エントリー

求めなさい。そうすれば与えられる。

ファイル 193-1.jpg

第1朗読 エステル記C12 14-16,23-25
福音朗読 マタイ7章7-12節

今日の福音は、私たちが祈るときの姿勢を示してくれる。
神に必死に願い求めるなら、必ずこたえてくださる。
ただ、必ずしも私が望んだようにではないかもしれない。
「求めなさい。そうすれば求めたものが見つかる」とは言われない。
「探しなさい。そうすれば探したものが見つかる」とは言われない。
門をたたいて開かれるが、そこには想像もしなかったものを発見する
かもしれない。
天の父は、求める者に、必ずしも求めた物ではないかもしれないが、
「良い物」をくださると書かれている。

第一朗読の中でエステルも、「私に勇気をお与えください。
このわたしに雄弁な言葉を語らせ、…」と祈るが、
王のみ前に出た時、恐ろしさの余り血の気が失せてよろめき、
倒れてしまった。しかしながら、そんな弱々しさがかえって
王の同情心を呼び起こし、最終的に彼女の願いは聞き入れられた。

神に祈って聞き入れられなくても、すぐに諦めたり、失望したり、
呪いの言葉を吐くのではなく、時を待つ必要がある。
いつの日か、それが自分にとって「良い物」であったことに気づく
時が来ることを信じながら…。

ページ移動



ユーティリティ

2020年12月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

過去ログ

Feed