エントリー

門司修道院の居間から

ファイル 137-1.jpg

福岡県の門司修道院からの発信です。
門司は、1926年、私たちの創立者たちがイタリアから
40日の船旅を経て上陸したゆかりの地であります。
ここには今「天使育児園」という養護施設があり
60名の子どもたちの尊いいのちをお預かりしています。

登校前には園長先生と一緒に天使のご像の前で、今日
一日神様の見守りの中で元気に過ごせるようお祈りを
して出かけます。お母さんの愛情込めた声かけに、
安心感を覚え、一日頑張って勉強してきます。
ファイル 137-2.jpg

朝の職員朝礼。まずはラジオ体操、そして祈りに始まり、
天使育児園のミッションを唱和し、それぞれの連絡事項を
伝えあいます。
朝礼の後、園長先生に園内を案内してもらいました。

天使育児園のミッションを具体的に生きるために、
共同体、自立、文化、宗教など各グループ別に職員が
活動計画を立て、子どもたちにも役割を与え、実践して
いることが、園内を回っただけでも伝わってきます。
ファイル 137-3.jpg

下校した子どもたちはその日によって遊んだり、勉強したり、
男の子は野球、女の子はバレーボールの練習をします。
近くにある小学校の体育館での練習ぶりを見学しました。
ファイル 137-4.jpg

夜8:45には女子部、男子部それぞれが人ところに集まり、
短い晩の祈りをし、職員によるボナノッテがあります。
ファイル 137-5.jpg

家庭の問題で傷ついた子供たちが、ここでの生活を通して
立派な社会人として自立していくことができるよう
これからも祈り、応援していきたいと思います。
短い滞在でしたが、いろいろな場所、場面の中に、
カリタスの精神が息づいていることを肌で感じ、
感動のうちに次なる地へと向かいます!

ページ移動



ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed