられる
神様がいつもそば近くにおられます。

私のこの貴い命をまたあらたに見つめ直しこの春を迎えたいものです。

今月の聖書のことば

<2月の聖書のことば>

自分がしてもらいたいと思うことを、人にしてあげなさい
                        マタイ7章12節


<コメント>

☆人からしてもらいたいと思うことは、自分からしてあげなさい。
 
☆困っている時に助けてもらいたいならば、自分から先に手を貸して
 奉仕しなさい。

☆信用されたいのならば、心に抱いている信用を相手に示しなさい。

☆礼儀正しく接してほしいならば、自分の方から人に丁寧に接し、
 相手が喜ぶように気を配りなさい。

☆受けたいと思う好意のすべてをまずあなたが人に対して持ちなさい。

10月の聖書のことば

〝貧しい人は幸いである。神の国はあなた方のものである。”

貧しい人、飢えている人、泣いている人は

私たちから見れば幸いであるとは言い難いですが、

彼らは神の国に強い希望を置いています。

一方、富んでいる人、満腹している人、笑っている人は

不幸であるようには見えません。

しかし、神の国がなかなか見えてこないのです。

なぜなら、満ち足りていると思っている人間は、

希望を持つ手がふさがっているからです。
 

               

♥今月の聖書のことば♥

<9月の聖書のことば>

あなた方に新しい掟を与える。
互いに愛し合いなさい。私があなた方を
愛したように。あなた方も互いに愛し合いなさい。

互いに愛し合うならば、それによってあなた方が
私の弟子であることを皆が知るようになる。
          |ヨハネ13の34~35


~修道院 シスターより~

愛がある所、そこに平和が生じます。
戦後70年の今年、平和について最も論じられ
願い求められていますが、行うことこそ大事です。
イエス・キリストがなさったように、最も近い人から
笑顔で、互を受け入れ合いましょう!!

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

2019年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed