エントリー

2013年04月17日の記事は以下のとおりです。

永遠の命

ファイル 54-1.jpg
ヨハネによる福音6章35-40節

「永遠の命」を得るとは、何も長寿を通り越して
信じられないほど長生きをするということではない。
わたしたちが生まれ変わること、新しい命を得ること。
つまり、この世の時空を超えて永遠に存在される神を信じ
神と共に生きるようになることを意味するのだと思う。
神を自分の生活の中に招き入れることだ。
そうすることによって、全く違う次元を生きる命が始まる。

もちろん、見た目は何も変わらない。
もし変わるとすれば、その人が生き生きとしてくる
ということかもしれない。
この世の価値観に縛られない自由さを得るからだ。
目に見える富や名声が人を幸福にするという価値観から
解放される。
神こそが命のパンであり、そのパンを食べる者は
永遠に飢えることがないと信じた人にとって、
そういったものは、あれば感謝、
なくても思いわずらうことはない。
それが永遠の命を生きるということかもしれない。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

2013年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed