エントリー

聖パウロの回心劇

 ファイル 17-1.jpg

使徒言行録9章1節~22節

今日は使徒聖パウロの回心を記念する日。
それで、福音ではなくパウロがどのように変えられたが
記されている今日の第一朗読について分かち合いたい。

人が回心するプロセスはさまざまだが、
大まかに分ければふた通りだと思う。
(このままの生き方ではいけない)と悶々としながら、
じわじわと回心するケース。
あるいは、何か大きな事件が起きて、
即座に生き方を変えるケースだ。

パウロは後者だった。
キリスト者の「男女を問わず縛り上げ」連行するために
旅をしていた道中、突然天からの光を受け、視力を失う。
そして天から声が聞こえた。

「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。」 

そんなバカな! 

パウロはただただ正義感に燃え、
自分がしていることは正しいことだと信じて、迫害していた。
生まれたときからユダヤ教の律法に忠実に生きてきた彼にとって、
神の子と名乗るイエスの教えを信じる人々は彼の目に
異教徒、異端者と映ったとしても不思議ではない。

視力を失った3日間、彼は何を思って過ごしたであろう。
(イエスという人物は、やはり我々が待ち望んでいる
メシアだったのか…。
だとしたら、自分は何ということをしていたのだろうか!)

この打ちひしがれた闇の体験があって、彼は新しく生まれ変わる。
持ち前の熱心さ、大胆さでもって、今度はキリストのために
命さえ惜しまない使徒に生まれ変わるのである。

神に選ばれた器、パウロ。
迫害も、困難も、無理解も、
神の計画の中ですべては善に変わっていくのかもしれない。

ページ移動



ユーティリティ

2020年12月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

過去ログ

Feed