エントリー

2017年07月の記事は以下のとおりです。

黙想会が行われています

現在、こちら管区本部修道院では黙想会が行われていて
40余名のシスター達が祈りと振り返りの時を過ごしています。
指導は、森司教様です。

私たちはマルタの役。
まずは環境を整えるため、私たちも沈黙に努めます。
それを思い起こせるように階段や廊下に
このように札を置いています。
ファイル 578-1.jpg
ファイル 578-2.jpg
この札がこのように置かれると
こちらも気が引き締まります。

暑い最中の黙想会ですが、参加しているシスターたちは
この恵みの時を大切に一年分の心の栄養を蓄えているのです。

ペルーへの旅立ち

早朝 2人の宣教女がペルーへ向かって旅立ちました。
3年ぶりに日本で黙想会などで心身を整えて
3か月前に到着した時より、元気そうに見えました。
そして二人とも穏やかですが、希望に包まれている感じを受けました。
ファイル 577-1.jpg ファイル 577-2.jpg
ペルーはこれから冬に向かいます。
それを思うだけでも遠い国だと思いますが
私たちの祈りがいつも一緒だよ‼‼
と背中に手を振りました。
ファイル 577-3.jpg

南スーダンから

ファイル 576-1.jpg

本日の朝日新聞に南スーダンで活動する
シスターの記事がありました。
昨日、南スーダンの朝日新聞の方から
下崎はシモザキですかシモサキですかと
お電話がありました。
皆様もこの記事をお読みくださり、
シスターの活動を通して南スーダンの皆様のために
お祈りをよろしくお願い致します。

7月は初ミサから

福者ペトロ岐部と187殉教者の日である今日のごミサは
新司祭の大塚神父様が司式してくださる初ミサでした。
神父様はお話の中で「主がともにいる」ということを
強調してお話しくださいました。
私たちも初ミサに参列することができ、
実際ミサで共に祈ることによって
教会共同体としての意識を深めることができました。
ファイル 575-1.jpg ファイル 575-2.jpg
特に本日は歌ミサでお捧げくださいましたので
新司祭の新鮮な雰囲気があふれていた生き生きしたミサでした

私たちも応答や昨晩練習した聖歌でこの初ミサを通して
神父様のこれからの歩みのため、また神父様がご意向とした
世界中の子どもたちがいのちを豊かに生きることができるよう
に祈りました。
ファイル 575-3.jpg
神父様は志願院にも足を運んでくださり、交わりのひと時を
もってくださいました。
ファイル 575-4.jpg ファイル 575-5.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

2017年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed