エントリー

2019年11月の記事は以下のとおりです。

11月に頂いたお恵みに感謝‼

  • 2019/11/30 22:10

2019年の11月を私たちは忘れることがないでしょう!

フランシスコ教皇様の訪日により、教皇様がめざしている

「すべてのいのちを守る」ことを私たち一人が、

これからの課題としていくことが重要だと思います。

東京ドームのミサの中でも次のように言われました。

「わたしたちは、すべてのいのちを守り、あかしするよう招かれています。知恵と勇気をもって、無償性と思いやり、寛大さとすなおに耳を傾ける姿勢、それらに特徴づけられるあかしです」

“すべてのいのちを守るため”は今回の訪問のテーマでしたから

訪日公式ソングと公式聖歌が作られました。

私たちは東京ドームミサの入祭の歌の公式聖歌の録音や

当日の聖歌隊も他のグループと共に歌うお恵みを頂きました。

公式聖歌を歌う時作曲の神父様から、

初めの「おお主よ」の音は“動物の鳴き声に表される、

地球上のすべてのいのちの叫び”と伺ったとき、

一人一人のいのちのため、と同時に悲鳴をあげる地球のためにも

歌わなければと思って聖歌の練習を始めたことを思い出します。

教皇様は周りの人の心をひとつに導いてくださる方だと思いますが

聖歌隊も集まることは少なかったけれど、

ひとつの心で、本当に協力しあって歌うことができたことを

心から感謝しています。

私たちのHPの12月の歌はクリスマス直前まで

「すべてのいのちを守るため」にいたします。

教皇様の心を振り返り、「すべてのいのちを守るために」

努力することで主の降誕の準備ができるますように!

papa42019.jpg

papa22019.jpg

 papa2019.jpg

 

聖歌隊のリハーサルの様子です。横浜雙葉にお邪魔いたしました。

梅村司教様をはじめ関係の皆さんも見守ってくださいました。

ありがとうございました。

勤労感謝の日

  • 2019/11/23 22:10

今日は勤労感謝の日でした。

だからではないのですが、今日はみなで大掃除を頑張りました。

20191123souji3.jpg

 

20191123souji2.jpg

20191123souji6.jpg

本部修道院の聖堂や講堂などを近くの修道院の皆が集まり

手作りのプリン石けんで磨き、後は何度も拭いて

ワックスをしました。

 20191123souji7.jpg

人の多さと、作業の速さに驚きの声をあげながら、

皆で働く喜びの時間となりました。

20191123souji.jpg

志願者たち、修練者たち、若手のシスターたち(年齢?心意気?)が

最後まで作業を頑張っていました。

20191123souji4.jpg

 

20191123souji5.jpg

雨の中の作業でしたが、これで、誓願式を迎える準備の一つができました。

そしていよいよ今日から教皇様の訪日開始です。

教皇様が無事に日本訪問を終えられますように

お祈りしています。

聖女セシリアと修道会創立者の命日

  • 2019/11/22 09:28

11月22日には聖女セシリアを記念する日です。

聖女セシリアは音楽の保護の聖人とされていますが

それは、聖女が音楽に優れていたということではなく、

伝記の中に「心のうちで神に音楽を奏でていた…」

という記述があるためだそうです。

この絵は聖セシリア教会の近くのサンタマリア㏌トラステベレ教会の

中にある絵です。

2019cecilia.jpg

2019santamariatrastevere.jpg

聖女セシリアは2~3世紀に殉教したとされているので

古い教会にもその絵が描かれていますね。

 

そして、今日は私たちの修道会の創立者である

アントニオ・カヴォリ神父の命日です。

いつの日かこの日が創立者の天国への誕生の日として公に

宣言されてるように私たちはお祈りし、願っています。

ミサの中で創立者のために祈りました。

cavoli2019.jpg

 

ミサの閉祭にはSr.前田作の「海をこえ、時をこえ」を歌い

創立者がイタリアのジェノバから日本へ神様の愛を伝える熱意に燃えて

来たこと、そして私たちもその使命を受け継いでいることを

しっかりと確認することができました。

 

歌の歌詞は次の通りです。

 

海をこえて、時をこえて ジェノバの港旅立った

カヴォリ神父何を求め 40日の船の旅

 

日本に向かう宣教師たち、未来の夢を神に託し

ひたすら祈るカヴォリ神父、旨の鼓動を感じながら

 

神の愛をもたらすために

小さな種を捲いた父よ

私たちに教えてください

教会の心となって生きることを

宣教 それは 父の熱い思い。

cavoli22019.jpg

11月21日 聖マリアの奉献の祝日

  • 2019/11/21 08:55

今日は聖マリアが、幼いころ神殿で奉献されたことを記念する日です。

神様のために生きることを誓った日ともいうことができるのでは

ないでしょうか。

バチカンの聖ペトロ大聖堂の近くに聖アンナの教会があります。

その教会の聖画です。

20191121.jpg

20191121family.jpg

20191121maria2.jpg

20191121maria.jpg

両親と共に祭司の前にたつ小さいマリア様が印象的な絵ですね。

小さなマリア様がとてもかわいらしく、覚悟を決めて神々しいようにも

見えますが、なんだかおちゃめな感じにも思えてほほえましい絵だな~と

感じます。

その前にたつ彫刻は、成長した少女マリア様を思い浮かべることが

できます。

お母さんの聖アンナからどんなお話をお聴きになっているのでしょうか?!

20191121mariaeanna.jpg

11月は死者のために祈る月です

  • 2019/11/17 21:26

死者のために祈る月に、特に“自死された方のために祈る”ミサが

イグナチオ教会教会で捧げられました。

20191116jishi3.jpg

 

20191116jishi2.jpg

スモールクワイアが聖歌を毎年担当させていただいています。

今年は、修練者を中心とした聖歌隊でした。

20191116jishi.jpg

カトリック教会では、特に1992年から

自死された方のために祈るように奨励してきたそうです。

このミサにはいろいろな思いを抱えた皆さんが参加しておられると

思います。

亡くなられた皆さんとミサに参加された方々に、癒しと必要なお恵みが

ありますように、祈りのうちにミサに参加いたしました。

 

とても素敵な子どもたち

  • 2019/11/11 21:41

昨日近くの教会の行事に参加した時の一コマです。

 20191110sekimaci3.jpg

その教会の子どもたちはとっても仲良く遊んでいて、

その時、大人がちょっと声を掛けたら

自分たちでルルドの前に行って

自分たちだけでお祈りしていました。

20191110sekimaci2.jpg

秋の柔らかい光の中で、輝いていて

あまりにもかわいらしく、

「心を入れ替えて子供のようにならなければ、

決して天の国に入ることはできない」の

みことばが迫ってくるようでした。

 

イエスのカリタス友の会の日

  • 2019/11/11 21:30

こちらの修道院では午前中はイエスのカリタス友の会の会合でした。

12月の活動予定やブラジルの学校の様子、ボリビアの乳児院の近況について

考え、より良い支援を行えるように話合いました。

20191111tomo.jpg

午後からは、さらにボランティアの方が集まってくださり、みんなで

使用済み切手を整理しながら、今日は特にパパ様の訪日のことで

お話が弾みましたよ。

この使用済み切手は業者さんに1㎏800円で買い取っていただいて

困難な方への支援に充てています。

今年は4月から10月までにすでに60㎏以上を送ることができました。

その報告をしたら、みなさん驚いて喜んでいましたよ。

20191111kitte.jpg20191111kitte2.jpg

今は使用済み切手もほどんど整理してしまったので

来月の切手整理の日に活動できるように切手が届きますように!

 

教皇フランシスコ訪日公式聖歌

  • 2019/11/07 22:37

カトリック中央協議会のHPに昨日から

 

教皇フランシスコ訪日公式聖歌「すべてのいのちを守るため」が

 

UPされていますよ。

 

是非ぜひ、練習して教皇様を迎える準備をしましょう。

 

私たちも練習しています!

カリタスの園で働く方々の研修会

  • 2019/11/07 22:14

こちらではカリタスの園で働く方々の研修会が

5日から今日まで行われました。

最終日の今日は事業所で長~い間、働いてくださっている方々への

感謝の式が行われ、

201911l7kansya.jpg

その後スモールクワイアの小さなコンサートがありました。

「いのち」を中心に「君は愛されるため生まれた」

「Dont' be afraid」やマリア様の歌などを心を込めて歌いました。

平日の今日は、スモールクワイアのメンバーもそろうことが困難でしたが

修練者の皆さんが頑張ってくれました。

20191107.jpg

20191107sya.jpg

他の人の前で歌うことに慣れていない

修練者の方は少々緊張気味のようでした。

事業所では普段CDを聴いてくださっているようでしたので、

知っている歌もあったのではないかと思います。

 

最後はミサで研修会の締めくくりをしました。

20191107messa.jpg

20191107sunoinori.jpg

20191107syuugou.jpg

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed