エントリー

2015年12月の記事は以下のとおりです。

1年の感謝のテ・デウム

2015年の最終日である12月31日(木)の夕方、私たちは毎年行っている“テ・デウム”感謝の祈りをサレジオ会の神父様を迎えて行いました。
ファイル 386-1.jpg ファイル 386-2.jpg 
みことばの朗読のあとの説教で、神父様は1年の最後の日には「ゆるし」と「感謝」を意識することが大切であることを強調されました。私たちはこの1年も多くの人に、とりわけ神様にゆるされ、愛されて来ました。

ファイル 386-3.jpg

この祈りの最後に“テ・デウム”
「すべてのものの主神よ、あなたをたたえて歌う。
永遠の父よ世界はあなたをあがめ尊ぶ~

あなたにかけた私の希望はとこしえにゆるがない」
を全員で力強く歌い、1年の終わりに神に感謝をささげました。

ファイル 386-4.jpg ファイル 386-5.jpg
2015年に頂いたすべてのお恵みに心からの感謝をささげます。

メリークリスマス

待ちに待った幼子イエスの誕生の日を迎えました。
本部修道院では24日の晩に多くのお客様をお迎えしてごミサ、クリスマス会をおこないました。ごミサの前にイエスの誕生の日を思い起こす為にスモールクワイアのキャロリングから始まり、小さな劇もしました。
ファイル 385-1.jpgファイル 385-2.jpg
ファイル 385-3.jpg
修道院の庭に毎年クリスマスツリーを飾ります。今日は、そのツリーの下でシスターたち全員で「クリスマスツリーコンサート」を行い、道行く人にクリスマスの聖歌をお届けしました。
ファイル 385-4.jpgファイル 385-5.jpg
わざわざ聞きつけて来て下さった方、通りすがりにツリーの写真を撮っているところをシスターに声を掛けられた方など様々な方々が聞いて下さいました。修道院特製手作りスープもお配りして、体も心も温まるひと時でした。

乳児院のクリスマス会

ファイル 384-1.jpgファイル 384-2.jpg

今日、スモールクワイアは一足早く私たちの修道会の乳児院でのクリスマス会で子供たちとみなさんのために「君は愛されるために生まれた」「いのち」そしてクリスマスの歌を歌いました。
私たちの目の前のおそらくまだ一歳にになっていないような乳児さんや2歳くらいの幼児さんも聞いてくれていました。
イエス様のお恵みをたくさん受けて元気に幸せに大きくなってほしいと
祈りと願いを込めて歌いました。

カリタスパーティに参加 「東京カリタスの家」

 今日は「東京カリタスの家」で行われたカリタスパーティに参加しました。Am.11:30感謝のミサ 参加された皆さんと共に祈り、歌うことができました。ファイル 383-1.jpg
昼食後は「みんなの部屋」の皆様の歌。素朴で、たのしく、のびのび歌っていて心地よかったです。
 そしてマジックショーでした。お二人が不思議なマジックで参加者のみなさんを釘付けにしてました。シスターも参加。本人は何が起こったっかわからないのですが皆は歓声!というカードのマジックです。ファイル 383-2.jpg ファイル 383-3.jpg

最後は私たちの歌。今日は少ない人数でしたが、いつも欠かさないプログラム“いのち”「生きてほしいかけがえのないあなたのいのちを!!」私たちもいのちを込めて歌いました。
ファイル 383-4.jpg ファイル 383-5.jpg
 今日一日の出会いに感謝します。

クリスマスを迎えるノヴェナ

ファイル 382-1.jpg待降節も第3週目の金曜日です。今度の日曜日には最後の4本目のローソクに火がともります。
 クリスマスつまり12月25日の前に私たちは伝統により、ノヴェナ(9日間の祈り)を行います。すでに16日から始まっているので今日は3日目です。神父様も来られて、教会の祈りを共に唱え、聖体賛美式をいたします。
ファイル 382-2.jpg ファイル 382-3.jpg
「救いの君を喜び迎えよ」とこのノヴェナのこれも伝統的な歌を歌うともうすぐクリスマス・イエスの誕生の日が近づいていることを感じることができます。

ファイル 382-4.jpg神父様は「いつくしみの特別聖年」にあたり、「同じ屋根の下で2人の人が同じ心になる」という慈しみの漢字が表すように、「思い、感じ、そして実行する」ことで神のいつくしみを表すようにとお話ししてくださいました。
 クリスマスに多くの人が心穏やかに過ごす恵みを頂けるよう、神様の愛のしるしであるイエスを待つこのノヴェナの祈りの時を過ごしています。
ファイル 382-5.jpg 
ノヴェナが終わる頃はもうすっかり暗くなっています。

クリスマスチャリティーコンサート 聖セシリア小学校

 神奈川県の聖セシリア小学校父母会主催のクリスマスチャリティコンサートに出演いたしました。小学生とそのご家族や皆さんがきいてくださるということでしたので、子どもも大人も楽しんで頂けるような曲にいたしました。またクリスマスの大切なメッセージである一人ひとりが神様に愛されていること、大切な存在であることを伝えることができるようにと願い、私たちの精一杯と祈りを込めて歌うことができました。
 会場のみなさんが笑顔で励ましてくださったので、よい時間を過ごすことができました。クリスマスの前のコンサートでしたのでクリスマスの日に、思い出してイエス様のお誕生を喜びの心で迎えて頂けると嬉しいです。私たちもこのコンサートに来られた方のためにもお祈りしています。そして、コンサートを企画された方々にも感謝いたします。
スタッフの皆さんと
ファイル 381-1.jpg
練習も頑張っています
ファイル 381-2.jpg
いよいよ本番、緊張してます。
ファイル 381-3.jpg
しずけきまよなかの歌です
ファイル 381-4.jpg
背景は長谷川路可作のフレスコ画だそうです。ファイル 381-5.jpg

いつくしみの特別聖年開始ミサに参加 東京カテドラル

2015年12月8日から2016年11月20日までいつくしみの特別聖年です。
ファイル 380-5.jpg
12月8日は管区本部では誓願式でお祝いでしたのが、その後、東京カテドラル聖マリア大聖堂で15時からのミサに参加することができ、さらに恵みの一日となりました。
ファイル 380-1.jpg
説教の時大司教様は教皇フランシスコの「いつくしみの特別聖年のためのお祈り」について解説してくださいました。
ファイル 380-2.jpg
この特別聖年を通して天の御父のようにいつくしみ深い者となることができますように。そして、「神のいつくしみの聖なる年が、主の恵みに満ちた一年となり、あなたの教会が新たな熱意をもって、貧しい人によい知らせをもたらすことができますように。」ーいつくしみの特別聖年のための祈りー抜粋 
8日は火曜、平日でしたのに大勢の方が参加していましたので、皆さんの特別聖年を始める特別な心構えを感じることができました。
ファイル 380-3.jpg
私たちも祈り、いつくしみの行いに励みたいです。
ファイル 380-4.jpg

終生・初誓願宣立式

  • 2015/12/08 21:03

今日はいつくしみの特別聖年の開幕の日です。ここ管区本部にて、大阪大司教区の前田万葉大司教様の司式により2名の終生誓願、1名の初誓願宣立式が行われました。誓願者のご両親、ご家族をはじめ多くの方のご参列をいただき、カリタス家族は大きな喜びに満たされました。どうぞ、新たな歩みを始めるこの3人のシスターたちが、イエスのみ心の愛の使徒として、人々へ神のいつくしみを伝え、喜びをもって歩み続けることができますよう、どうぞお祈りください。
ファイル 379-1.jpg
ファイル 379-2.jpg
お祝いの席にてケーキカット
ファイル 379-3.jpg
カリタス会の志願者たちです。

修練期受け入れ式

今日のごミサでカリタス会に新しい修練者が5名誕生しました。
彼女たちが、神からいただいた召命の恵を最後まで育んでいくことができるようお祈りください。
ファイル 378-1.jpgファイル 378-2.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

2015年12月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed