エントリー

2019年07月29日の記事は以下のとおりです。

聖女マルタの日

  • 2019/07/29 22:18

7月29日は聖女マルタの日でした。

管区本部の聖堂の正面にベタニアでのイエスとマルタ、マリアを表した

ステンドグラスがあります。

聖書ではルカによる福音の10章42節の以下の個所です。

「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。 しかし、必要なことはただ一つだけである。 マリアは良い方を選んだ。 それを取り上げてはならない。」

この絵について作者のサレジオ会の(故)ヘントリックス神父様に

マルタはイエス様に恐れなく、非常に親しげに

「ちょっと ちょっと イエス様?!」みたいな動作をしていると

ご自分もそのような動作で説明してくださいました。

1008Marta.jpg

この絵です。

イエス様にこのような態度で接することができる

聖女マルタの人柄を思い受べるとほほえましく感じます。

この時は「マリアはよい方を選んだ」のですが

聖女マルタは、人をもてなす働き、やさしさ、そしてイエスとの親しさで

聖性の道を歩んだのだと思います。

 

 

福音の喜びを伝えるために

  • 2019/07/29 04:42

今、イエスのカリタス修道女会では

福音の喜びを伝えるための会合を

私たちの姉妹が宣教に赴いている国ブラジルで行っています。

imb0727.jpgimb07272.jpg

(ブラジル到着、現地のシスターがブラジル国旗のうちわで歓迎)

日本からも数名が参加していますが

殆どの人が初めて訪れる国の

まず道中で宣教女たちの苦労を体験することができました。

 

今は飛行機での移動ですが、現在でも一日以上かかります。

最初のシスターたちは船での移動でした。

今も80才を超えたシスターたちが長い時間をかけて出向いています。

dobai.jpgdobaisole.jpg

(乗り継ぎのドバイの朝)

会合はブラジルの管区本部から車で約3時間のところにある

黙想の家をお借りして行われます。

黙想の家はアメリカの移民のために尽くしたイタリア人の

聖フランシスカ・ザビエル カブリー二が創立した修道会です。

imb0728.jpg

 (黙想の家の正面)

 imb07275.jpg

(黙想の家に到着)

イエスのみ心が聖女の創立の原点というところが

カリタス会との共通していて神様の摂理を感じました。

imb07283.jpg

(「渇いたものは私のもとに来て飲みなさい」

           という聖書のことばが刻まれています)

私たちの修道会も日本からの移民の方のためにブラジルによばれ、

現在もその使徒職と新たにブラジル人のための学校や養護施設などの

活動をしています。

60余年前に根を下ろし、苦労を重ねてきたこの地での会合が

私たちの修道会のよい振り返りの時、福音の喜びを伝えるための

熱意を固める時となりますようにお祈りくださいね。

imb07284.jpg

(ブラジルは冬だそうですがつつじが咲いています)

imb07282.jpg

(ブラジルの松の木)

 

カリタスサマースクール2日目の朝

  • 2019/07/29 04:37

野尻湖で行われているカリタスサマースクールは無事に2日目の朝を

迎えているようです。

朝の黙想の写真が届きました。

css20191.jpg

css20190728.jpg

このような美しい自然の中で

神様のお恵みの良い体験と

良い友情を育むことができますように。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed