エントリー

2015年09月の記事は以下のとおりです。

聖ヴィンセンシオ・ア・パウロの祝日

27日は聖ヴィンセンシオ・ア・パウロの祝日です。
24日から聖堂に聖人のご絵と遺物を置き、お祝いを迎える準備をし、今日ごミサで共に祈りました。
ファイル 376-1.jpg
お祝いの席では修道院で育てている花で食卓を飾りその中にかわいいねずみ?も一緒に参加しました。
ファイル 376-2.jpgファイル 376-3.jpg
アカデミアでは聖人の生涯をパワーポイントで学びました。それから聖ヴィンセンシオ・ア・パウロにちなんだクイズに答え、その答えを使ってビンゴゲームを行ないました。賞品が上位3チームまでしかなく、三位決定戦のじゃんけんには5チームが出てきましたが、シスターたちは気が合うのか一回で勝敗が決まりました。
ファイル 376-4.jpgファイル 376-5.jpg
聖ヴィンセンシオ・ア・パウロが貧しい人々への愛の奉仕に生きたように、私たちも聖人に倣い、貧しい人、苦しんでいる人に寄り添っていくことができるよう励んでまいります。

スモールクワイア一般公開練習

今日は月に一度のスモールクワイア一般公開練習が行われ、あいにくの雨の中を2名の方が修道院まで足を運んで下さいました。
まずは発声練習をし、シスター古木作曲の「羽のついたくつ」、9月28日聖トマス西と十五殉教者の記念日にごミサで歌うため「光りの道へ」を練習しました。そして10月1日は聖テレジア(幼いイエスの)おとめ教会博士のお祝いのために、チマッティ神父様が作られた「聖テレジア」を練習しました。歌詞の中に♪あ、神の喜び♪とあり、この部分はとても音が高いのですが、これは神が私たちに向かって感歎の声を上げているのだから宇宙に向かって歌うつもりで歌うようにと教えて頂きました。神の喜びはひとつの場所に留まるのではなく世界に広がるんだなと感じながら歌うことができました。
ファイル 375-1.jpg
次回の予定は後日トップページにてお知らせいたします。皆様の参加をお待ちしております。

カトリック二俣川教会 ボリビアデー

ファイル 374-5.jpg
9月13日、カトリック二俣川教会においてボリビアデーがありました。
カトリック二俣川教会はカリタス会が南米ボリビア、コチャバンバで活動しているヴィセンテ・チマッティ子供センターをご支援下さり、今年で10年になります。年間通して神父様、信徒の方々が手作りの手芸品、お菓子、ジャムなどを作ってバザーを行なったり、チャリティーコンサートを開いたりして寄付を集めてくださっています。スモールクワイアはその感謝を込めてミニコンサートを行ない、3曲歌わせていただきました。最後のアーメンハレルヤは教会の皆様と合唱し盛り上がりました。カトリック二俣川教会は献堂50周年を迎え、カリタス会もボリビアで宣教を始めて50年が経ちました。不思議な縁を感じながら私たちの宣教が多くの人から支えられていること実感し感謝する1日でした。
ファイル 374-1.jpgファイル 374-2.jpgファイル 374-3.jpgファイル 374-4.jpg

福島での慰霊祭に参加

ファイル 373-1.jpg

今日は、福島県いわき市江名港で第4回東日本大震災物故者慰霊洋上供養会が行われ、サレジオ会の山野内管区長様を通じて本会からも4名のシスターたちが参加しました。

あいにくの天気で雨風が強く、洋上に船は出せませんでしたが、陸の上から海に向かって、それぞれ宗派の違う代表者たちが順番に祈りを捧げました。カトリックの代表者として、山野内神父様とスモールクワイアの4名が、会衆の前に備えられた祭壇の前で東日本大震災被災者のための祈りを唱えた後、チマッチ神父様のアヴェ・マリアを、祈りを込めて歌いました。祭壇と会衆席の間では、この祈りの会の発起人で会津薬師寺のお坊さんである筒井さんがずっとマントラを唱えながら火を焚いておられました。

そのあと、聖水や清酒を竹の筒に入れたものを岸から海に注ぎました。そして、未だ行方の分からない方々の名前を記した小さな和紙が参加者たちに手渡され、次々に海の中に流しました。何かジンとくるものがありました。

ファイル 373-2.jpg ファイル 373-3.jpg
ファイル 373-4.jpg ファイル 373-5.jpg

4年前小さなグループで始められた企画でしたが、年々賛同者が増え、今年は180名分もの椅子が用意されました。地元の人たちは、こうやって遠方から祈りに訪れる人たちを心から歓迎され、心の支えにしておられるようでした。
なかなか歌を通しての慰問にも行けなくなった昨今、このような形で被災地の復興のために小さな奉仕を行うことが出来たことを心から神に感謝しました。

第16回総会

8月31日から9月6日まで第16回総会が大分県亀川の修道院で行なわれていました。総会において5月末に天国へ旅立たれた総長シスターアポリナリス志村に代わり、シスターテレジア古木が新総長として選出されました。私たちカリタス会が教会の中で主のみ心の愛の使徒として奉献生活を遂行することができるよう祈りのうちに励んでいきたいと思います。
ファイル 372-1.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

2015年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

Feed