エントリー

宮城県2日目志津川

  • 2018/12/31 18:52

10:30から毎年訪問させて頂いている"のぞみ福祉作業所"でしたので

その前に米川の殉教地を訪問させて頂き朝のお祈りを捧げました。

米川の殉教地は町の方が管理してくださったいるそうで

地域にも"キリストさん"が馴染んでいるようです。

ベース長さんから説明を頂き、丘を登り最初に120人の方が

処刑されたところを訪問しました。

myonekawa5.jpg

その後また歩き40名がお経と共に

葬られた塚で殉教者の取次ぎを願い、小さな祈りと殉教者の心を

感じながら「すべての人よ、主をたたえよ」を歌いました。

myonekawa4.jpgmyonekwa2.jpg

myonekawa3.jpg

信仰も愛徳のわざも本物は受け継がれていくんだな~と感じました。

いよいよ"のぞみ"訪問です。私たちも顔とお名前が一致する方が

増えているのですが、おそらくのぞみの皆さんも

私たちに慣れてこられた感じを受けました。

今回もM子さんのウエルカムカードで迎えて頂きました。

nozomi.jpg

絵もリアルになってきてクリスマスの楽譜まで描いてくださって

大変うれしくなりました。

nozomi5.jpg

nozomi2.jpg

のぞみの皆さんはいつも素直に反応してくださるので

本当に楽しくなりますが、やはり「花は咲く」ではいろいろな思いを

感じているようでした。7年半…まだまだですね。

"のぞみ"からすてきな手すきのお葉書を頂きました。感謝!

nozomi6.jpg

来年は新しい家ができるようです。ずっとお元気でおられることを

お祈りしています。

終わりにカリタス南三陸ベースで作成したモアイの像が40体置いてある

袖浜に行きました。モアイとは"未来に生きる"という意味があると

教えて頂きました。傷ついても、どんな困難があっても

未来を信じて生きるそんな方々の気持ちが伝わってきました。

moai2018.jpg

そして最後の最後に志津川の防災センターの見えるところに行きました。

(現在は工事のため近くに行くことができません)

この街や様々な苦しみにある街のために祈りをお捧げしました。

私たちにできることはわずかですが、祈りを続けることの大切さを感じる

旅となりました。

nozomibousai4.jpg

nozomibousai2.jpgnozomibousai.jpg

防災センターで亡くなった方々の冥福を祈る仏像の首に

ロザリオがかかっていてほほえましかったです。

今回も私たちのために計画を立ててくださったベース長さんを初め

スタッフの皆様、お祈りで応援してくれたシスターたちに

感謝致します。

 

ページ移動



ユーティリティ

2019年01月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

Feed