エントリー

2013年05月の記事は以下のとおりです。

聖母月も今日で終わり

ファイル 79-1.jpg

今日でマリア様の月が終わります。
今日はおとめマリアがいとこのエリザベトを
訪問したことを記念する日でもありました。
人を助けるために労苦をいとわず山道を
出かけていくマリアの姿は私たちの鏡です。

ところで、今日は聖母月の最終日にあたり、
喜ばしい出来事がありました。
一人の女性が入会しました。
修道院での生活を体験するために以前ここに
来られ滞在されましたが、今日から仲間入りです。
そして3カ月の試みの期間を過ごします。
どうぞ、必要な恵みと聖霊の照らしが
与えられますように。

エリコの盲人

ファイル 78-1.jpg

第一朗読 シラ書42章15-25節
福音書 マルコによる福音10章46-52

今日の福音はイエスがエリコという町で
一人の盲人をいやす出来事である。
「ダビデの子イエスよー、わたしを憐れんでくださーい!」と
なにふりかまわず声の限りに叫んだ。
自分の街を今度いつこの方が通るかわからない、
いや、これが最後かもしれない…。
イエスは雑踏の中からこの叫び声を拾い、足をとめた。
「あの男を呼んで来なさい」

イエスはこの男に二つの光を与えた。
一つはこの地上のものを見る光。
そしてもう一つはいのちの光。
イエスは言われた。「あなたの信仰があなたを救った」
イエスはこの人の信仰の目をも開かれたのだ。
もし視力を得ただけであれば、うれしさのあまり
飛ぶようにして消え去ったであろう。
しかしこの人は「なお道を進まれるイエスに従った」のだった。
この人についていけば、本当の幸せを手に入れることができると
確信したのかもしれない。
尽きることのない喜びを得られると確信したのかもしれない。

くすのきビフォー・アフター

  • 2013/05/29 21:24

かなり生い茂っていたルルドの前のくすのきが
植木屋さんの手で剪定され、かなりさっぱりしました。
この時期に選定するのは危険も伴うとおっしゃっていました。
つまり陽が強くなるので、幹が焼けてしまう可能性もあるとか。
少し心配ですが、早めの梅雨の到来で、
なんとか潤いを貯えてほしいものです。

どれぐらいさっぱりしたか、ご覧にいれましょう。

ファイル 77-1.jpg ファイル 77-2.jpg

before            →            after

スモールの練習

ファイル 76-1.jpg
今日も夜7:30からスモールの練習がありました。
今日はけっこう出席率がよかったですね。
2名の修練志願者も初参加でした。
もうすぐやってくるファミリーデーに向けての
練習が本格的になってきました。
2曲新曲に取り組んでいます! 
曲名は当日まで伏せておきましょう。

友の会、碑文谷教会バザーに出店

ファイル 75-1.jpg

今日はカトリック碑文谷教会のバザーが行われ、
イエスのカリタス友の会も出店させていただきました。
なによりもお天気に恵まれたことに感謝!
かなり早く到着し準備に取り掛かりました。
ひと段落ついた後、開店前の風景を見に
いろいろなお店をまわってみました。
幼稚園2階のバザー会場のスケールは圧巻でした。
特に古着屋さんの充実度は半端ではありませんでした。
値段の付け方や物品の並べ方など勉強になりました。
バザーが始まり、どうなるかと少し心配していましたが、
次第に友の会のお店も賑わい、売り上げは予想を上回りました。
これで、海外で働くシスターたちを支援することができます。
神に感謝、ご協力くださった皆さんに感謝!

ファイル 75-2.jpg ファイル 75-3.jpg

扶助者聖マリアの祭日

ファイル 74-1.jpg
中庭のマリア様。
バラのアーチがとても素敵です。

今日は扶助者聖母マリアの祭日で、
わたしたちサレジオ家族にとって
大きな喜びの日でした。
ここ管区本部の院長シスターマリア末永の
霊名の祝いにもあたります。

そして新しい修練志願者が2名誕生しました。
ヴェトナムのランさんとヒェップさんです。
晩の祈りの中で受け入れ式が行われました。
初めて身につけた制服もよくお似合いでした。
ファイル 74-2.jpg

以前から「早くシスターになりたい!」と
繰り返してた二人なので、一歩近づけたこの日、
とっても幸せそうでした。
今までお世話になったシスターたちや、
あとに続く後輩たちからの祝福を受け共に記念撮影。
ファイル 74-3.jpg

今日から修練院での生活が始まります。
どうぞ、マリア様に助けていただきながら、
よく祈り、働き、カリタスの精神をしっかり
学んでくださいね。応援しています。

イエスの尺度

ファイル 73-1.jpg
マルコによる福音9章38-40

カトリック教会は聖霊降臨の祭日をもって復活節が閉じられ、
「年間」といわれる通常の典礼に戻る。
イエスの3年間の公生活について黙想していくことになる。

今日の福音はイエスの心の広さを垣間見させる。
「私たちに従わないのでやめさせようとしました」という弟子に、
「やめさせてはならない」といましめるイエス。
人は普通自分の思い通りにならなかったり、
自分の狭い尺度で人を裁く傾向がある。
そんな私たちにイエスは、とにかく相手のよいところを認め
その人の善意を尊重することを求めておられるのかもしれない。
さすがにイエスの尺度は大きい。
その心の広さに少しでも近づけることを祈り求めたい。

シスター下崎、南スーダンに再出発

ファイル 72-1.jpg

シスター下崎は休暇を終えて
今日、南スーダンに帰っていきました。
支援して下さる人々へのお礼や報告会のため走り回り、
多くの実りを携えて再び宣教に出かけます。
ご支援くださった皆さん、本当にありがとうございました!
沢山の食料や子どもセンターのためのものを携えていきます。
どうか、最終地点のジュバまで無事に届きますように…。
ブログ「salaam]をこれからまめに更新していきますと
誓っていましたので(笑)、皆さんどうぞそちらのほうも
ご覧になり、祈りと応援をよろしくお願いします。

聖霊降臨祭

  • 2013/05/19 08:17

ファイル 71-1.jpg

使徒言行録2章1-11節
ヨハネによる福音14章15-16、23-26

今日カトリック教会では聖霊降臨祭を祝う。
イエスが地上での生活を終えて、天に戻る前に
たびたび弟子たちに自分の代わりに聖霊を送る
ことを約束していた。

「私は父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、
永遠にあなた方と一緒にいるようにしてくださる。」

こうしてイエスの姿は見えなくなったが、
神の霊として世の終わりまでいつも共に
いることを約束された。
今日の第一朗読では聖霊が送られた時のことが
非常に力強く描かれている。
このことが本当に起こったことは、
そのあとの弟子たちの劇的な変化によっても証明される。
おびえていた弟子たちが、力強くイエスの復活を宣言し始め、
聖霊に照らされてイエスが生前語っていたことを理解し始める。
信仰のために迫害されることも恐れることなく、
実際、弟子たちは殉教することになる。

2000年たった今も、聖霊は働き続けていることを
私たちはおりあるごとに感じる。
作曲家である高田三郎氏の遺された「聖霊の続唱」に
聖霊の働きについて次のように歌われている。

苦しむ時の励まし、暑さの安らい、
愁いの時の慰め、恵あふれる光、
信じる者の心を満たす光よ。
あなたの助けがなければ、
すべてははかなく消えてゆき、
誰も清く生きてはゆけない。
けがれたものを清め、すさみを潤し、
受けた痛手をいやす方、
固い心を和らげ、冷たさを温め、
乱れた心を正す方…。

神の息吹であるこの聖霊に助けられながら、
見えない神の手となり足となって、
神の愛を証していくことができますように。

牧者としての資格

ファイル 70-1.jpg

ヨハネによる福音12章15-19節

イエスは復活後、40日にわたってたびたび弟子たちに現れ、
復活を信じるかれらの信仰を強められた。

今日の福音には、イエスがペトロに教会の頭としての務めを
ゆだねるにあたってのことが書かれている。
頭としての条件は、どれぐらい管理能力があるかとか、
人格者であるかとか、そういうことではないことが分かる。
問われているのはただ、

「この人たち以上にわたしを愛しているか?」

ということだけだ。ペトロの答えは非常に心もとない。
「もちろんです」と答えるのではなく、
「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、
あなたがご存じです」…

謙虚というか、自信の無さが伝わってくる。
それもそのはず、「あなたのために命を捨てます」とまで
言いきったすぐ後に、イエスのことを「知らない」と
3度も裏切ったペトロである。

教会の最初のリーダーとして選ばれたのは、
この弱く頼りないシモン・ペトロだった。
教会の歴史の中で繰り返された過ちも、
このペトロに代表される人間の弱さの故である。

私たちは本当に弱い者の集まり。
けれども神のなさりかたはそうなのだ。
自分の力によって誇ることのないように、
自分を神とすることのないように、弱く貧しい者、
何度も倒れてしまうような人を選ばれる。

だから、ある意味安心できる。
教皇フランシスコが言われたように、
神はゆるし疲れることがない。
私たちの弱さをすべてご存じの上で、
わたしたちを愛し、受け入れてくださるのだ。
だから私も、このイエスに倣い、
限りなくゆるせるようになる恵みを願おう

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

2013年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

Feed