エントリー

2018年06月の記事は以下のとおりです。

初ミサへようこそ

  • 2018/06/27 21:27

今日は高松教区の高山神父様が初ミサに来てくださいました。

朝からハツラツと元気いっぱいのミサでした。

お説教で励みにされている溝部司教様からのお言葉

「……あなたらしく誠実に生きなさい」を

分かち合ってくださいましたが、

司教様らしいすがすがしい言葉だと思い、司祭職への導きと励ましのエピソードにも感動しました。

messahomilia.jpg

messa627.jpg

ミサの後はロビーでお祝いの挨拶をしました。

omukae.jpg

confiori.jpg

今日は会員のお母様が来院されていたのですが

12年前に溝部司教様から進められて訪ねられた方だったそうで

摂理的な出会いに感動しておられましたが、皆で驚きました。

tutto.jpg

神様のお恵みがあふれた朝の出来事でした。

ボリビアDay

  • 2018/06/17 21:26

今日は二俣川教会に一緒に参りました。

それは教会でボリビアDayが開催されたからです。

こちらの教会はボリビアのサンタクルスにある

オガールファティマティアという乳幼児施設を

一年をかけて様々な取り組みにより応援してくださっています。

本日訪問させて頂き、現地のシスターたちの感謝のメッセージを

伝えることができて、本当に良かったです。

主任神父様、信徒の皆さんのお祈りと真心こもった応援をたくさん頂き、

私たちも満たされました。

futamatagawa.jpg

今は見えなくても日本の二俣川でまかれた愛の種は

遠くのボリビアで、成長していく子供たちによって花開くことを

黙想することができました。

最後は7月27日から30日まで予定されている野尻湖での

カリタスサマースクールのご案内もさせて頂きました。

css.jpg

ファミリーDAY

  • 2018/06/15 21:15

6月11日 こちらの修道院ではファミリーDAYのお祝いをしました。

この日は私たちの管区長を中心に感謝と喜びの日を過ごします。

まずは、祈りと交わりのミサです。

messa2.jpg

今日は毎年来られるサレジオ会の管区長の山野内被選司教様が

司式してくださいましたので、喜びもさらに大きくなりました。

messa.jpg

 

 

イエスのみ心の祭日おめでとうございます!

 gesu.jpg

今年は6月8日(金)はイエスのみ心の祭日です。

私たちの修道会は神の愛・イエスのみ心の愛Caritasを

修道会の精神としていますので今日は特別な日です

ベネディクト16世は

「槍で刺し貫かれたイエスの脇腹(ヨハネ19・34参照)を

礼拝しながら観想することにより、

わたしたちは、人びとを救おうとする神のみ旨を

感じることができるようになります」

と言われます。

イエスのみ心の祭日に皆様お一人おひとりもイエスの愛で

満たされた日となりますようにお祈りしています。

南三陸町の朝顔のたねを播く

昨年クリスマスのミニコンサートに行ったとき

南三陸町のあさひ幼稚園で子どもたちから

朝顔の種をプレゼントして頂きました。

 

今日はその種を播いてみました。

697-1.jpg

 

5粒です

697-2.jpg

 

とても丈夫そうな種です。

697-3.jpg 697-4.jpg

 

土をかけてたっぷりお水をおあげて

 

697-5.jpg

終了

芽が出たら修道院の回りに植えて

通行する方々にも見て頂けたらと思っています。

 

あさひ幼稚園を始め被災地の子どもたちの成長を願って育てます。

日本カトリック信徒宣教者会 報告会

午後7:00~8:00まで

毎年報告会をしてくださるJLMMの井手さんが来院してくださいました。

今年もカンボジアのコンポンルアンの水上生活村での活動について

お話しくださいました。

 

696-3.jpg

 

今回で4回目となります。

最初は2年半の予定で行かれたそうですが、

4年過ぎても契約を更新されて尚カンボジアに戻る井手さんの

心境の変化についても詳しく伺うことができました。

お話を伺って“仕え合う喜び”ということばが浮かんできました。

ボランティアを通して、尊い体験をされていると感じました。

696-1.jpg

 

696-2.jpg

 

これからの活動のためにお祈りを約束致しました。

聖体行列

聖体行列が始まります。暑い中大勢の方が参加してくださいました。

691-3.jpg

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」とイエス様は聖書の中で言われます。

聖体行列の今年のテーマは「聖体ーいのちの泉ー」でした。

ご聖体に込められた神様の愛に満たしていただけるように

祈りのうちに聖体を待っています。

691-1.jpg

聖体が司祭団と共に到着

今年は50年ぶりに聖体に天蓋が使われています。

691-2.jpg

この祭壇では「カナの婚宴」の出来事を黙想しました。

聖書の「カナの婚宴」の出来事ではイエス様によって水は良いブドウ酒に変えられました。

私たちの日々の生活も神様の愛によって満たされるようにお祈りしました。

691-5.jpg

 

691-4.jpg

 

------------------

 

次はお隣の幼稚園に向ってご聖体を中心に行列です。

692-1.jpg

 

692-2.jpg

 

692-3.jpg

 

皆で「ア―メンハレルヤ」などを歌いながら進みます。

692-4.jpg

 

この歌の歌詞にあるように世界のみんなが兄弟姉妹として助け合い、

平和が実現するようにそしてこの聖体行列に参加してくだった方々が

こころ穏やかに平和で過ごせますように祈りました。

 

692-5.jpg

 井荻聖母幼稚園の祭壇に到着

 

-------------------

 

井荻聖母幼稚園の祭壇では

ヨハネ福音書の2人の弟子たちとイエスの対話を黙想しました。

 

693-1.jpg

弟子は

「先生どこに泊まっておられるのですか?」と尋ね

イエスは

「来なさい、そうすればわかる」と答えます。

 

693-2.jpg

 

ところで私たちは何を求めているのですか?

人は誰でも、心の渇きを持っています。

永遠に渇くことのない「いのちの泉」をもっておられるイエスに

満たされるようにお祈りしました。

693-3.jpg

 

次の祭壇 管区本部へ

693-4.jpg

 

ローソクを一人ずつお捧げしました

 

693-5.jpg

 

管区本部の祭壇

聖体ーいのちのの泉ー

イエスは水を良いブドウ酒に変えて私たちを励まして

喜びをくださる方ですが同時に共に歩んでくださる神です。

694-1.jpg

聖体行列は共に歩んでくださる神を体験する礼拝だと感じました。

管区本部の祭壇ではヨハネ福音の4章(4:14 )から

イエスとサマリアの女の会話を黙想しました。

イエスはサマリアの女性に言われました。

「この水を飲む者はだれでもまた渇く。

しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。

わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」

 

694-2.jpg

 

イエスのことばの壮大さとその深い意味を

「水を飲ませてください」の歌を通して確認しました。

694-3.jpg

 

694-4.jpg

 

聖体はイエスの死と復活を通してその愛と救いを頂く秘跡です。

この尊い秘跡を礼拝し、祈った私たちが

これからも生活の泉として行くことができるよう

 

流れる泉として、神様の愛を伝るものとなれますように。

 

祝 キリストの聖体の祭日

世界中の教会は今日キリストの聖体の日をお祝いしています。ちょうど今頃は、初めてご聖体を頂いたこどもたちがイエス様を頂いて感謝のお祈りをしている頃ではないでしょうか?

 

私たちの修道院では今午後の聖体礼拝行列の準備をしています。毎年ことの日は晴れるか雨になるかとはらはらするのですが本日は晴天です。

690-1.jpg 690-2.jpg

 

690-3.jpg 

690-4.jpg

 

聖体行列は本日3:00からカリタス会管区本部で行われますが、始まりはカリタスの園小百合の寮の前ですので、そちらにいらしてください。

 

共に集って、私たちのいのちの源泉であるご聖体を賛美するひとときを過ごしましょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

2018年06月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

Feed