エントリー

8月15日の聖母被昇天のミサ

  • 2020/08/12 14:07

8月15日は聖母被昇天のお祝い日です。

santamariaasn.jpg

東京カテドラル聖マリア聖堂での午後6時のミサも

聖母被昇天の祭日のミサになります。

動画配信は下からです。

https://www.youtube.com/watch?v=7DOHECm-sHg

聖母の被昇天の日のミサの集会祈願で

祈ります。

「全能永遠の神よ、あなたは御ひとり子の母、

汚れないおとめマリアをからだも魂も、

ともに天の栄光に上げられました。

信じる民がいつも天の国を求め、聖母とともに

永遠の喜びに入ることができますように。」

この祈りの中に聖母被昇天のお祝いの意味があります。

私たちのいのちは終わりではなく、天の国を目指しています。

ですから、今、この時は終わってしまうものではなく

天の国につながるものとも言えますね。

聖母の被昇天のお祝いの日までもう少し時間がありますから

聖母とともに祈りや善い行いで準備していきたいですね。

 

平和を願うミサ 8月8日午後6:00

  • 2020/08/08 11:31

東京カテドラルで今日午後6時から

「平和を願うミサ」が捧げられますので

世界の平和を願ってお祈りくださいね。

paceclomba.jpg

以下から配信されます。

https://www.youtube.com/watch?v=d139qweNi5Y

ミサは「平和を実現する人は幸い」というタイトルです。

平和を実現する人ときくと、いろいろ思い浮かべると思いますが、

マザーテレサのお祈りが浮かんできます。

『平和はほほえみから始まります。

一日五回、あなたが本当は笑顔を見せたくない人に

ほほえみかけなさい。』

自分にできることを平和旬間(8月6~15日)に

努力したいです。

今日はミサに参加して、お祈りすることを頑張ります!

 

 

年間第18主日のミサ

  • 2020/08/01 09:58

年間第18主日のミサが今日も東京カテドラル聖マリア大聖堂で

午後6時から菊地大司教様によって捧げられます。

以下から視聴することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=LxKeHvCs0xY

pane_pesci.jpg

福音はパンの奇跡の箇所です。

なぜ、イエスが奇跡をおこなったのか聖書から見てみると

群衆  方々の町から歩いて後を追った。

イエス 舟から上がり、大勢の群衆を見て深く憐れみ

    その中の病人をいやされた。

夕暮れになった

弟子たち 「ここは人里離れた所で、もう時間もたちました。

      群衆を解散させてください。」

イエス  「行かせることはない。

      あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。」

弟子たち 「ここにはパン五つと魚二匹しかありません。」

イエス  「それをここに持って来なさい」

     五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、

     パンを裂いて弟子たちにお渡しになった。

弟子たち そのパンを群衆に与えた。すべての人が食べて満腹した。

 

パンの奇跡はイエスが“深く憐れまれた” その心によります。

 

今、コロナウイルスや自然災害のために

私たちがイエスを追い求め声をあげるなら、

イエスは 深く憐れまれんでくださいます。

今日のミサの中で心をいっぱいにして祈りいたします。

8月になりました

  • 2020/08/01 09:41

HPの8月の歌は「平和のいのり」です。

8月は教会でも6日から15日まで「平和旬間」ですので

平和を祈り・考える月になりますね。

時々こちらのHPからこの歌を聴いてお祈りいただけるとうれしいです。

https://www.youtube.com/watch?v=01Dw7mmvt1w&feature=emb_logo

―アシジの聖フランシスコの平和の祈りー 

作曲シスター古木涼子

paceconmani.jpg

歌の歌詞は以下の通りです。

 

憎しみのあるところに愛をもたらし  

争いのあるところにゆるしを

分裂のあるところに一致を  

疑いのあるところに信仰を

 

誤りのあるところに真理をもたらし 

絶望のあるところに希望を

悲しみのあるところに喜びを  

闇のあるところに光を

 

ああ、主よ、私をお使いください  

あなたの平和の道具として

 

慰められるよりも慰めることを  

理解されることよりも理解することを

愛されるよりも愛することを 

求めさせてください  

 

与えて、与えられ 許して、許され

命を捧げて、永遠のいのちを生きる  アーメン。

sumall5sisters2.jpg

 

年間第17主日

  • 2020/07/25 09:28

年間第17主日に読まれる福音は

天の国についての例えです。

前半は以下の通りです。

「畑に宝が隠されている。

見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り

持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。

商人が良い真珠を探している。

高価な真珠を一つ見つけると、

出かけて行って持ち物をすっかり売り払い、それを買う。」

pera.jpg

この聖書の箇所を思って、ミサの祈願を見ると

神様が私たちにいつも神の国のすばらしさを示してくださること、

生活の中で、真の宝を見きわめること、

神のあわれみ深さ、あわれみ深く生きること

などが目にとまります。

今はパンデミックの終息の祈りをささげる毎日ですが、

17主日のミサの中で、

私たちのことをあわれみ深く見守って助けてくださる

神様に心からの賛美と感謝をささげます。

そして、今日は東京教区では、コロナ感染症の終息を願い

5大陸のロザリオが、聖母を通して捧げられますから

閉祭の歌で聖母と共に神を称える歌を歌います。

神のみ旨を信じ続けた聖母に倣いたいです。

incontromaria.jpg

どうぞ、動画配信のミサでともに祈りましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=cQN_Gacf4ds

 

“コロナ”の終息を願って5大陸のために祈るロザリオ

  • 2020/07/24 16:35

ご案内ですが、7月25日午後3時から

新型コロナウイルスの終息を願って

「東京大司教区主催タルチシオ菊地功大司教様と祈る五大陸のロザリオ」

が捧げられます。

20200725.jpg

 

新型コロナ感染症拡大防止のため非公開で行われるようですが

Youtubeで配信されますので是非、心をあわせて参加しましょう。

配信は以下からです。

https://www.youtube.com/watch?v=NmpiOeIide0

 

年間第16主日のミサ

  • 2020/07/18 10:45

今日も夕方東京カテドラルで年間第16主日のミサがあります。

動画で配信されますのでご利用ください。

https://www.youtube.com/watch?v=AeJCu0che_c

ミサではマタイの福音の13章から「良い麦と毒麦のたとえ」が読まれます。

 20200718.jpg

良い麦がまかれた畑に、人々が眠っている間に毒麦もまかれてしまい、

毒麦も芽をだしたので抜きましょうか??というと

主人は次のように言います。

「いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。

刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。」

この箇所について7月号の「毎日のミサ」の澤田神父様の解説が

興味深いです。

「私たちは無意識に自分を“良い麦に他者を“毒麦”に結びがちです…

私たちを“毒麦に重ね合わせればどうでしょうか」ということです。

いかがでしょうか??

 

“毒麦”重ねることができれば、神様のやさしさと忍耐強さが

心に響きます。

ミサの答唱詩編は典礼聖歌138「すべてのひとの救いを願い」は

神のお心をよく表しています。

夕方のミサの他の聖歌もは、神様のお心を思い選曲しています。

また、ミサの初めに唱える「集会祈願」も神様のお心を表すお祈りです。

すべての心を配られる神よ、あなたは世界に良い種をまき、

 その成長を慈しみと忍耐をもって見守っておられます。

 ここに集う私たちが互いに愛し合い、

 神の心にかなう者として成長することができますように」

こころを込めてお祈りいたします。

 

下の写真は麦ではなく稲の写真なのですが、

山形県の長井市の田んぼです。

低農薬栽培なので稲の大きさがと元気良さが違います。

神様が私たちに与えてくださる“良さ”のお恵みにも

気づくことができますように

 

20200718teinouyakukome.jpg

年間第15主日のミサ

  • 2020/07/11 16:14

今日も午後6時から東京カテドラル聖マリア大聖堂で

年間第15主日のミサがあります。

 

特にコロナの影響で教会に来ることができない方のための

動画配信ミサです。

配信は下のURLからです。

https://www.youtube.com/watch?v=szIlUBsbiAY

福音の中に次の箇所があります。

「良い土地に蒔かれたものとは、

御言葉を聞いて悟る人であり、

あるものは百倍、あるものは六十倍、

あるものは三十倍の実を結ぶのである。」

seminatore.jpg

聖歌は“みことばを聴く” 実を結ぶ”という意味のものを選んでいます。

入祭の歌は典礼聖歌388番①② 「ガリラヤの風かおる丘で」

拝領の歌 典礼聖歌 75番 「神よあなたの言葉は」

閉祭典礼聖歌409 「呼ばれています」

などです。

ミサ曲は典礼聖歌 207~210を歌います。

それではミサの中で皆様のためにもお祈りしています。

 

 

 

 

 

環境保全のために 私たちにできること

  • 2020/07/10 16:01

豪雨のために被害に遭われた方々に

必要な支援が届きますようにお祈りいたします。

毎年のように日本を襲う自然災害は異常気象の影響だと感じます。

このままではだめだと思っていても甚大な被害の前に

小さなことでも何かできることを実践していきたいものです。

先日、宮崎の修道院から写真が届いていましたので

ご紹介しますね。

ここの修道院では環境保全のために

廃油から「EMプリン石けん」という液体状の石けんを

全員で協力して作ったようです。

 

まず作り方の説明

antoniocom5.jpg

 

材料を量ります。

廃油もEM発酵液も同じ色なのでどちらかな~? 

antoniocom2.jpg

 

後はひたすら混ぜます

antoniocom.jpg

 

交代で混ぜまてます。 

antoniocom4.jpg

 

もういい感じね~。

antoniocom3.jpg

全体で45分かそれ以上混ぜていると思います。

 

プリン石けんは数日たってさらにEM発酵液をいれて完成です。

 

この石けんを作ることで

廃油を捨てないことでごみを減らす

EM活性液(環境を改善する)を入れることで環境に配慮しています。

もちろん使う人にも優しい石けんです。

こちらの修道院は高齢のシスターたちが多いので

全員で協力して行っています。

新型コロナウイルス拡大防止のため、新しい生活様式が求められていますが

環境を守るためにもこれまでとは違う何か新しい取り組みが

求められていますね。

 

教皇来日記念のプレート

  • 2020/07/06 10:20

東京カテドラル聖マリア大聖堂に

先日6月29日に祝別された教皇来日記念のプレートがあります。

普段は空いていませんが、

カテドラルの中央の門の両側に

catedorall_.jpg

昨年来日された教皇フランシスコの記念のものと

38年前に来日された教皇ヨハネパウロ2世のものがあります。

今までそこに置かれていることに気が付きませんでしたが

東京カテドラルはお二人の教皇をお迎えできた幸せな聖堂だと感じました。

francescomemoria.jpg

 

giovannipauromemoria.jpg

お二人の教皇のお心を受け止めて

イエスの福音の喜びと平和を証しできるように

生活していかなければならないと感じました。

 

ページ移動



ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed