エントリー

壮大な神の計画

ファイル 215-1.jpg

第一朗読:使徒言行録13章13-25節
福音朗読:ヨハネによる福音13章16-20節

今日の第一朗読と福音に共通するのは、
イエスの死と復活によってもたらされた
神の計画のスケールの壮大さである。
神は気が遠くなるほどの年月をかけて
それを準備されたということである。

「…『私のパンを食べているものが、私に逆らった』
という聖書の言葉は実現しなければならない」と
イエスが言われたように、イエスは旧約時代に預言
されたことを成就していかれた。つまり、ご自分が
選んだ使徒たちの中に裏切り者がいることをはじめ
から承知していた。神のご計画は人知を超えるもの
であり、裏切りという悪を通して、救いの実現に
道が開かれたのだった。

神がいかに長年にわたって私たちの救いを計画し、
準備してくださったかが、第一朗読に書かれている
パウロによるイスラエルの歴史の総括によってもわかる。

「神はおよそ四十年の間、荒れ野で彼らの行いを耐え忍び…」
「これは、約四百五十年にわたることでした」
「神は約束に従って、このダビデの子孫からイスラエルに
救い主イエスを送ってくださったのです」…

神の私たちへの限りなく忠実な愛を思えば、日常に起こる
不快な出来事や難しい関わりは避けるべきものではなく、
イエスのように受け止めて思いめぐらす態度が必要なの
かもしれない。神のご計画を無にしてしまわないように。

ページ移動



ユーティリティ

2020年12月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

過去ログ

Feed