エントリー

エリコの盲人

ファイル 78-1.jpg

第一朗読 シラ書42章15-25節
福音書 マルコによる福音10章46-52

今日の福音はイエスがエリコという町で
一人の盲人をいやす出来事である。
「ダビデの子イエスよー、わたしを憐れんでくださーい!」と
なにふりかまわず声の限りに叫んだ。
自分の街を今度いつこの方が通るかわからない、
いや、これが最後かもしれない…。
イエスは雑踏の中からこの叫び声を拾い、足をとめた。
「あの男を呼んで来なさい」

イエスはこの男に二つの光を与えた。
一つはこの地上のものを見る光。
そしてもう一つはいのちの光。
イエスは言われた。「あなたの信仰があなたを救った」
イエスはこの人の信仰の目をも開かれたのだ。
もし視力を得ただけであれば、うれしさのあまり
飛ぶようにして消え去ったであろう。
しかしこの人は「なお道を進まれるイエスに従った」のだった。
この人についていけば、本当の幸せを手に入れることができると
確信したのかもしれない。
尽きることのない喜びを得られると確信したのかもしれない。

ページ移動



ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

過去ログ

Feed