エントリー

わすれない3・11

  • 2019/03/11 19:48

今日は修道院のミサやお祈りの中で大震災の被災地のために

お祈りしました。午後2:30からは東京カテドラルマリア聖堂で

お祈りとミサがありましたので出かけました。

お祈りは2:30に始まり、被災地の現在の映像を見て思いをはせ、

2:46に合わせ聖堂の鐘の音とともに黙とうをおささげしました。

ミサの入祭の歌は「すべての人の平和を」で苦しみ地域、悲しむ人々

子供たちのために祈って歌いました。

3112019.jpg

ミサの中のお話は大司教様でした。

3112019seltukyou.jpg

「あの日から8年、大震災で亡くなられた多くの方々とこの8年間の復興の過程でなくられれた方々の永遠の安息祈りたいと思います。と始まったお話は被災地の現状、特に福島の原発についてふれました。

「人間がその限界をわきまえることなく、能力を超えた事柄に手をだしてしまったのではないかと考えさせられます。自然との調和を保つことなく人間の利益のために被造物を利用することがないように。」

そして今も困難にある方々を思い以下のような内容のことを話されました。

「信仰は絶望の淵から必ず新しい希望が生み出されえることを教えてくれます。なぜならば、イエスの十字架の死を体験し、絶望の淵にあった弟子に、イエスはご自分の復活を通して新しい生命への希望が生まれてくることを示されたからです。この希望を多くの人に伝えるように地道な支援を続けていきましょう。」

ミサの奉納では岩手、宮城、福島のベースから届いたものです。

3112019hounou1.jpg3112019hounou.jpg

3112019hounou3.jpg

 

ミサは続きます。

3112019seitai.jpg

3112019kaisyu.jpg

 

祈りに集まった方々

3112019organ.jpg

 

こんな大きなオルガンを弾いています。

3112019sakura.jpg

帰り カテドラルの前の椿山荘の入り口の桜(名前は不明)が満開でした。

被災地に一日も早く春が来ますように。

悲しみにある方々、苦しみにある方がの心が

少しずつでも平和で満たされますように

これからもずっとお祈りで応援しています。

8回目の3月11日 心からお祈りしています。

  • 2019/03/10 19:48

8年目を迎えた東北のために皆様も

いろいろな方々を思い浮かべると思います。

私たちもわずかですが、これまで訪れた場所

お会いした皆様のことを思い起こしています。

nozomibousai4.jpg

 

いつも思い出すのは

2011年5月に最初に訪れた時のこと

2回目7月、石巻・日和山公園より

早朝、石巻市を見下ろして、犠牲になった方、不明者の方々

そしてすべての方々のために「いのち」を歌ったことです。

今もその気持ちは変わりません。

明日はカテドラルで午後2:46分の黙祷の後ミサが行われます。

私たちはその聖歌隊をさせていただきます。

様々な震災に遭われた方々のために心からお祈りしています。

志願者たちの“感謝祭”

  • 2019/03/10 19:37

本日午後から志願院で感謝祭があり、近くの修道院からも

参加させていただきました。私たち以外にも保護者の方や

出身教会の信者さんが参加してくださり、また京都からも

参加してくださっている方がいらっしゃいました。

4人で力を合わせて精いっぱい披露してくれましたので

途中写真を撮るのを忘れてしまいましたので

少しだけ紹介いたします。

kansya.jpg

kansya1.jpg

英語の歌をピアノとヴァイオリンに合わせて歌っています。

kansya3.jpg

 

素敵なベトナムのダンスです。

 

kansya7.jpg

 

創立者 カヴォリ神父について司祭叙階までをペープサートで

kansya4.jpg

kansya5.jpg

 

 

 

 

kansya6.jpg

 

新しい人も2人加わって6人になります。

今日は昨年までここで生活していた

修練者も応援にきてくれました。

参列の皆さんも楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

灰の水曜日:四旬節が始まりました

  • 2019/03/06 09:47

カトリック教会では 本日3月6日に「灰の水曜日」を迎え

復活祭の準備期間である「四旬節」に入りました。

mercorediceneri.jpg

2017年の灰の水曜日 教皇フランシスコ

 

「四旬節」とは「灰の水曜日」から「復活の主日」までの

日曜日を除く40日間をさします。

この期間には、イエス様が荒れ野で40日間 断食を行ったことを

思い起こし(マタイ4-2、マルコ1-13、ルカ4‐2)

回心、祈り、断食、愛徳の実践などを通して復活を準備します。

日本のカトリック教会も、見捨てられ、差別され、

いのちの危険にさらされえいる方々との共感を大切にし、

そして「愛の献金」を呼び掛けています。

 

聖クララ幼稚園の保護者のためのコンサート

  • 2019/02/21 20:13

春のような天気に恵まれた今日は

川崎の聖クララ幼稚園まで行ってきました。

13:00開始で約45分間 皆さんが神様の愛に満たされて

平和な時を過ごせるよう、そして平和を祈るよう

私たちも祈りを込めて歌いました。

chiara1.jpg

最初の歌「神様といつも一緒」は子供たちもいつも歌っている歌だそうです

す。繰り返す「ありがとう」で、保護者の皆さんも子供たちの素直な心を思

い出されたようでした。

chiara6.jpg

次の「君は愛されるために生まれた」という曲は手話と共に歌うので少しだ

その意味を分かち合いました。親は子どもを愛するのですが

実はもっともっと子どもも親も愛してくださっている神様の愛が私たち一人

ひとりを見守ってくださっていること。この歌の手話はそれを表しているこ

とを伝えました。

chiara.jpg

そのほかに「祝福の歌」「土の器」「いのち」などを歌い、

chiara3.jpg

 

chiara5.jpg

最後は

「私をお使いください」でした。一つ一つの歌を丁寧に歌い、そのメッセー

ジが届くように願うとき、自分自身もまた生きる力を頂くことができます。

今日も大切な一日を与えてくださった神様に感謝し、修道院にもどってから

今日であった皆様のためにお祈りしました。

鎌倉でのスモールクワイアのコンサート

  • 2019/02/11 22:47

お久しぶりです。

UPが遅れましたが先日2月9日に「鎌倉でスモールクワイアを聴く会」の主催の

コンサートに参加させていただきました。

場所は由比ガ浜教会でした。

yuigahama2.jpg

前日から大雪との予報で主催者が参加者や私たちの道中を心配していましたが

当日は雪の影響も少なく無事に終えることができまたことを感謝しています。

スモールのメンバーは、行事が重なり当日は8名での参加となりましたが

全力を尽くしましたが、もちろん神様がたくさんのお恵みを

参加してくださった方々に注いでくださったことを感じ、

感謝を深める日となりました。

今回は10曲中の3曲を新しいCD「光の道へ」から歌いました。

子どもたちも普段のコンサートの時より大勢参加してくれていたので

本当にうれしかったです。

yuigahama3.jpg

途中の「君は愛されるためにうまれた」の手話を一緒にすることができましたが

この歌のように周りの人たちに愛されて元気に成長して行けますようにと願いました。

寒く、足元の悪い中参加してくださった皆さんに心から感謝いたします。

yuigahama4.jpg

 

世界奉献者のミサ

  • 2019/02/02 16:45

世界奉献者の日のミサがイグナチオ教会において

ジョセフ・チェノットゥ大司教様の司式で行われました。

houken5.jpg

修道院でもインフルエンザが流行していて

参加できない人もいましたが

聖歌隊とししても参加しました。

 houken4.jpg

教皇大使はミサのはじまりや説教の中でも

若い人たちの召命や若い奉献生活者について触れ

父のようなお心で励ましていました。

houken7.jpg

 houken1.jpg

共同祈願では

「各自自分の道において聖性に達するよう」呼びかける

教皇フランシスコやすべての司教のため、

また教会に主の招きに潔くこたえる司祭、修道者への新しい召命を

豊かにお与えくださるよう、

そして、世界中で、紛争、飢餓、貧困で苦しむ人々の必要のため、

すべての奉献生活者が神の愛を証し宣言することができまるようにと祈りました。

 houken2.jpg

昨年より奉献生活者の参加が増えていたそうですが

さらに多くの方々とミサで祈ることができることを願っています。

管区の日・誓願記念のお祝い 続き

  • 2019/01/27 23:49

第2部です。神様への感謝と記念のシスターたちのお祝いに

志願者や修練者たち、そしてシスターたちも練習を重ねた

出し物をを披露しました。

志願者のバトントワリング

kankua.jpg

修練者のドン・ボスコの劇

kankua2.jpg

有志のシスターたち

kanka9.jpg

スモールクワイアの歌 

La vera gioia(本当の喜び)と「糸」

kankua3.jpg

25周年、50周年、60周年のシスター方からもお礼に

歌などが披露されました。

最後はサレジオ会の管区長の神父様より祝福を頂きました。

明るく、楽しい家族的な交わりの一日を過ごすことができました。

kankua5.jpg

2gatfural.jpg

kankua8.jpg

感謝‼

管区の日・誓願記念のお祝い

  • 2019/01/27 22:59

UPするのが遅れましたが1月27日に祝われた管区の日のことを

お知らせいたします。

この日には誓願の25・50.60.75周年と一人一人の頂いた

奉献生活の召命のお恵みへの感謝の日です。

ミサにはサレジオ会の管区長の神父様が来てくださり、ともに祝ってくださいました。

kanku.jpg

ミサでは私たちを導くキリストを象徴する復活のローソクから火を

誓願の記念者も会員も頂き、その光に照らされて誓願を更新いたします。

kanku1.jpgkanku2.jpg

記念のシスター方は一人一人奉献します。

kanku4.jpg

イエスと共に神へ奉献されていることを捧げられたローソクは

象徴しています。

kanku5.jpg

 

 

 

 

明けましておめでとうございます

  • 2019/01/01 16:57

2019年は晴天で明けましたね。

おめでとうございます。

2019shinmisa.jpg

新しい年の始まりは祈りとミサです。

志願者が着物でミサに参加したので"お正月"という雰囲気でした。

2人のシスターたちが侍者をしてれましたので儀式が荘厳でした。

ミサの大切な部分 聖別奉献(聖変化)の所では

香の立ち上るけむりの中で聖体が高く掲げられる時

「イエスを通して神様の祝福が世界中にありますように」

と祈りました。

2019shinmisa2.jpg

今日はミサにご近所の方も参加してくださいました。

ミサの中で今日の3つのテーマに合わせて

「聖母マリア」「平和」「新年」を意識して聖歌でも祈りました。

閉祭の「初日の光」で厳かにミサを締めました。

2019shinmisa3.jpgtedum5a.jpg

ミサの後はロビーで神父様を囲んで新年のあいさつ。

和やかに2019年が明けました。

2019shin.jpg

本年もどうぞよろしくお願い致します。

201911a.jpg



ユーティリティ

2019年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed