エントリー

生命の川の流れ

ファイル 200-1.jpg

今日の第一朗読は、神殿から流れる水が、
次第に大きな流れとなり、生命を与えながら、
死海へと流れ込んで行く様が描かれている。
とても美しい情景である。教父たちはこの
幻視についていろいろな説明を与えてきた。
十字架にかけられ、脇腹を槍で貫かれた
イエスから流れ出た血と水を想起させるという
解釈もある。確かにその血と水によって人は
永遠の生命を得ることとなった。
洗礼によって受ける諮りしれない恵みを描いて
いるとも言える。額に注がれる水はごく少量だが、
その人の生涯の中でその水の流れは次第に大きくなり、
とりわけ苦しい時、痛みの部分にその水が流れ込んでいく。
神の恵みの豊かさが、荒んだ所、いがみ合う関係、
妬む心、孤独な心を癒してくださることを信じていきたい。

ページ移動



ユーティリティ

2020年12月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

過去ログ

Feed