エントリー

カテゴリー「今日の出来事」の検索結果は以下のとおりです。

イエスのみ心の祭日おめでとうございます!

 gesu.jpg

今年は6月8日(金)はイエスのみ心の祭日です。

私たちの修道会は神の愛・イエスのみ心の愛Caritasを

修道会の精神としていますので今日は特別な日です

ベネディクト16世は

「槍で刺し貫かれたイエスの脇腹(ヨハネ19・34参照)を

礼拝しながら観想することにより、

わたしたちは、人びとを救おうとする神のみ旨を

感じることができるようになります」

と言われます。

イエスのみ心の祭日に皆様お一人おひとりもイエスの愛で

満たされた日となりますようにお祈りしています。

南三陸町の朝顔のたねを播く

昨年クリスマスのミニコンサートに行ったとき

南三陸町のあさひ幼稚園で子どもたちから

朝顔の種をプレゼントして頂きました。

 

今日はその種を播いてみました。

697-1.jpg

 

5粒です

697-2.jpg

 

とても丈夫そうな種です。

697-3.jpg 697-4.jpg

 

土をかけてたっぷりお水をおあげて

 

697-5.jpg

終了

芽が出たら修道院の回りに植えて

通行する方々にも見て頂けたらと思っています。

 

あさひ幼稚園を始め被災地の子どもたちの成長を願って育てます。

日本カトリック信徒宣教者会 報告会

午後7:00~8:00まで

毎年報告会をしてくださるJLMMの井手さんが来院してくださいました。

今年もカンボジアのコンポンルアンの水上生活村での活動について

お話しくださいました。

 

696-3.jpg

 

今回で4回目となります。

最初は2年半の予定で行かれたそうですが、

4年過ぎても契約を更新されて尚カンボジアに戻る井手さんの

心境の変化についても詳しく伺うことができました。

お話を伺って“仕え合う喜び”ということばが浮かんできました。

ボランティアを通して、尊い体験をされていると感じました。

696-1.jpg

 

696-2.jpg

 

これからの活動のためにお祈りを約束致しました。

聖体行列

聖体行列が始まります。暑い中大勢の方が参加してくださいました。

691-3.jpg

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」とイエス様は聖書の中で言われます。

聖体行列の今年のテーマは「聖体ーいのちの泉ー」でした。

ご聖体に込められた神様の愛に満たしていただけるように

祈りのうちに聖体を待っています。

691-1.jpg

聖体が司祭団と共に到着

今年は50年ぶりに聖体に天蓋が使われています。

691-2.jpg

この祭壇では「カナの婚宴」の出来事を黙想しました。

聖書の「カナの婚宴」の出来事ではイエス様によって水は良いブドウ酒に変えられました。

私たちの日々の生活も神様の愛によって満たされるようにお祈りしました。

691-5.jpg

 

691-4.jpg

 

------------------

 

次はお隣の幼稚園に向ってご聖体を中心に行列です。

692-1.jpg

 

692-2.jpg

 

692-3.jpg

 

皆で「ア―メンハレルヤ」などを歌いながら進みます。

692-4.jpg

 

この歌の歌詞にあるように世界のみんなが兄弟姉妹として助け合い、

平和が実現するようにそしてこの聖体行列に参加してくだった方々が

こころ穏やかに平和で過ごせますように祈りました。

 

692-5.jpg

 井荻聖母幼稚園の祭壇に到着

 

-------------------

 

井荻聖母幼稚園の祭壇では

ヨハネ福音書の2人の弟子たちとイエスの対話を黙想しました。

 

693-1.jpg

弟子は

「先生どこに泊まっておられるのですか?」と尋ね

イエスは

「来なさい、そうすればわかる」と答えます。

 

693-2.jpg

 

ところで私たちは何を求めているのですか?

人は誰でも、心の渇きを持っています。

永遠に渇くことのない「いのちの泉」をもっておられるイエスに

満たされるようにお祈りしました。

693-3.jpg

 

次の祭壇 管区本部へ

693-4.jpg

 

ローソクを一人ずつお捧げしました

 

693-5.jpg

 

管区本部の祭壇

聖体ーいのちのの泉ー

イエスは水を良いブドウ酒に変えて私たちを励まして

喜びをくださる方ですが同時に共に歩んでくださる神です。

694-1.jpg

聖体行列は共に歩んでくださる神を体験する礼拝だと感じました。

管区本部の祭壇ではヨハネ福音の4章(4:14 )から

イエスとサマリアの女の会話を黙想しました。

イエスはサマリアの女性に言われました。

「この水を飲む者はだれでもまた渇く。

しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。

わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」

 

694-2.jpg

 

イエスのことばの壮大さとその深い意味を

「水を飲ませてください」の歌を通して確認しました。

694-3.jpg

 

694-4.jpg

 

聖体はイエスの死と復活を通してその愛と救いを頂く秘跡です。

この尊い秘跡を礼拝し、祈った私たちが

これからも生活の泉として行くことができるよう

 

流れる泉として、神様の愛を伝るものとなれますように。

 

祝 キリストの聖体の祭日

世界中の教会は今日キリストの聖体の日をお祝いしています。ちょうど今頃は、初めてご聖体を頂いたこどもたちがイエス様を頂いて感謝のお祈りをしている頃ではないでしょうか?

 

私たちの修道院では今午後の聖体礼拝行列の準備をしています。毎年ことの日は晴れるか雨になるかとはらはらするのですが本日は晴天です。

690-1.jpg 690-2.jpg

 

690-3.jpg 

690-4.jpg

 

聖体行列は本日3:00からカリタス会管区本部で行われますが、始まりはカリタスの園小百合の寮の前ですので、そちらにいらしてください。

 

共に集って、私たちのいのちの源泉であるご聖体を賛美するひとときを過ごしましょう。

交流研修会へ出発

今朝は6人のシスターたちが
韓国での交流研修会に出発いたしました。
688-1.jpg
私たちの修道会は修道会の創立から19年目に
韓国に会員を派遣しました。
神様のお恵みにより、現在450名ほどの会員が
イエスのみ心の愛を告げ知らせる同じ使命を果たしています。

日本に一番近い国ですから、
私たちはお互いに交わる機会を大切にしています。

ですから、この5月には韓国で
若いシスターたちのフォーラム、
688-2.jpg
修道会内のJPICの研修会、協力者の研究会議が行われました。
688-3.jpg 688-4.jpg

そして 現在日本には 韓国の誓願宣立50周年を迎えたシスター方が
修道会発祥の地である宮崎などを訪問しています。

本日日本を旅立ち、はじめて韓国を訪れるシスターたちの研修が
実り豊かなものとなるように願い見送りました。
688-5.jpg

南スーダンへ

今朝 こちらの修道院から
南スーダンへ向けてシスターが出発致しました。

687-1.jpg
皆の祈りと励ましに支えられ
元気に旅立ちました。

687-2.jpg

687-3.jpg

どうぞ道中の無事とシスターの活動のために
お祈りをお願い致します。

5月の公開練習

ファイル 686-1.jpg

今日は5月の公開練習の日でした。
今日はいつも来てくださるお二人の方が参加してくださいました。

透明な声で歌えるように小さな発声練習をして、
最初に歌ったのはアヴェ・マリス・ステッラです。
日本語で作曲された単旋律のこの曲は
メロディーが心に深く染み込むような美しい曲でした。

次は録音のために練習している「巡礼の歌」です。
練習で歌った時、練習の参加者から拍手を頂きました。
歌い込んでいきたいです。

その他6月3日の聖体行列の歌
「水を飲ませてください」
「Panis Angelics」を練習しました。

普段はシスターたち、修練者、志願者たちで練習していますが
参加者が来てくださるとさらに良い雰囲気で練習できます。
感謝

マリアと共に聖霊を待ち望む

今日は「祈りの集い」が行われました。
明日の聖霊降臨に合わせて
“ マリアと共に聖霊を待ち望む”というテーマでした。
ファイル 683-1.jpg

今日初めての参加の方もご一緒に
夕食を作り、ご一緒に食卓を囲み
そして祈りと分かち合い、振り返りという内容です。
ファイル 683-2.jpg
教会とは、本来建物を指すのではなく、
神に呼び集められた民の集いを指します。
本日、私たちが気づかなくても神様が
参加者の皆様をこの修道院に集めてくださり、
そして心の奥深くで共に祈ってくださいました。
ファイル 683-3.jpg
参加者の皆さんはお恵みを頂いて帰路につかれたことと思います。
明日の聖霊降臨の祭日に参加してくだった皆さんをさらに
聖霊が満たしてくださいますように!
ファイル 683-4.jpg 聖堂のマリア様

御父のみ国で安らかに

今日は私たちの修道院のために
25年以上奉仕くださった方の納骨の日でした。
ファイル 684-1.jpg
ご病気ではありましたが突然帰天されましたので
今でもここに普通におられるようです。
修道院でも“…さんに来てほしい”としばしば聞かれます。
なつかしいですね。

キリスト信者としての生涯を終えられたこの方のように
私たちも生きられるように、今は努力しなけれあなりませんね。
そして残されたご家族が悲しみを乗り越えて生活されますように
続けてお祈りしています。
ファイル 684-2.jpg

ページ移動



ユーティリティ

2018年06月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed